いがのくにふるさとはなし

伊 賀 國

言葉の思ひ出 - ふ〜ん・上野言葉

東川吉嗣


伊賀國の玄關頁へ
名張言葉 - あ〜か  き〜こ  さ〜た  ち〜ひ
名張言葉 - ふ〜ん・上野言葉

○フのことば - ふきぶり ふり ふる ぶんまはし
○ホのことば - ほかす ほたへる ぼろきん ぼんがい ぼんのくぼ
○マのことば - ませる まち まつのまへ まとば まはり まんこ まんまんさん
○ミのことば - みこをかける みづつき みづや みりん
○ムのことば - むそくにん むねばたけ
○モのことば - もつて もみ もんどり
○ヤのことば - や やいと やくざをする やなぎすい やはこい やん やんぺのはらいたむしわいた
○ヨのことば - ようけ よさり よつたり よつつ よばい よばれる よりあひ
○ミのことば - みづな
○ラのことば - ら
○ロのことば - ろつぽうせき
○ワのことば - わけする わたい わや わるき
○ヱのことば - ゑふ
○ヲのことば - ををけ
名張で使はない上野言葉
○おまん せやない わい



  ゐ  手  て  き  ふ     ○     は  紋  か   ┐    ○     い  は  な  童     ○     い  が  降     ○  
  る  元  き  さ   ゜ 物  ほ     し  を   ゜ コ  圓  ぶ      ゜ 既  ど  の  ふ  ふ     な  あ  り  雨  ふ  
  こ  か  て  る  自  を  か     で  描  父  ン  形  ん        に  と  こ  ん  り     あ  る   ゜ が  き  
  と  ら   ゜ こ  分  捨  す     輪  く  は  パ  を  ま        使  言  ろ  ど         ゜ さ   ┐ 強  ぶ  
  を  離  早  と  の  て        を  時  石  ス  描  は        は  つ  は  し       └   か  え  い  り  
   ┐ し  よ   ゜ 手  る        描  な  工 └   く  し        れ  た   ` や  ふ     な  い  ら  風     
  ほ  て  う   ┐ 元  こ        い  ど  で   ゜ 道           て   ゜  ┐ パ  る     ど   ` い  を     
  つ   `  ` そ  か  と        て  に  あ   ┐ 具           ゐ   ┐ ふ  ン        と  出  吹  伴     
  た  係  ほ  ん  ら  を        ゐ   ` つ  振   ゜          た  ふ  る  ツ        言  掛  き  ひ     
  ら  は  か  な  離   `       た  竹  た  り  今            ` り  ち  を        ふ  け  降   `    
  か  り  し  汚  れ   ┐        ゜ で  の  回  の           古 └   ん  穿         ゜ や  り  降     
  す  を └   い  た  ほ           造  で  す   `          い  は  で  か           な  や  る     
 └   持  な  も  と  か           つ   `└   い           言  江  川  な            ` け  こ     
  と  た  ど  ん  こ  す           た  墓  こ  は           ひ  戸  へ  い           し  ど  と     
  い  な  と   ` ろ └            ぶ  石  と  ゆ           方  時  這  や           ょ   `  ゜    
  ふ  い  言  拾  へ  と           ん  に  か  る           ら  代  入  う           う  用  吹     
  が  で  ふ  ふ  置  い           ま  家  ら              し  に  る  す           な  事  き     
   `     ゜                                             └    ゜                      

  イ     ○     有  て  張  す  に     ○     ら  ば  味  光  る     ○     ほ  り  で     ○     こ  
  ド  坊  ぼ     名   ` に  る   ┐ 廃  ぼ     か  れ  か  ら   ゜ 光  ほ     た  す   ` 童  ほ     れ  
 └┘ 垣  ん     人  選   ` の  ぼ  品  ろ      ゜ る   ゜ な  源  を  た     え  る  大  な  た     と  
 └   小  が     で  擧  通  で  ろ  回  き        や  光  い  氏  出  る     た   ゜ 聲  ど  へ     關  
  と  場  い     あ  に  稱  言  布  収  ん        う  輝  の  螢  さ  の     ら   ┐ で  が  る     係  
  言   ゜       つ  も   ┐ ふ └   業           に  く  で  く  な  お     あ  お  騒  家        が  
  ふ  古        た  立  ぼ  の  と  の           な  娘   ` ら  い  ば     か  ひ  ぎ  の        あ  
  た  く        と  候  ろ  か   ┐ こ           る  御   ┐ ひ  ほ  ち     ん  と  立  中        る  
  ら  は        の  補  金  と  金  と           と  も  螢  の  た  ゃ    └   は  て  や        言  
  し   ┐       こ  し └   思  屬  を            `  ` の  大  る  ん     な  ん  た   `       葉  
  い  坊        と  た  と  ふ └   言           光  お  年  き   ゜       ど  が  り  静        か  
   ゜ 垣         ゜ こ  い  て  の  ふ           を  ば  寄  さ  晝        と  あ   ` か         ゜ 
  役  内           と  ふ  ゐ  買  た           失  ち  り   ゜ 間        い  る  走  に           
  の ┌┐          の  業  た  ひ   ゜          ふ  ゃ └   大   `       ふ  ん  り  す           
  行  ボ           あ  者  が  入  子           こ  ん  と  き  み         ゜ や  廻  べ           
  者  ン           る  が   ` れ  供           と  と  の  め  か           か  つ  き           
  を  カ            ` ゐ  名  を  心           か  呼  意  で  け           ら  た  所           
                                                   `              `                

