いがのくにふるさとはなし

伊 賀 國

言葉の思ひ出 - さ〜た

東川吉嗣


伊賀國の玄關頁へ
名張言葉 - あ〜か  き〜こ  ち〜ひ  ふ〜ん・上野言葉
名張言葉 - さ〜た

○サのことば - ざいしよ さかまつげ さかる さくまいええ さし さつい さつつい ざらいた さんぺさん さんまい
○シのことば - しあさつて しがむ しぐろい しこつて しし しづみばし しつぷくだい しなごい しびと しやんぺ しもつて じゆんぐり しようけ じょうげの川 しょうづくまる しらかゆ しりこぶた しろずみ
○スのことば - すずりぶた すもつた
○セのことば - 西洋手拭ひ せせなぎ せつぱ 背中の皮が短い せんど
○ソのことば - ぞぞげがたつ そばへる
○タのことば - だあこ だいこは末ほど辛い 大砲を撃つ たかたかゆび ただ だだがらい ただまめ たねづけする たまり



  か  家     ○     は   ┐    ○     で  に   ┐ 交     ○     側  の     ○  
  ら  で  味  さ      ┐ 作  要  さ      ┐ な  さ  の  犬  さ     で  お  ま  さ  
  ぶ  た  噌  し     作  米  領  く     盛  る  か  相  や  か     ま  婆  つ  か  
  ら  だ  桶        毛  が  よ  ま     る └   り  手  猫  る     つ  さ  げ  ま  
  下  豆  に        が  良  く  い    └    ` が  を  が        げ  ん  が  つ  
  げ  を  沸        良  い  立  え     か   ┐ つ  求  遘        を  が  眼  げ  
  て  煮  く        い └   ち  え      ゜ 盛  く  め  合        抜   ` の     
  黴  て  小       └   と  回           ん └   る  ひ        い   ┐ 中     
  を  味  さ        と  い  り           に  と  や  を        て  さ  に     
  生  噌  い        い  ふ   `          す  言  う  す        貰  か  這     
  や  玉  蛆        ふ  こ  損           る  ふ  に  る        ふ  ま  入     
  し  を   ゜       こ  と  を          └    ゜ な   ゜       て  つ  る     
   ` 作  幼        と  か  し           と  元  る  犬        ゐ  げ  状     
  味  り  い        か   ゜ な           い  は  こ  や        た └   態     
  噌   ` 頃         ゜ あ  い           ふ   ┐ と  猫         ゜ で   ゜    
  を  天  は           る  こ           こ  盛  を  が            ` 近     
  造  井   `          い  と           と  ん     性           縁  所     
                        ゜                                        

     ○     て  た     ○     言   ┐ を     ○     と  つ  ゐ  縫     わ  つ  
  女  さ     ゐ   ` 小  ざ     葉  あ  す  素  さ     言  た  た  用  物  い  て  
  の  ん     た  木  學  ら     に  い  る  速  つ     ふ  物   ゜ の  差  た  ゐ  
  子  ぺ      ゜ の  校  い      ┐ つ   ゜ く  い     て  差  石   ┐ し └   た  
  の  さ        簀  の  た     こ  は   ┐ 旨        ゐ  し  工  さ  の  と   ゜ 
  人  ん        の  渡        す   ` さ  く        た  は  や  し  こ  い   ┐ 
  形           子  り        い  さ  と  立  さ      ゜  ┐ 大 └   と  ふ  鹽  
   ゜          を  廊       └   っ  い  ち  つ        か  工  は  も  の  が  
  家            ┐ 下        が  つ └   回  つ        ね  が   ┐  ┐ を  少  
  に           ざ  な        あ  い  と  り  い       └   使  く  さ  憶  な  
  着           ら  ど        る └   い   `          と  ふ  じ  し  え  い  
  物           い  に         ゜ と  ふ  他           か  金  ら └   て  の  
  を           た  敷           言  こ  人            ┐ 属 └   と  ゐ  で  
  着          └   い           ふ  と  よ           さ  製  と  言  る   ` 
  た           と  て            ゜ か  り           し  の  い  ふ   ゜ さ  
   `          言  あ           似   ゜ も           が  曲  ふ   ゜    し  
  お           ふ  つ           た     得           ね  が  て  裁     が  
                                              └                  

