×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  Edyパラダイスでポイントを貯めよう!

いがのくにふるさとはなし

伊 賀 國

言葉の思ひ出 - ち〜ひ

東川吉嗣


伊賀國の玄關頁へ
名張言葉 - あ〜か  き〜こ  さ〜た  ふ〜ん・上野言葉

名張言葉 - ち〜ひ

○チのことば - ちちおさへ ちつき ちのさか ぢべた ちやんぶくろ 長壽箸 ちよかつく ちよける ちょんちょんみづ ちんここかんここ ちんちろ ちんばいとこ ちんぽ ちんちん
○ツのことば - つし づつない つばな つれあひ
○テのことば - であひ てかけ できもの てご  てんご てしよ てほひ
○トのことば - とうがたつ とごる どざか とのくち どべ とほし どぼん釣り とんこつば とんぼ
○ナのことば - ●ながいこと ながさき ながたん 名張饅頭 なほす なりやい なんば なんばん
○ニのことば - にこ にこぼこり にこにこ につきすい につすい
○ネのことば - ねぐさる ねこ
○ノのことば - ノーパン
○ハのことば - はい はがため はがむ はしかい はじつくひ はしゃぐ はしり はた ばたばた ばば はひらず はみ 腹の皮が張つたら、眼の皮たるむ はん
○ヒのことば - ひこに這入る ひしる ひだりまき ひだりまへ ひだるい ひね ひるのひなか ひんがらめ びんづけ ひんねし



  て  訛     ○     脇  水  か     ○     便  れ  で     ○     と  女     ○  
  御  か  大  ぢ     の  車  れ  夏  ち    └   た  送  鐵  ち     い  性  乳  ち  
  辨   ゜ 地  べ     山  が  る  見  の     と  の  る  道  つ     ふ  用  房  ち  
  當   ┐ の  た     に  あ  坂  の  さ     い  か └   便  き     も  の  を  お  
  を  け  お        鎮  つ  道  福  か     ふ  ど  と  で        の  下  揺  さ  
  た  ふ  も        守  た   ゜ 典        こ  う  言  荷         ゜ 着  れ  へ  
  べ  の  て        の   ゜ こ  寺        と  か  つ  物        母   ゜ な     
  た  遠   ゜       社   ┐ の  の        か  知  た  を        が  い  い     
   ゜ 足   ┐       が  鎮  坂  脇         ゜ ら   ゜ 送        使  ま  や     
 └   で  ぢ        あ  の  道  の           な  乘  る        ふ   ` う     
  な  は  め        つ  坂  の  下           い  車  の        て   ┐ に     
  ど  ぢ  ん        た └   果  り            ゜ 券  を        ゐ  ブ  す     
  と  べ └         の  と  て  坂            ┐ 無   `       た  ラ  る     
  い  た  か        か  の  に  を           チ  し   ┐       こ  ジ  た     
  ふ  に  ら         ゜ こ  大  東           ケ  で  ち        と  ャ  め     
   ゜ 坐  の           と  き  へ           ッ  も  つ        ば  |  の     
     つ  轉            ゜ な  分           ト  送  き         ゜└    `    
                                                                 