     ○     く     ○     る  子     ○     え  に  る  じ     ○     垣  た  當  仕  デ  ヤ  こ  祀  
  夏  ま    └   名  ま     と  供  童  ま     え  は └   の  頭  ぼ     域  川  さ  舞  の  シ  と  る  
  見  つ     と  張  ち      ` 同  で  せ    └    ` か  窪  の  ん      ゜ 筋  ん  ふ  土  キ  か   ┐ 
  の  の     言  の         ┐ 士  あ  る     な  ぼ  ら  み  後  の        の  を  た  坂   `  ゜ 寺  
  箕  ま     つ  町        ま  で  り        ど  ん   ┐ を  ろ  く        ヘ  經   ┐┌┐ そ  平 └   
  輪  へ     た  な        せ  の  な        と  の  煩  い  の  ぼ        ヤ  て  弘  ド  の  尾  の  
  小         ゜ か        て  話  が        言  く  惱  ふ  少           ノ  積  法  ザ  下  山  坊  
  學           へ        る  で  ら        ふ  ぼ  の   ゜ し           カ  田  さ  カ  の  の  が  
  校           行       └    `  `        ゜ を  窪   ┐ 窪           ハ  神  ん └┘ マ  裾  あ  
  あ           く        と  性   ┐          輕 └   う  ん           ラ  社  の  か  ヘ  の  る  
  た           こ        言  に  大           く  か  な  だ           を  へ  土  ら  ダ  高   ┐ 
  り           と        は  纏  人           叩   ゜ じ  あ           含  の  手   `  ` 臺  垣  
  の           を        れ  は  び           い   ┐ に  た           む  道 └   今  更  で  内  
  地            ┐       た  る  る           て  二  煩  り           一  を  か  は  に  あ └   
  名           町         ゜ 話 └            や  日  惱   ゜          帯  境  ら  消  ウ  る  と  
   ゜          へ           を  こ           る  酔  が  う           が  に  御  え  シ  カ  言  
  箕           行           す  と           と  ひ  宿  な           坊  し  座  て  ロ  ミ  ふ  
                              ゜                                                    

  ○     敬   ┐ 蟲  り     ○     き  こ  な  足   ┐    ○     い  藤  運  地     ○     指  つ  輪  
  ま     語  お   ゜ の  小  ま     事  と  ど  の  ま  準  ま     は  堂  動  を  鴻  ま     し  の  小  
  ん     を  ま  東  葉  型  ん     を  自  と  ま  わ  備  は      ` 藩  公   ┐ 巣  と      ` ま  學  
  ま     使  ん  京  や  の  こ     先  體  言  は  り  の  り     的  の  園  ま  の  ば      ┐ へ  校  
  ん     ふ  こ  へ   ` こ        に  よ  ふ  り  を  こ        場   ┐ に  と  池        松 └   は  
  さ     て └   來  葛  が        す  り   ゜ を  す  と        に  的  な  ば  と        永  の  松  
  ん     ゐ  と  た  の  ね        る  も  何  ち  る   ゜       適  場  つ └   夏        の   ┐ 永  
        る  言  ら  葉  む        こ   ` か  ゃ └   手        し └   て  と  見        前  松  屋  
        や  ふ   ┐ に  し        と  周  事  ん  と  筈        た  で  ゐ  い  の       └  └   敷  
        う  の  お  よ   ゜       が  り  を  と  い  を        地  も  る  つ  川        と  は  の  
        に  を  め  く  道        大  に  な  し  ふ  整        形  あ  邊  て  の        い   ┐ 跡  
        聞  聞  こ  ゐ  ば        切  あ  す  て   ゜ へ        な  つ  り  ゐ  間        ふ  松  な  
        こ  い └   た  た         ゜ る  場  か   ┐ る        の  た   ゜ た  の        こ  永  の  
        え  て  の  小  の            ` 合  ら  明  こ        か  か  む   ゜ 高        と  屋  で  
        た   ` こ  柄  い           や   ` 寝  日  と         ゜  ゜ か  現  臺        か  敷   ` 
         ゜ 蟲  と  の  た           る  そ  る  の  を           あ  し  在  の         ゜└    ┐ 
           に  を  甲  ど           べ  の └   遠              る   `  ` 畑           を  ま  
                                                                                   