  と  ふ  て  の     ○     れ   ┐ の  昧  寺  る  り  祀  ら     ○     ぺ  か  
  つ └  └   次  け  し     た  さ  こ └   の  墓   ` る  少  死  さ     さ  つ  
  い  の   ` は  ふ  あ      ゜ ん  と  の  墓  標  埋   ゜ し  人  ん     ん  ぱ  
 └   前  そ   ┐ か  さ        ま  か  こ  地  は  め  死  離  を  ま    └   頭  
   ` は  の  あ  ら  つ        い   ゜ と  な  朽  て  人  れ  埋  い     と  の  
  さ   ┐ 次  し  數  て        で  坊  と  ど  ち   ` が  た  め        言  大  
  ら  き  は  た  え           こ  垣  の   ┐ る  飾  出  所  る        ふ  き  
  に  の   ┐└   て           け  の  説  拝  に  り  る  に  場        て  な  
  前  ふ  し   ` 四           た  さ  が  み  任  つ  と  あ  所        ゐ  人  
  は └   あ  そ  番           ら  ん  あ  墓  せ  け  小  り   ゜       た  形  
   ┐  ` さ  の  目           あ  ま  る └    ` を  場   ` 埋         ゜ が  
  こ  そ  つ  次  の           か  い  が  に  石  す  の  隅  め           あ  
  な  の  て  は  日           ん  の   ` 造  碑  る  人  に  墓           り  
  い  前 └    ┐  ゜         └   道   ┐ る  な   ゜ で  六   ゜           ` 
  だ  は   ゜ あ   ┐          と  を  葬   ゜ ど  木  穴  地  小            ┐ 
 └    ┐  ┐ さ  け           言  走  埋   ┐ は  で  を  蔵  場           さ  
  で  お  け  つ  ふ           は  り └   三   ` 造  掘  を  か           ん  
             └                `                                  

  の  テ     ○     つ     ○     と  そ  か  く  と  の  た     ○     あ  あ  
   ┐ 勉  心  し     た  打  し     言  こ  ら  念  い  を   ゜  ┐ し     さ  る  
  醜  強  を  こ     肌  ち  ぐ     ふ  ら  か  入  ふ  長  筋  し  が     つ   ゜ 
  を  せ  散  つ     の  傷  ろ      ゜ へ   ゜ り  言  く  が  な  む     て   ┐ 
  踏  な  ら  て     色  な  い        吐   ┐ に  ひ  噛  あ  ご       └   し  
  む  あ  さ         ゜ ど           き  し  噛  方  み  つ  い        が  あ  
 └   か  ず         ┐ で           す  が  む  と  續  た └         詰  さ  
  の  ん  一        死   `          て  ん  と  共  け  り  物        ま  つ  
   ┐└   所        黒  内           た  だ   ` 通  る  し  を        つ  て  
  シ  な  懸        い  出           ら  チ  顔  の   ゜ て  噛        た └   
  コ  ど  命       └   血            ` ュ  に  意  顔  噛  む        も  は  
 └   と  に        か  し           あ  ウ  し  味  を  み  と        の   ┐ 
  や  言   ゜        ゜ て           か  イ  わ  が   ┐ 切  き        か  さ  
   ` ふ   ┐          青           ん  ン  が  あ  し  れ  の         ゜ い  
   ┐  ゜ シ           黒          └   ガ  で  る  か  な  噛          ┌┐ 
  肩  相  コ           く           な  ム  き   ゜ め  い  み           再  
  が  撲  ッ           な           ど  を  る  強  る  も  か          └┘ 
                                           └                     