     憶  葬  ま  遺  良  で     ○     何  た     き  家  ふ  入  べ     ○     
     え  儀  で  族  い  配  數  長     と  め  井  う  の  た  れ  た   ┐ ち     
     が  は  送  が  と  る  え  壽     言  に  戸  り  裏   ゜ る  が  茶  や     
     あ  孫  り  五  さ  箸  で  箸     つ  布  の  と  口  お  布   ` の  ん     
     る  の   ` 色  れ   ゜ 八        た  袋  水  共  を  盆  の  茶  袋  ぶ     
      ゜ 祭  埋  の  る  長  十        か  が  汲  に  出  に  袋  粥 └   く     
       └   葬  布   ゜ 壽  を        知  つ  み  供  た  は  を  を   ゜ ろ     
        な  す  で  長  を  超        ら  け  ポ  へ  所   `  ┐ 炊  朝        
        ど  る  曳  壽  全  え        な  て  ン  て  に  古  ち  く  は        
        と   ゜ い  で  う  て        い  あ  プ  ゐ  棒  い  ゃ  時  茶        
        言   ┐ て  死  し  死         ゜ つ  の  た  で  ち  ん  に  で        
        ふ  ぢ   ┐ ん  た  ん           た  口   ゜ 懸  ゃ  ぶ   ` 煮        
        の  ぢ  さ  だ  の  だ           が  に     け  ん  く  ほ  た        
        を   ` ん  人  で  人            ` 砂     て  ぶ  ろ  う  お        
        聞  ば  ま  の  縁  の           そ  を     茄  く └   じ  粥        
        い  ば  い  棺  起  葬           れ  除     子  ろ  と  茶  を        
        た  の └   は  が  儀           を  く     や  を  言  を  食        
                  `                                              

     ○     る     ○     同  く  特  っ  な     ○     る  か  落  歩     ○  
  お  ち     坂  夏  ち     じ  る  定  か  こ  ひ  ち    └   と  ち  き  静  ち  
  く  ん     道  見  ょ     か └   の  り  と  ょ  よ     の  す  着  回  か  よ  
  ど  こ     の  か  ん      ゜ と  人  ゐ  を  う  け     は  る  き  つ  に  か  
  は  こ     途  ら  ち        い  に  る  す  き  る     う └   無  た  し  つ  
  ん  か     中  曾  ょ        ふ  向 └   る  ん        が  と  く  り  て  く  
  か  ん     に  爾  ん         ゜ け  な   ゜ な        積  言  す   ` ゐ     
  ら  こ     あ  街  み         ┐ て  ど   ┐ こ        極  ふ  る  身  な     
  降  こ     つ  道  づ        お  行  と  あ  と        的  た  こ  體  け     
  ろ        た  を           ち  ふ  い  の  を        な  り  と  を  れ     
  し        清  行           ょ  こ  ふ  子  す        感  す   ゜ 動  ば     
  て        水  き           く  と   ゜ は  る        じ  る   ┐ か  な     
   ┐        ゜  `          る  を  そ  ち   ゜       が   ゜ ち  し  ら     
  鍋           左          └    ┐ の  よ  不        す   ┐ よ  た  な     
  敷           手           と  お  行  け  真        る  ち  か  り  い     
  き           へ           元  ち  爲  て  面         ゜ よ  ち  し  所     
 └            登           は  ょ  が  ば  目           け  よ  て  で     
                                                         `       

  さ     の  と   ┐ ろ  れ  ふ     ○     思  時  高  オ  見  か  の  言  を  に  
  れ  ご  關  歌  ち  り  は   ゜ 松  ち     ひ   ` い  ン  た  ら  か  つ   ` 載  
  て  く  聯  ふ  ん  ん  判  松  の  ん     出   ┐ 塔  サ  こ  深  も  た  幼  せ  
   ` 幼  も  と  ち └   ら  か  實  ち     し  ち  に  イ  と  夜  知   ゜ い  た  
  股  い  こ  こ  ろ  と  な  さ  を  ろ     た  ん  點  ン  が  二  れ  わ  頃  釜  
  ぐ  頃  じ  ろ   ` 形  い  を  含         ゜ こ  滅  が  あ  時  な  が  は  の  
  ら   ` つ  か  ち  容  が   ┐ む           こ  す  全  る  頃  い  家   ┐ 尻  
  の  い  け  ら  ん  し   ` ち  固           か  る  て  が  の   ゜ の  ち  に  
  所  た  ら   ` ち   `  ┐ ん  ま           ん  赤  消   ` 丸  東  幼  ん  火  
  に  ず  れ  松  ろ  松  松  ち  り           こ  い  え  銀  の  京  児  こ  の  
   ┐ ら  る  と   ` 虫  風  ろ   ┐          こ  灯  て  座  内  の  言  こ  粉  
  ち  で   ゜  ┐ ち  の └  └   松          └   の   ` や  方  本  葉  か  が  
  ん  仰     ち  ん  鳴  を  と  か           を  み  高  日  面  郷  に  ん  点  
  ち  向     ん  ち  き   ┐ い  さ           懐  が  層  本  の  臺  過  こ  滅  
  ろ  け     ち  ろ  聲  ち  ふ └            か  見  ビ  橋  夜  の  ぎ  こ  す  
 └   に     ろ  り  を  ん  い  を           し  え  ル  の  景  建  な └   る  
  を  倒    └   ん     ち  は  言           く  た  や  ネ  を  物  い  と  の  
             └                                                   