  を  を     ○     ち   ┐ 衝  こ     ○     る  た  人  か  時  ち  こ  け  思  り     ○     拝     
  指  指  食  み     ゅ  青  く  と  川  み     と  我  は  い  に  ゅ  を  る  を  に  し  み     む  神  
  す  す  器  づ     う  蓮 └    ゜ の  づ     の  々  死  や  足  う  か  と  聽  な  び  こ    └   佛  
  や   ┐ 戸  や     と  寺  よ   ┐ 水  つ     考  の  ん   ` 袋  て  け  い  く  る  と  を     な  を  
  う  水  棚         ` ダ  り  お  が  き     へ  生  で  ち  を  た  た  ふ  こ  人  の  か     ど  祀  
  に  屋   ゜       よ  ム  も  ほ  溢        が  活  も  ゅ  履  ん  ら  こ  と  を  弔  け     と  る  
  な └   元        う  が   ┐ み  れ        よ  の   ` う  か  や   ` と   ゜ 通  ひ  る     言  祭  
  つ  が  來        み  で  水  づ  て        く  す  そ  て  し  げ  足  か  巫  し  が        つ  壇  
  た   `  ┐       づ  き  漬 └   家        判  ぐ  の  た  て  な  が   ゜ 女  て  濟        た   ゜ 
  も  調  水        が  る  き   ゜ の        る  隣  存  わ  や   ゜ 冷   ┐┌┐  ` ん         ゜  ┐ 
  の  理  ま        つ  前 └   語  中        風  に  在   ゜ る  棺  と  だ  み  し  で           ま  
  か  場  は        い  は  か  源  へ        習  在  は └   の  に  う  れ  こ  び  か           ん  
   ゜ の  り        た   ` と  は  水        で  り   ` な  を  入  て  誰 └┘ と  ら           ま  
  茶  整  の        わ  颱  思   ` が        あ  續  生  ど  忘  れ  か  さ  の  本   `          ん  
  碗  頓  作         ゜ 風  は   ┐ 這        る  け  き  と  れ  て  な  ん  手  人  神           さ  
  や  家  業       └   や  れ  水  入         ゜ て  殘  い  た  や  わ  に  を  の  懸           ん  
  お  具  場            ` る  が  る           ゐ  つ  ふ  さ  る  ん  み  掛  意  か           を  
       └                ゜                       ゜        `                         

  た  役  あ  な  を     ○     行  か  幼  庄  人  戰  の  酬  に  や     ○     玉  玉     ○     箸  
  け  所  つ  ど  い  我  む     つ  ら  い  屋  講  時  地 └   お  つ   ┐ む    └   に  小  み     を  
 └   の  た  を  く  が  ね     た   ` 頃  や └   に  侍  の  け  た  無  そ     と  當  さ  り     み  
   ` あ  畑  作  つ  家  ば    └   お   ` 町  と  は  や  こ  る └   足  く     い  て  な  ん     づ  
  今  る  は  つ  か  で  た     と  ぢ   ┐ 役  い  出  有  と  家  な  人  に     ふ  て  ガ        や  
  は  邊   ┐ て  耕  の  け      ` い  長  は  ふ  兵  力  で  格  ど └   ん      ゜ 遊  ラ        に  
  埋  り  う  ゐ  し  畑        聽  さ  瀬   ` 仲  の  者   ` 制  と  と           ぶ  ス        仕  
  め  に  ら  た  て  の        い  ん  の  無  間  義  を  藤  度  い  書            ゜ 玉        舞  
  立  あ  の   ゜  ` 名        た  は  羽  足  組  務  家  堂   ゜ ふ  く           東  で        つ  
  て  つ  は  屋  自   ゜        ゜ 鳥  後  人  織  を  臣  家   ┐  ゜  ゜          京   `       て  
  ら  た  た  敷  家  家           羽  は  か  が  課  扱  の  無  藤   ┐          邊  遠        お  
  れ  畑  け  内  用  に           伏  無  ら  あ  し  ひ  伊  足  堂  曾           り  く        く  
  た  は └   の  の  は           見  足  選  つ  た  で  賀 └   藩  和           で  か         ゜ 
  鴻   ┐  ` 家  野  小           の  人  ば  た   ゜ 優  入  は  の  も           は  ら           
  巣  む  い  の  菜  さ           戰  や  れ  ら   ┐ 遇  國   ┐ 伊  無            ┐ 相           
  の  ね  ま  裏  や  な           ひ  つ  た  し  無  し  以  無  賀  足           ビ  手           
  池  ば  市  に  芋  畑           に  た   ゜ い  足  て  前  報  領  人           |  の           
                                       ゜     `                                     