  外  端  へ  あ  夏  水     ○     は  肉  し  食  ふ  を  の     ○      ┐ し  
  れ  が  渡  つ  見  の  コ  し     固  の  て  べ  風  賣  こ   ┐ し     こ  こ  
  て  ワ  る  た  の  時  ン  づ     ま  脂  手  た  に  り  と  し  し     は  る  
  水  イ  橋   ゜ 坊  は  ク  み     ら  は  に   ゜ 指  に  を  し        い └   
  の  ヤ  は  夏  垣  水  リ  ば     な  冷  塗  脂  定  來  言 └        └   な  
  抵  |   ` 見  橋  の  |  し     い  え  り  は  し  て  ふ  は         ` ど  
  抗  に  橋  の  が  下  ト       └   る  着   ` て   `  ゜ 肉         ┐ の  
  を  繋  桁  積  沈  に  製        と  と  け  父  肉  父  秋  の        つ   ┐ 
  受  が  の  田  み  沈  の        言  固  て  が  を  が  に  こ        よ  し  
  け  れ  太  神  橋  み  背        ふ  ま  ゐ  火  買   ` な  と        い  こ  
  な  て  い  社  で   ` の         ゜ る  た  鉢  ひ  こ  る  だ       └   る  
  く   ` 材  の   ` 橋  低           が   ゜ で   ` こ  と  が        と └   
  す  洪  木  裏  大  自  い            ` 父  炙  煮  と   `  `       い  と  
  る  水  の  か  屋  身  橋           し  は  り  た  こ  し  ゐ        ふ  同  
  や  の  一  ら  戸  を  で           し   ┐  ` り  こ  し  の        意  じ  
  う  時  つ  赤  に  守   `          の  外  融  し  と  の  し        味  で  
  に  は  の  坂  も  る  洪           脂  の  か  て  言  肉  し         ゜  ` 
                  ゜                                              

  た  行     ○     か  よ  う  と     ○     る  は  祖  と     ○     と  な  
 └   つ  死  し    └   つ  な   ゜ 食  し      ゜ 一  父   ゜ 食  し     言  つ  
  な  た  ん  び     な  と  と  す  べ  な        つ  獨  祖  事  つ     ふ  て  
  ど  ら  だ  と     ど  し  き  じ  物  ご        の  り  父  を  ぷ     て  ゐ  
  と   ` 人        と  な  に  肉  が  い        卓  が  が  す  く     ゐ  た  
  言  し   ゜       い  ご   ┐ や   `          袱  折  病  る  だ     た   ゜ 
  ふ  び  死        ふ  い  し  筍   ┐          臺  敷  に  時  い     か  こ  
   ゜ と  ん         ゜ な  な  な  し           を  を  な  の        知  の  
     み  だ           あ  ご  ど  ん           圍  前  る  机        ら  や  
     た  む            ゜ い  が  な           ん  に  前   ゜       な  う  
     い  く           ひ └   噛  り           で  正  は   ┐       い  な  
     な  ろ           ね  と  み  と           ゐ  座   ` 卓         ゜ 橋  
     顔   ゜          て  言  切  こ           た  を  食  袱           を  
     色   ┐          る  ふ  れ  は           記  し  事  臺           名  
     を  見           ん   ゜ な  い           憶  て  の └            張  
     し  舞           や   ┐ い └            が   ` 時  の           で  
     て  に           ろ  ち  や  こ           あ  他  は  こ           何  
                                                                 

  ゅ  ろ  じ  る  が     ○     遊  縁  と  い  い     ○     さ  何     ○     
  ん  な  ゅ └   ら  一  じ     ん  で  い  ふ  魚  川  し     れ  を  し  し     
  ぐ  あ  ん  な └   人  ゆ     だ  岩  ふ  魚   ゜ の  や     た  す  な  も     
  り └   ぐ  ど  と  づ  ん      ゜ に  の  と   ┐ 岩  ん     し  る  が  つ     
  に   ` り  と  い  つ  ぐ     食  へ  も  同  シ  肌  ぺ      ゜└   ら  て     
  濟   ┐ で  言  ふ  順  り     べ  ば  同  じ  ャ  に           と   ゜       
  ま  受   ` ふ  意  序        た  り  じ  か  ン  吸           言   ┐       
  せ  付  ち   ゜ 味  よ        こ  つ  か   ゜ ペ  い           ふ  な        
  る  は  ゅ   ┐  ゜ く        と  い   ゜ ま  魚  付            ゜ に        
  さ  早  う  組   ┐  ゜       は  て  極  た └   く            ┐ 何        
  か  よ  こ  頭  じ   ┐       無  ゐ  く  金   ゜ や           も  し        
  い  來  と  は  ゅ  順        い  る  幼  澤   ┐ う           つ  も        
   ` た  で  年  ん  番         ゜ の  い  の  葦  に           て  つ        
  後  人   ` 寄  ぐ  を           を  頃   ┐ 登  ゐ          └   て        
  の  か  ど  り  り  繰           獲   ` ご  り  る           を   `       
  人  ら  う  か  に  り           り  川  り └   小           參  な        
  は  じ  や  ら  す  な            ` の └   と  さ           照  に        
                                                                 