     ○     袋  も     ○     く  ゐ  こ     關  だ     ○     た   ┐ が  置  
  物  つ     の  の  男  ち     時  る  と   ┐ 係   ` 幼  ち     も  ち  あ  い  
  置  し     物  を  の  ん     に  が   ゜ ち  は  と  い  ん     の  ん  る  て  
  な        は  言  股  ぽ     片   `  ┐ ん  判  言  頃  ば      ゜ ち   ゜  ` 
  ど         ┐ ふ  ぐ        足   ┐ ち  ば  ら  ふ   ` い        ろ  子  か  
  に        き   ゜ ら  ち     を  び  ん └   な  話  誰  と       └   供  ら  
  し        ん  小  に  ん     曳  っ  ば  は  い  を  と  こ        の  の  か  
  て        た  児  附  ち     く  こ └   脚   ゜ よ  誰           言  感  は  
  ゐ        ま  言  い  ん     や └   と  の     く  は           葉  覺  れ  
  る       └   葉  て        う  は   ┐ 長     聞   ┐          の  で   ` 
  屋        と  は  ゐ        す   ┐ び  さ     い  ち           類   ┐ 泣  
  根        い   ┐ る        を  曳  っ  が     た  ん           似  ち  か  
  裏        ふ  ち  物        言  き  こ  等     が  ば           を  ん  さ  
   ゜        ゜ ん  で        ふ  子 └   し      ` い           面  ち  れ  
  表           ち   `       言 └   は  く     詳  と           白  ん  た  
  の           ん  棒        葉  で  似  な     し  こ           が └   記  
  家          └   の        か  歩  て  い     い └            つ  と  憶  
               ゜           ゜                                     

  盡  蟲  二  年  文  解  思  た     つ  り  に  表  が  熱     ○     具  の  の  
  し  の  十   ` 学  説  ひ  も   ┐ な  や   ┐ 面 └   な  頭  づ     類  小   ┐ 
  の  化  八  小  全  が  つ  の  づ  い  う  頭  に  痛  ど  が  つ     な  屋  つ  
  料  身  第  学  集  あ  か  と  つ └   が  が  見  い  に  痛  な     ど  の  し  
  理  で  三  館  38  る  な  し  な  と  元  痛  え  と  よ  い  い     を   ┐└   
  を  あ  十 └┘ 今   ゜ い  て  い  い  で  い  る  き  り   ゜       仕  つ  に  
  前  る  九  の  昔  例  で   `└   ふ   ┐└   こ  に   `  ┐       舞  し  は  
  に  新 └   第  物  へ  困   ┐ を   ゜ 頭  と  と  言  身  頭        ふ └   薪  
  し  任  話  二  語  ば  つ  す   ┐    が  い  で  ふ  體  痛        て  に  や  
  て  の  の  六  集   ` た  べ  術     痛  ふ  頭   ゜ の  な        ゐ  は  柴  
  困  信   ` 六  C   ┓ 樣  が  無     い   ゜ が  怪  中 └         た   ` な  
  惑  濃  腹  ペ ┗   新  子  無  し    └   氣  痛  我  の   ゜        ゜ む  ど  
  し  國  の  | ┌┐ 編 └   い └      時  持  い  や  原  風           し  燃  
  た  守  中  ジ  平  日  だ   ` か     は  や  の  瘤  因  邪           ろ  料  
  樣  が  の  の  成  本  と  方  ら      ┐ 心  は  な  で  引           や  を  
  を  胡  寄   ┐ 十  古  す  法  轉     き  の   ` ど   ┐ き            `  ` 
     桃  生  巻  八  典  る  が  じ     づ  あ  單   ` 頭  や           道  裏  
                                                `                