  小  造  大     ○     か  を  芯  み  が  米  稲     ○     も  に   ┐ ジ  を     ○     畑  う  の  
  川  り  雨   ┐ も    └   篩  の  ぬ  ら  を  穂  稲  も     參  付  外  オ  聞   ┐ も    └   ち  端  
  の  の  の  も  ん     は  ひ  部  か └   搗  を  穂  み     照  か  の  を  き  し  つ     の   ` に  
  水  仕  時  ん  ど      ┐ 分  分 └   が  い  手  か        さ  ん  こ  聞  な  な  て     意   ┐ あ  
  が  掛   ` ど  り     抜  け  と  と  出  て  で  ら        れ └   と  き  が  が        味  む  つ  
  駕  け  川  り        け  た  外  い  來  實  揉  米        た  な  を  も  ら  ら         ゜ ね  た  
  籠  を  へ  か        た  の  部  ふ  る  か  ん  の        い  ど  し  つ  宿 └            ば  畑  
  を  据  流  ご        物  が  と   ゜  ゜ ら  で  實         ゜ と  も  て  題  と           た  は  
  通  え  れ └        └    ┐ を  米  こ  殻  作  を           言  つ   ` を  い           け   ┐ 
  り  て  込   ゜       の  す  篩  の  の  を  業  外           ふ  て  勉  す  ふ          └   池  
   `  ` む  梅        こ  り  ひ  實  も  外  を  し            ゜ 勉  強  る  言           は  の  
  駕  魚  小  雨        と  ぬ  分  を  み  す  し  た            ┐ 強  す  こ  ひ            ` は  
  籠  を  川  時        か  か  け  搗  が  と  た  も           し  し  る  と  方            ┐ た  
  の  獲  に  や         ゜└   る  い  ら   ` た  の           も  て └   を   ゜          高 └   
  口  つ  竹   `           ゜  ゜ て  を   ┐ め   ゜          つ  も  と   ` ラ           い   ゜ 
  か  た  駕  夏            ┐ こ  實   ┐ も  か  昔           て   ` い   ┐ ジ           所  こ  
  ら   ゜ 籠  の           ぬ  れ  の  も  み   ゜ は          └   身  ふ  ラ  オ           の  の  
                                                            ゜                      

   ┐ で  線 ┌┐ 蓬   ┐ 重     ○      ┐ る  更  と     ○     な  る  餌  縛  を  形  さ  る  流  流  
  や  つ  香  揉  の  つ  ね  灸  や     そ └   に  の  言  や     の   ┐ は  り  編  で  が   ゜ れ  れ  
  い  ぼ  で  み  葉  ぼ  た   ゜ い     や  が   ┐ 言  葉        で  も  要   ` ま   ` 七  魚  を  出  
  と  を  火  草  を └    ┐  ┐ と    └    ┐ や  ひ  の         ` と  ら  魚  ず  口  八  は  遡  る  
  を  刺  を └┘ 乾  と  焼  焼         ` さ └   方  末        か  ど  な  を  に  は  寸  中  る  や  
  据  激  點  の  燥  言  き  き         ┐ う  と   ゜ に        く  り  い  出  あ  返   ` へ  魚  う  
  え  し  け  小  し  は  手 └         せ  ぢ  な   ┐ つ        言 └    ゜ す  る  へ  長  這  が  に  
  る  て  る  さ  て  れ └   に        や  ゃ  つ  で  け        ふ  と  髪  と   ゜ し  さ  入  駕  石  
 └   身   ゜ い  手  る  の  手       └  └   た  あ  て        か  同  結  き  仕  が  は  る  籠  を  
  と  體  草  塊  で   ` 音  法        と   ` も  る   ┐        ゜ じ  ひ  に  掛  付  三  と  に  積  
  か  の  の  ま  揉  特  便  を        な   ┐ の └   な           や  な  結  け  き  尺  出  這  ん  
   ┐ 調  燃  り  ん  定  か  示        る  さ   ゜ が  に           う  ど  び  る   ` 位  ら  入  で  
  や  子  え  を  だ  の   ゜ す         ゜ う   ┐  ┐ 何           な  が  を  時  シ  の  れ  る  細  
  い  を  る  載  も  箇  身   ┐          や  さ  ぢ  で           縛  髪  ほ  は  リ  丸  な  や  工  
  と  調  時  せ  ぐ  所  體  手          └   う  ゃ  あ           り  を  ど   ` は  い  い  う  を  
  を  へ  の  て  さ  に  の └             ` で └   る           か  束  く  縄   ` 筒   ゜ に  し  
  す  る  熱   `     `    を              あ   `└            た  ね   ゜ で  竹  の  太  す  て  
      ゜                                                                          ` 