  み  馬  佐  時  普  る  で  丁  し  張  う     ○     け  鹽  編     ○     一  
   ` の  次  の  段  と  水  ま  ね  川  な  名  じ    └┘ を  ん  篩  し     寸  
  は  飼  右  消  は  町  を  で  神  の  川  張  ょ    └   容  だ  ひ  よ     待  
  し  ひ  衞  防  洗  中  汲  貫  社  古   ゜ の  う     と  れ   ` の  う     つ  
  ご  葉  門  用  ひ  が  み  い └   い   ┐ 町  げ     い  て  水  こ  け     と  
  で  桶  が  水  物  ひ  上  て  の  流  城  中  の     ふ  苦  の  と        ゐ  
  屋  で  若  で  な  ん  げ  ゐ  下  れ  下  を  川     こ  汁  抜  か        て  
  根  じ  い  も  ど  や  て  る  か  道  の  流        と  を  け   ゜      └   
  に  ょ  頃  あ  の  り  道   ゜ ら  を  川  れ        か  抜  る  あ        な  
  登  う   ` る  生  と  に  夏  水  改 └   て         ゜ く  桶  る        ど  
  つ  げ  名   ゜ 活  涼  撒  の  を  修  と  ゐ            ┐ か  い        と  
  て  の  張  筆  用  し  き  夕  取  し  の  る           鹽   ゜ は        言  
  水  川  の  者  水  く   ` 方  り  て  こ  用           桶  後   `       ふ  
  を  の  火  の  で  な  日  に  入   ┐ と  水          ┌┐ 者  底         ゜ 
  撒  水  事  祖   ` つ  が  は  れ  う  か  路           し  な  が           
  き  を  の  父  出  た  落  町  て  る   ゜ の           ほ  ら  竹           
   ` 汲  時   ` 火   ゜ ち  中  八  ふ  名  や           お   ` で           
         `                                                       

  て  こ     ○     し  時  染  は     ○     い  し  前  く     ○     ら  火  
  の  ぶ  お  し     ら  な  ま   ┐ 茶  し     ふ  よ  は  ま  前  し     聽  を  
  肉  ら  尻  り     か  ど  り  白  を  ら      ゜ う   ` る  か  ょ     い  消  
  づ └   の  こ     ゆ  に  の  い  入  か        づ  痛 └   が  う     た  し  
  き  で  肉  ぶ     に  食  無 └   れ  ゆ        く  い  と  み  づ     こ  た  
  の   ` づ  た     梅  べ  い  や  ず           ま  時  同  に  く     と  と  
  よ  元  き        干  る  こ   ┐ に           つ  は  じ  な  ま     が   ` 
  い  來  の        し   ゜ と  素  炊           て   ` か  つ  る     あ  小  
  と  は  よ       └    ┐  ゜ 人  い           し  し   ゜ て        る  學  
  こ  尻  い        で  食  し  の  た           も  ん   ┐ 坐         ゜ 校  
  ろ  か  と        あ  が  ら  し  お           う  ぼ  痔  り           の  
  を  ら  こ        る  進  か  ら  か           た  で  の  込           近  
  指  太  ろ         ゜ ま  ゆ └   ゆ           わ  け  手  む           く  
  し  股   ゜          ん  は  と   ゜         └   へ  術   ゜          の  
  た  に   ┐          時  病  同   ┐          な  ん  を   ┐          老  
  も  か  尻           は  氣  じ  し           ど  で  す  う           人  
  の  け   `           ` の  で  ら           と   ` る  づ           か  
                           `└                                    