  ら  九  む  む   ┐ サ  と  る  目  の  え  ヤ  く  す  に  ん  心  び     ○     ふ  を  口  い  い  る  
  く  三  は  し  ヤ  ン  讀  と  の  語  ろ  ク  ど  る  心  だ  配   ` 大  や      ゜ 据  で  と  目 └   
  は └   う  ろ  ク └   む  さ  出  源  う  ザ └  └   配  り  を  金  人  く     祖  え  言  を  に  と  
   ` を  が   ` ザ  と  の  れ  方  に  な  を  が  と  を   ` 掛  や  が  ざ     父  た  ふ  据  遭  言  
  す   ┐ 自   ┐└   讀  は  て  で  つ  つ  し  あ  は  掛  親  け  時  き  を     母  ら  て  え  は  ふ  
  で  ヤ  然  九  と  む  大  き   ┐ い  た  た  る  言  け  が  る  間  ち  す     が  ん  も  る  せ   ゜ 
  に  ク  で  八  讀  の  和  た  八  て └   け   ゜ は  な  既  こ  を  ん  る     背  と  判 └   て  惡  
  忌  ザ  あ  三  む  は  言   ゜ 九  は  な  ど   ┐ な  い  に  と  無  と        中  あ  ら  と  懲  い  
  む └   ら └   の  漢  葉  し  三   ` ど   ` あ  い └   ゐ   ゜ 駄  し        へ  か  ん  言  ら  こ  
  べ  と  う  で  は  語  で  か └   古  と  い  い   ゜ の  な  自  に  た        や  ん  奴  ふ  し  と  
  き  讀   ゜  ┐ 不  で   ` し  の  く  い  ま  つ  近  で  い  分  費  考        い  な  や   ゜ め  を  
  意  む  し  ク  自   ` 九   ` 讀  か  ふ  は  も  い   ` 状  の  や  へ        と   ゜  ゜  ┐ る  し  
  味  の  か  ヤ  然  八  三  八  み  ら   ゜ よ  若  意   ┐ 況  甲  し  も        を └   一  あ  こ  た  
  の  は  し  ミ  で  九  を  を  方  札   ┐ う  い  味  や  で  斐  て  無        し  な  遍  い  と  人  
  言   `  `└   あ  三   ┐  ┐ か  博  や  働  と  に  く  は  性   ` し        て  ど  や  つ  を  に  
  葉  お   ┐ と  る  を  ク  ヤ  ら  打  く  い  き   ┐ ざ   ┐ で  親  に        ゐ  と  い  は   ┐  ` 
  で  そ  八  讀   ゜     `└   く  の  ざ  て  は  ご  を  親  遊  に  遊        た  言  と   ` や  痛  
                               └                                  ゜                

  ち  る  は  っ  じ  曾     ○     な  と  と     ○     長  深     ○     ら  的  と  は  で  博   ┐ 
  ゃ  丁   ┐ じ  ゃ  和  呼  や      ┐ を  を  や  や     さ  緑  柳  や     の  な  い  め  ゐ  徒  ヤ  
  ん  寧  曾  ゃ  ん  佐  び  ん     こ   ┐  ┐ は  は     二  の  の  な     援  存  ふ  た  て  が  ク  
 └   語  和  ん   ` 次  捨       └   や  や  ら  こ     寸  魚  葉  ぎ     用  在  言  の   `  ` ザ  
  の   ┐ さ └   名  右  て        で  や  は  か  い     ほ   ゜ を  す     か  で  葉  で  最   ┐└   
  う  さ  ん  な  張  衞  に        あ  こ  こ  い        ど  縦  少  い     も  ゐ  が  あ  低  一  と  
  ち  ま └   ど  の  門  し        る └   な   ゜        ゜ 縞  し        知  て  あ  ら  の  見  い  
   `  ` で  と  さ  の  な        か  と  る   ┐       す  の  太        れ  役  つ  う  目  し  ふ  
  大  さ  あ  言  っ  こ  い        ら  い └   や        こ  濃  め        な  立  た   ゜ で  て  も  
  人  ん  る  ふ  じ  と  人        か  ふ  と  は        し  い  に        い  た  と  假  あ  高  の  
  言   `  ゜  ゜ ゃ  を  の         ゜ の  言  ら        癖  土  し         ゜ ず  し  に  る  い  が  
  葉  は  人  改  ん   ┐ 名           も  ふ  か        の  色  た           な  て   ┐ 八  目  あ  
  で  ん  の  ま   ` 曾  に            `  ゜ く        あ  模  や           ど   ` 役  九  に  り  
  は   ` 名  つ  伊  和  つ            ┐ 赤  な        る  樣  う           の  そ  座  三  な   ` 
  一  や  に  た  賀  の  け           や  子  る        味  あ  な           意  の └   に  り  そ  
  番  ん  付  場  の  さ  る           は  の └          ゜ り  形           味  特  な  當  さ  れ  
  程   ` け  で  さ  っ   ゜         └   こ  こ            ゜ の           か  權  ど  て  う  を  
                                                                                 ` 

  言   ┐ よ     ○     い  が  ふ  き  言     ○     た  こ   ┐    ○    └   と  さ  近  人  い  度  
  ふ  よ  さ  夜  よ    └    `  ゜ な  ふ     よ     言  と  病  遊  や     な   ` や  所  の  と  が  
   ゜ さ  り   ゜ さ     と   ┐ 規  だ   ゜  ┐ う     ひ   ゜ み  び  ん     ど  あ  ん  の  名  い  低  
     り  遅   ┐ り     な  よ  定  け   ┐ か  け     方   ┐ 兵  を  ぺ     と  さ  と  萬  に  ふ  い  
     に  う  學        り └   量   ` よ  づ         ゜ 止  衞  途  の     言  や  こ  屋  付  も  も  
     爪  ま  校         ` の  以  と  う └            め  の  中  は     ふ  ん └    ┐ け  の  の  
     き  で  の         ┐ 音  上  つ  け  や           る  腹  で  ら      ゜ と  と  辻  て   ゜ で  
     つ  勉  試        い  に  の  た  こ   ┐         └   痛  止  い        こ  い  本   `  ┐  ` 
     た  強  驗       └   引  物  ら  こ  か           と   ` め  た        で  ふ  商  苗  や  單  
     ら  し  が        が  か  を  え  に  さ            ┐ 蟲  る  む         ` て  店  字  ん  に  
     あ  て  あ        落  れ  示  え  あ └            病  湧  時  し        石  ゐ └   に   ` 呼  
     か  た  る        ち  て  す  わ  る  が           め  い  に  わ        鹸  た  の  は  ち  び  
     ん  わ  っ        た   `  `└   さ  多           る  た  言  い        買   ゜ こ  付  ゃ  捨  
    └  └   ち        言   ┐  ┐ な  か  い          └  └   つ  た        ふ   ┐ と  け  ん  て  
     な  と  ゅ        ひ  よ  餘  ど  い  さ           を  と  た           て  ち  を  な └   で  
     ど  か  う        か  お  計  と   ` ま           兼  い   ゜          來  ょ   ┐ い  は  は  
     と   ` て        た  け └   言  好  を           け  ふ              て  つ  あ   ゜  ` な  
            `        ゜                                            ゜                

  で  で     ○     淨  と  か  満  箇 ┌┐ 人  と  や     ○    └   ら   ┐  ┐  ┐ は   ┐    ○     
  刺  ゐ  夏  よ     役  い  ら   ` 所  シ  前  も └   ひ  よ     な  よ  相  む  よ   ┐ ふ  四  よ     
  し  る  の  ば     人  ふ  出  道 └   カ  で  あ  と  と  つ     ど  つ  手  た  つ  み  た  人  つ     
  て  魚  夜  い    └   職  す  頓  は  シ  は  つ  言  を  つ     と  た  は  り  つ  つ  り   ゜ た     
  獲  を   `       と  權  手  堀  大  ョ  絶  た  ふ  蔑        い  り  一 └   あ  つ └    ┐ り     
  る   ` 川        い  を  傳   ` 坂 └┘ 對   ゜ て  ん        ふ  も  人  と  り  あ  は  ひ        
  の  カ  の        つ  か  ひ  天  で └   に  ひ   ` で         ゜ ゐ  や  は └   り   ┐ と        
  を  ン  中        て  さ  を  王   ` の  使  と  四  い           て  つ   ` か └   二  り        
  良  テ  の        嫌  に  使  寺  捕   ┐ は  を  本  ふ            ` た  聞   ゜  ` つ └         
  く  ラ  石        は  惡  ふ   ` り  四  な  蔑  指   ゜          何  ん  い   ┐  ┐ あ  は        
  見  で  の        れ  事  た  鳶  物 └   い  む  を   ┐          し  や  た  い  よ  り   ┐       
  た  照  蔭        た  を   ゜ 田  や  か   ゜ 言  立  あ           て  ろ  憶  つ  つ └   一        
   ゜ ら  な         ゜ 働  役 └   警  ら   ┐ 葉  て  い           ん  が  え  た  た   ` つ        
  こ  し  ど           き  所  の  邏  か  四  な  て  つ           や   ` が  り  り   ┐ あ        
  れ  て  に            ` の  四  に   ゜ 箇  の  示  は            ゜ お  無 └  └   み  り        
  を  ヤ  潛            ┐ 雇  箇   ┐  ┐ 所  で  す  こ           あ  ま  い   ` は  た └         
     ス  ん           不  員  所  天  四      ` こ  れ           ほ  え   ゜       り   `       
                                                         ゜            └            