     か  う  魚     ○     子  盆     ○      ┐ で  良  を     ○     り  か  
      ゜ に   ゜ 川  す     や   ゜ 幅  す     は  印  い  撃  白  し     こ  と  
     骨  見  口  の  も     茶   ┐ 五  ず     く  を  流  ち  墨  ろ     ぶ  思  
     堅  え  を  底  つ     碗  硯  寸  り     ぼ  付  木  に   ゜ ず     た  ふ  
     く  る  ぱ  の  た     を  箱  位  ぶ     く  け  を  來  父  み     丸   ゜ 
      `  ゜ く  砂        運  の   ` た    └   と  見  る  の        だ   ┐ 
     さ   ┐ ぱ  地        ん  蓋  長        と  く  つ └   仕        し  最  
     つ  砂  く  に        だ └   さ        言 └   け  老  事        や  近  
     ぱ  は  さ  這        り  と  一        つ  と  た  人  場        な  の  
     り  ふ  せ  ふ        す  い  尺        て  言  ら  が  へ        あ  水  
     と  り  て  や        る  ふ  足        ゐ  つ   `  ` 毎       └   着  
     し └    ` う        の  こ  ら        た  て  こ   ┐ 日        と  は  
     た  と  砂  に        に  と  ず         ゜ ゐ  の  河  ほ         ゜ み  
     味  い  を  ゐ        使  だ  の           た  し  原  ど           ん  
      ゜ ふ  喰  る        ふ  が  塗            ゜ ろ  で   ┐          な  
        意  ふ  白         ゜  ` り           父  ず  形  大            ` 
        味  や  い           菓  の           は  み  の  砲           し  
                                                                 

  堂  二  と  り  よ  が  の     ゐ  に  上  沈     ●     つ  來   ┐ 吸     ○  
  書  出  し   ` い  ら  段   ┓ た  し  澄  澱  臺  せ     た  か  タ  い  毛  西  
  店  雲  て  欄  床  此 └   伊   ゜ て  み  さ  所  せ      ゜ ら  オ  込  羽  洋  
   ゜ 宗  あ  外  へ  内  に  賀  語  ゐ  は  せ  の  な        の  ル  み  立  手  
  第  輔  る  の  活  に   ┐ 越  源  た  外  る  流  ぎ        手 └   を  ち  拭  
  五  傑   ゜ 註  た  は  扨  道  は   ゜ へ  桶  し           拭  の  良  を  ひ  
  二  作 ┌┐ 釋  い   ` 娘  中   ┐ こ  流  を  の           ひ  こ  く  多     
  七  集  塚  に  の  せ  御  雙  せ  れ  し  家  排           を  と  し  く     
  頁  全  本   ┐ ふ  ゝ  は  六  せ  を   ` の  水            ┐  ゜ た  作     
 └┘┗   哲  せ └   な  よ ┗   ら  せ  殘  外  を           日  そ  手  る     
     大  三  ゝ  と  げ  い  の  ぎ  せ  り  に  溜           本  れ  拭  織     
     正  編  な  い  に  器   ┐└   な  は  埋  め           手  に  ひ  り     
     七  輯  げ  ふ  咲  量  第  と  ぎ  畑  め  て           拭  對   ゜ 方     
     年   ┓ │  科  た   ` 六  同  と  の  て   `          ひ  し  今  で     
      ` 海  下  白  杜  不     じ  言  肥  あ  汚          └   て  い   `    
     有  音  水  が  若  躾  沼  か  つ  や  り  物           と   ` ふ  水     
     朋  半 └   あ   ` な  津   ゜ て  し   ` を           い  從     の     
                                                                 