  ら  生     ○     ろ  り   ┐    ○     大   ┐ ん  四  い     ○     の  の  も  と  逢      ┐  ┐ 
  美  菜  壬  み     か  合  寄  物  よ     普  ぞ  な  月  で  呑  よ     こ  場  使   ` ひ  男  は  よ  
  味  の  生  づ    └   ひ  り  事  り     請  う  で  に └   み  ば     と  合  つ  東  引  女  い  ば  
  し  訛  菜  な     な  や  合  を  あ     で  く  呼  は  と  喰  れ      ゜ の  た  京  き  が ┌┐ い  
  い  り ┌┐       ど  け  ひ  話  ひ      `└   ば  積   ┐ ひ  る        意  言  へ  す  夜  は  を  
   ゜  ゜ み        と  ど └   し         ┐ は  れ  田  呼  に           味  葉  出  る  中  や  獲  
 └    ┐ ぶ        言   `  ゜ 合        造   ` て  神  ば  招           は  か  て  こ  に └┘ る  
     み  な        ふ  も   ┐ ふ        工  神  い  社  れ  待            ` ど  か  と  相 └  └   
     づ └┘        ゜ う  東  た       └   社  こ  の  る  さ           男  う  ら  を  手  と  と  
     な   `          出  川  め        か  の  か  ぞ └   れ           女  か  知   ┐ の  言  言  
     は  京           掛  さ  に         ゜ 二 └   う  こ  る           の  は  つ  よ  部  ふ  つ  
     揚  菜           け  ん   `          十  な  く  と   ゜           ┐ 知  た  ば  屋  こ  た  
     げ  の           て   ` 集           一  ど  や   ゜  ┐          呼  ら  が  ひ  へ  と   ゜ 
     と  こ           呉  け  ま           年  と  げ   ┐ 食           び  な   `└   忍   ゜  ┐ 
     炊  と           れ  ふ  る           ご  言  な  今  べ           合  い  名  と  び     夜  
     い   ゜          た  は  こ           と  ふ   ゜ 度  に           ひ   ゜ 張  い  入    └   
     た  壬           や  寄  と           の   ゜ み  の  お          └   こ  で  ふ  り     の  
                           ゜                                               `       

  ら  わ   ┐    ○      ┐    ○     ん  け  喰     ○     か     ○     ん  げ  け  た     ○     
   `└   そ  期  わ     わ  女  わ      ゜ る  ひ  喰  わ      ゜ 水  ろ     わ  る  て  い  自  ら     
  わ  と  ん  待  や     た  の  た     猫  と  物  ひ  け        晶  つ    └    ゜  ┐ ら  分        
  や  か  な  し        し  人  い     み  い  を  盡  す         ゜ ぽ     な   ┐ あ └   を        
  に   ` こ  た       └   が        た  ふ  今  く  る        斷  う     ど  わ  ん   ` さ        
  な   ┐ と  結         ゜ 自        い  こ  喰  す           面  せ     と  た  た  相  す        
  つ  ほ  言  果         ┐ 分        や  と  ふ  べ           が  き      ゜ い  ら  手   ┐       
  た  っ  う  が        う  本        な  か  分  き           六           ら └   を  わ        
  わ  た  て  得        ち  人       └    ゜ と  喰           角            ` と  指  た        
 └   ら  も  ら       └   の        と   ┐ 後  ひ           な           あ  し  す  い        
  な  か  ろ  れ        と  こ         ゜ わ  で  物           の           ん  て   ┐└         
  ど  し  た  な        言  と           け  喰  を           で           な   ` あ  に        
  と  に  ら  い        ふ  を           し  ふ  喰            `          ん  表  ん  付        
  言  し   ` 状        人  言           た  分  ひ            ┐           ` 現  た  け        
  ふ  と  わ  態        も  ふ           ら  と  殘           六           か  を └   て        
   ゜ い  や   ゜       ゐ   ゜          あ  を  す           方           な  和  に   ┐       
  東  た  や           る              か  分   ゜          石           わ  ら  付  わ        
                     ゜                              └                              

     る  で     ○      ┐ と   ┐ り     ○     食  幼  た  面  木  適     ○     の  ふ  本  リ  京  
      ┐ 使  大  を     荷  言  繪  元  小  ゑ     べ  虫   ゜ 白 └   度  乾  わ     使  と  當  わ  の  
     桶  ふ  き  を     札  ふ  符  な  荷  ふ     た  が  く  く   ゜ の  か  る     ひ  の  に  や  寄  
    └   炭  さ  け    └   て └   ど  物         ゜ 出  ぬ   ` 鋸  太  し  き     方  話  深  で  席  
     の  を  が        と  買  と  を  な           て  ぎ  小  で  さ  た        に  が  刻  ん  で  
     意  容  八        言  ひ  い  書  ど           來  の  學  樹  に  樹        は  あ  な  ね  の  
     味  れ  寸        ひ  に  ふ  き  を           る  木  生  を  よ  を        深  つ  の └   大  
      ゜ て  ほ        替  行  こ  付  送           と  の  の  切  き  一        刻  た  は  は  阪  
        ゐ  ど        へ  く  と  け  る            ` 中  頃  り  で  尺        さ  が   ┐  ` 辯  
        た  の        た  と  か  て  と           火  か   `  ` 割  位        は   ` わ  ま  談  
         ゜ 桶        ら  通   ゜ 荷  き           鉢  ら  冬  よ  つ  の        無  伊  や  だ  義  
         ┐  ゜       通  じ  東  物  に           の  か  に  き  た  長        い  賀  で  深  で  
        苧  座        じ  な  京  に   `          火  み  は  で  薪  さ         ゜ で  ん  刻   ` 
       └   敷        た  い  で  附  宛           で  き  良  割   ゜ に           の  な  で   ┐ 
        を  の         ゜ の   ┐ け  先           燒  り  く  る   ┐ 切            ┐└   は  サ  
        容  火           で  ゑ  る  や           い  蟲  や  の  割  り           わ  と  無  ッ  
        れ  鉢            ` ふ  札  送           て  の  つ  が  り   `          や  言  く  パ  
                         └    ゜                                       └       `    