  ど  言  は  な  ん     ○     ふ  保  背  前  は     ○     と  護     ○     
 └   ひ   ┐ る  ど  厭  せ      ゜ て  中  か   ` 仕  背     い  す  小  せ     
  と   ` 行 └   遊  に  ん        な  の  が  背  事  中     つ  る  學  つ     
  な  接  爲  と  ん  な  ど        い  皮  み  中  が  の     た  た  生  ぱ     
  つ  尾  を  も  だ  る            ゜ が  に  の  長  皮      ゜ め  の        
  た  語  し  言 └   ほ           そ  短  な  皮  續  が        に  頃        
  か   ┐ な  ふ  な  ど           こ  い  つ  が  き  短        は   `       
   ゜ ど  い   ゜ ど  存           で  た  て  短  し  い        め  鉛        
   ┐└  └    ┐ と  分            ` め  仕  い  な           る  筆        
  し  を  こ  千  言  に           仕  に  事   ゜ い           覆  の        
  な  つ  と  度  ふ  な           事   ` を  あ  こ           ひ  尖        
  い  け  を └    ゜ る           を  仕  し  か  と           を  ら        
  で  て   ┐ か   ┐ こ           辭  事  て  ん   ゜           ┐ せ        
  ゐ   ` せ   ゜ せ  と           め  の  ゐ └    ┐          せ  た        
  よ   ┐ む  あ  ん   ゜          て  姿  て  と  あ           つ  芯        
  う  せ └   る  ど   ┐          し  勢  も  言  い           ぱ  を        
 └   む  と  い  に  せ           ま  が   ` ふ  つ          └   保        
                                       ゜                         

     ○      ┐ く  ば  味     ○     樣  っ  ぞ   ┐    ○     こ  は   ┐ を  
  何  だ     そ  て  へ  を  じ  そ     を └   ぞ  外  急  ぞ     と  し  せ   ┐ 
  か  あ     ば   ` る  示  ゃ  ば     う  と  げ  へ  に  ぞ      ` な  ん  し  
  を  こ     へ  あ └   し  れ  へ     ま  感  が  出  寒  げ     せ  い  ど  や  
  し        た  ち  と  て  つ  る     く  じ  立  た  気  が     ん  で  こ  ん  
  て        ら  こ  言   ` く        表  て  つ  ら  を  た     ど  お └   と  
  貰        あ  ち  ふ  手   ゜       し   ` た  冷  感  つ     こ  き  と  こ  
  ふ        か  手   ゜ 出  猫        て  皮 └   た  じ        に  ま  い └   
  時        ん  出  童  し  が        ゐ  膚  な  い  て       └   せ  ふ   ` 
  に       └   し  が  を  小        る  の  ど  風   `       と  う   ゜  ┐ 
   ┐       な  を  ぢ  す  さ         ゜ 毛  と  が  鳥        い └    ┐ せ  
  し        ど  す  つ  る  な           が  言  吹  肌        ふ  を  そ  ん  
  て        と  る  と  時  動           立  ふ  い  が         ゜  ` の  と  
  だ        言  時  し  に  く           ち   ゜ て  立            ┐ や  こ  
  あ        ふ  に  て   ` 物           上   ┐ 來  つ           そ  う └   
  こ         ゜ も  ゐ   ┐ に           が  ぞ  て  こ           ん  な  と  
 └             ` な  そ  興           る  く   ` と           な  事  か  
                                             ゜                   