                                ふ  で     ○     い  つ  よ  あ     ○     前     ○     ※  
                                が  は  男  わ     な  か  く  る  充  せ    └   男  お     ※  
                                 ` 女  女  い     あ  り  判  い  實  や      ゜ 女  ま        
                                 ┐ が  と         ゜ や  ら  は  感  な        と  ん     名  
                                わ  自  も       └   の  な   ┐ が  い        も        張  
                                い  分  に        な  に  い  勢  味           に        で  
                               └   の  自        ど   `  ゜└   は           相        使  
                                と  こ  分        と  も   ┐ が  へ           手        は  
                                は  と  の        言  う  お  無  な           の        な  
                                言  を  こ        ふ  い  ま  い  い           こ        い  
                                は   ┐ と         ゜ ぬ  ん  と  時           と        上  
                                な  わ  を           ん   ` 言  に           を        野  
                                い  た  言           か  い  ふ  言           言        言  
                                 ゜ い  ふ            ゜ ま  こ  ふ           ふ        葉  
                                  └    ゜          せ  來  と   ゜           ゜          
                                   と  名           や  た  か   ┐           ┐       ※  
                                   言  張           な  ば   ` 精           お        ※  
                                                          └                        
○「やくざをする」の項で、「やくざ」の語源は、「札博打の八九三ではなく、「役座」などといふ言葉の援用か」と書いたが、「立紙篇」(平成二十年九月十五日、接續確認。)といふ網上葉の「やくざ・役座・厄座」に、「やくざ」の説明があるので、参照されたい。
伊賀國ふるさとはなし書き込み帳 伊賀國の玄關頁へ
名張言葉 - あ〜か  き〜こ  さ〜た  ち〜ひ
この網上葉の經過
○平成二十八年八月二十三日、掲載廣告の一部を削除。
○平成二十七年六月二日、電子飛脚の宛先を更新。
○平成二十二年七月二十七日、「もつて」に追記。
○平成二十二年正月二十日、更新。
○平成二十年九月十五日、「もつて」を追加。
○平成十九年十二月十日、電子飛脚の宛先を更新。
○平成十七年八月三日、「ほかす」を追加。
○平成十七年正月二十八日、「やくざ」の語源について追記。
○平成十六年七月十五日、「ようけ」を追加。
○平成十六年四月十二日、「むねばたけ」を追加。
○平成十五年拾一月十二日、増補。
○平成十五年拾月十七日、電子飛脚の宛先を更新。
○平成十五年二月三日、更新。
○平成十五年正月二十四日、「伊賀國ふるさとはなし書き込み帳」を設置。
○平成十五年正月二十三日、「ふきぶり、よばれる、よりあひ」を追加。
○平成十五年正月十二日、「名張言葉 - ふ〜ん・上野言葉」として再構成。
○平成十四年十二月二十二日、「名張言葉 - な〜を」として再構成。
○平成十四年十二月十日、追補を記入。
○平成十四年十二月八日、増補。
○平成十四年十二月二日、誤字訂正。
○平成十四年十二月朔日、掲載。
御意見、御感想をお寄せ下さい。電子飛脚は、各ページの著作権者名またはこの★を押してお送り下さい。)(電子飛脚のソフトが立ち上がつたら、宛先から「ひらかな」を消して下さい。)
★ 御 注 意 ★
  この網上葉(ページ)およびここから繋がる『伊賀國』に所屬する網上頁および網上葉(ページ)の著作權は下記に記した者が保有してゐます。これらの内容を閲覧するために、網際(インターネット)上から自分の機械へ電氣信號(データ)を取り込んで展開すること、ならびにその情報(データ)を網際通信(インターネット)を切斷して閲覧するために保存することは出來ますが、それ以外のいかなる複製・複冩・印字・譲渡・貸與行爲をも禁止致します。ご利用の際は事前にお申し込み下さい。
  ○引き紐を着けること(リンク)は御自由です。

著作權者    東川吉嗣(電子飛脚のソフトが立ち上がつたら、宛先から「ひらかな」を消して下さい。)  平成十四年、乃至平成二十八年
CopyRight © 2002 - 2016 Higasikawa Yositugu