     と  が  ゐ  が  す     ○     末  象  ま  の     ○     ふ  と   ┐ 戴  と  
     自  ゐ  る  上  る  大  大     の  を  れ  こ   ┐ だ     意  言  だ  か  言  
     分  て  所  回  の  き  砲     ほ   ┐ た  と  だ  い     味  ふ  あ  う  ふ  
     で   ` へ  る  で  な  を     う  大  子   ゜ い  こ     に  と  こ └    ゜ 
     言   ┐  `  ゜  ` 事  撃     が  根  の   ┐ こ  は     な   `└   と   ┐ 
     つ  け  毎  父   ┐ を  つ     辛  は  は  兄 └   末     る   ┐ と  言  し  
     て  ふ  日  が  法  言        い  首  う  弟  は  ほ      ゜ し  な  ふ  て  
     ゐ  も  ほ  石  螺  ふ       └   の  が  姉   ┐ ど        て  る  時  戴  
     た  大  ど  を  を   ゜       こ  と  世  妹  大  辛        戴   ゜ の  き  
      ゜ 砲  話  叩  吹  大        と  こ  知  の  根  い        き   ┐  ┐ ま  
        を  を  い  く  砲        に  ろ  辛  な ┌┐          ま  し  い  せ  
        撃  し  て └   は        喩  よ  い  か  ダ           せ  て  た  う  
        ち  に  仕  よ  大        へ  り └   で  イ           う  だ  だ └   
        に  來  事  り  き        て  も  と  は  コ           ね  あ  か  を  
        來  る  を  も  な        言   ` い  後  ン          └   こ  う   ┐ 
        た  老  し  程  音        ふ  根  ふ  で └┘          と  う └   し  
       └   人  て  度  が         ゜ の  現  産 └            い  な  が  て  
                                                       └         

  と  か  と  辛     ○      ┐ 値  は   ┐  ┐ の  ふ     ○     い └      ○  
  言   ゜ い  い  味  だ     た  段   ┐ た  た  こ  ほ  あ  た     ふ  の  手  た  
  ふ  鹽  ふ  さ  付  だ     だ  を  た  だ  だ  と  ど  り  だ      ゜ こ  の  か  
   ゜ だ   ┐ ま  け  が    └   付  だ  ご  い  を  の  ふ           と  中  た  
  砂  け  た   ゜ に  ら     で  け  の  め  も   ┐ 値  れ            ゜ 指  か  
  糖  で  だ   ┐ 醤  い     貰  る  ひ └  └   た  打  た           藥   ` ゆ  
  な  辛  辛  た  油        へ  ほ  と  と   ` だ  ち   `          師   ┐ び  
  ど  す  い  だ  を        る  ど └   言  普  ま  が  普           指  丈     
  で  ぎ └    ` 入        わ  の  で  ふ  段  め  無  通           は  高     
  甘  る  を  ひ  れ        け  物  あ   ゜ の └   い  の            ┐ 指     
  す  の  濁  た  す        で  で  る  ご  食   ` あ   `          く ┌┐    
  ぎ  は  音  す  ぎ        あ  は   ゜ く  事  里  り  取           す  た     
  る   ┐ 化  ら  て        る  無  と  當  に  芋  さ  り           り  け     
  の  鹽  し  に  無         ゜ い  り  り  使  の  ま  立           ゆ  た     
  は  辛  た  辛  闇           の  た  前  ふ  こ   ゜ て           び  か     
   ┐ い  も  い  に           で  て  の  米  と  大  て          └   ゆ     
  ア └   の └   鹽              て  人  を  を  豆  言           と  び     
                                                          └┘    

  も  た  あ  池  屆  た  兔  が  幼     ○     や  分  に  黄  油     ○     マ  
  埋  り  る  の  け   ゜ の   ` い  家  た     い  の  一  色  を   ┐ た     ッ  
  め  は   ゜ 近  る  兄  ゐ  雌  頃  畜  ね     つ  夜  つ  い  作  普  だ     タ  
  立  今  そ  く  の  が  る  の  に  を  づ     昔  は  足  豆  つ  段  ま     ル  
  て  は  の  で  に  駕  家  兔  は  意  け      ゜ こ  し   ゜ た   ` め     イ  
  ら  工  家  木  着  籠  へ  に  家  圖  す        つ  た  大  り  使       └   
  れ  場  の  苺  い  に  預  身  で  的  る        ぶ  だ  豆   ` ふ         ゜ 
  た  地  あ  を  て  兔  け  ご  兔  に           金  け   ゜ 煮  豆           
   ` 帯  つ  穫  行  を  に  も  を  身            ` 食  節  て └            
     に  た  つ  き  容  行  ら  飼  ご           噛  べ  分  日  の           
     な   ┐ て   ` れ  き  せ  ふ  も           み  た  に  常  こ           
     り  ア  食  歸  て   ` る  て  ら           數   ゜ 煎  の  と           
      ` マ  べ  り  遠  身  た  食  せ           へ  た  り  料   ゜          
     鴻  ノ  た  に  く  ご  め  べ  る           し  だ   ` 理  味           
     巣 └   記  鴻  の  も  に  て  こ           も  豆  歳  に  噌           
     の  の  憶  巣  家  ら   ` ゐ  と            ` も  の  使  や           
     池  あ  が  の  へ  せ  雄  た   ゜          は  節  數  ふ  醤           
                                                   `             

                                                  こ  る     ○     
                                                  と  汁   ┐ た     
                                                  ば  を  溜  ま     
                                                   ゜ 集  ま  り     
                                                     め  り        
                                                     た  醤        
                                                     も  油        
                                                     の └         
                                                     か   ゜       
                                                      ゜ 味        
                                                     母  噌        
                                                     が  桶        
                                                     使  の        
                                                     ふ  上        
                                                     て  に        
                                                     ゐ  溜        
                                                     た  ま        
                                                                 

  追記  「さんまい」は「三昧」であるといふ説は、平成三年、株式會社吉川弘文館發行、新谷尚紀著『兩墓制と他界觀』に詳しい解説がある。「葬埋」説は、今の所、唱へるのは自分のみ。
  「しづみばし」のところに書いた、「洪水の時は外れる橋」は、「流れ橋」とか、「板橋」と言ふところがあるらしい。「揖保川の流れ橋(平成二十年九月十七日、接續確認。)」といふ網上葉に、詳しい説明がある。


伊賀國ふるさとはなし書き込み帳 伊賀國の玄關頁へ
名張言葉 - あ〜か  き〜こ  ち〜ひ  ふ〜ん・上野言葉
この網上葉の經過
○平成二十九年二月月二十三日、「せせなぎ」に、追記。
○平成二十七年六月二日、電子飛脚の宛先を更新。
○平成二十二年九月二十六日、「さんまい」に、追記。
○平成二十二年七月二十七日、「しもつて」を追加。
○平成二十二年正月二十日、更新。
○平成二十年九月十七日、字句訂正。
○平成十九年十二月十日、電子飛脚の宛先を更新。
○平成十九年五月二日、「しがむ」を追加。
○平成十七年正月二十七日、「流れ橋」について記述。
○平成十六年十一月四日、「そばへる」を追加。
○平成十五年拾月十七日、電子飛脚の宛先を更新。
○平成十五年二月三日、四月十五日、六月二十三日、九月三日、更新。
○平成十五年正月二十四日、「伊賀國ふるさとはなし書き込み帳」を設置。
○平成十五年正月二十三日、更新。
○平成十五年正月十二日、「名張言葉 - さ〜た」として再構成。
○平成十四年十二月二十二日、「名張言葉 - さ〜と」として再構成。
○平成十四年十二月十日、追補を記入。
○平成十四年十二月八日、増補。
○平成十四年十二月二日、誤字訂正。
○平成十四年十二月朔日、掲載。
御意見、御感想をお寄せ下さい。電子飛脚は、各ページの著作権者名またはこの★を押してお送り下さい。)(電子飛脚のソフトが立ち上がつたら、宛先から「ひらかな」を消して下さい。)
★ 御 注 意 ★
  この網上葉(ページ)およびここから繋がる『伊賀國』に所屬する網上頁および網上葉(ページ)の著作權は下記に記した者が保有してゐます。これらの内容を閲覧するために、網際(インターネット)上から自分の機械へ電氣信號(データ)を取り込んで展開すること、ならびにその情報(データ)を網際通信(インターネット)を切斷して閲覧するために保存することは出來ますが、それ以外のいかなる複製・複冩・印字・譲渡・貸與行爲をも禁止致します。ご利用の際は事前にお申し込み下さい。
  ○引き紐を着けること(リンク)は御自由です。

著作權者    東川吉嗣(電子飛脚のソフトが立ち上がつたら、宛先から「ひらかな」を消して下さい。)  平成十四年、乃至平成二十九年
CopyRight © 2002 - 2017 Higasikawa Yositugu