     ○     表  示  を  の  れ     ○     少  所     ○     あ  を  者  ニ   ┐ 
  道  で     し  す  共  み  が  結  つ     し  の  茅  つ     る  避  は  思  惑  
  の  あ     て  言  に  ま  わ  婚  れ     甘  子 ┌┐ ば    └   け   ┐ ヘ ┌┐ 
  修  ひ     ゐ  ひ  連  す  た  生  あ     い  が  ち  な     と  る  命  ル  ま  
  復        る  方  れ   ゜ し  活  ひ      ゜ つ  が        記  手  取  気  ど  
  な        言  で  立 └   の  の           ば  や        し  立  り  色  ひ  
  ど        ひ   ` つ  な  つ  相           な └┘       て  を  に └  └┘ 
  公        方  伊  て  ど  れ  手           を  の        ゐ  思  な  と  テ  
  共         ゜ 賀  歩  と  あ  の           摘  若        る  い  る  表   ` 
  の           人  む  言  ひ  こ           ん  芽         ゜ 煩  に  し  術  
  共           の  相  ふ  や  と           で   ゜          悶  ち  た  無  
  同           人  手   ゜  ゜ を           食   ┐          し  が  箇  気  
  作           生  で  互  よ  指           べ  茅           て  い  所 ┌┐ 
  業           觀  あ  ひ  ろ  す           て  花           い  な  を  ず  
  を           を  る  の  し   ゜          ゐ └            た  い   ` つ  
   `          よ  こ  人  う   ┐          た   ゜          の  胡  解  な  
  そ           く  と  生  た  こ            ゜ 近           で  桃  説  げ  
                                                             └┘ 

  ほ  ご     ○     と  た  り     ○     と  は   ┐    ○     ひ   ┐ て  れ  
  ん  を  冗  て     言  時  し  皮  で     か  な  め  正  て    └   公  行  ぞ  
  の  す  談  ご     ふ  に  て  膚  き      ゜ く  か  妻  か     と  共  ふ  れ  
  た  る   ゜        ゜ い  好  に  も        て  け  以  け     は  の  こ  の  
  は └   た           ふ  ま  疵  の         `└   外        言  作  と  家  
  む   ` は  て         ゜ し  が           手  と  の        は  業   ゜ か  
  れ   ┐ む  ん        東  く  で           ま  同  連        な └   田  ら  
  で  て  れ  ご        京  な  き           で  じ  れ        か  で  植  人  
  し  ん   ゜          で  い  た           掛   ゜ 合        つ  は  え  が  
  た  ご  う           は  異  り           け  目  ひ        た  な  な  出  
  こ  を  そ            ┐ 常   `          た  を  の        と  い  ど  て  
  と  す  ら           お  な  蟲           關  掛  女        思  の  の   ` 
  が  る  ご           で  状  に           係  け  を        ふ  で  共  力  
   `└   と           き  態  刺           と  る  い         ゜  ` 同  を  
  現  と   ゜         └   が  さ           い  だ  ふ            ┐ 作  併  
  實  言   ┐          な  で  れ           ふ  け   ゜          で  業  は  
  の  ふ  て           ど  き  た           こ  で              あ  は  せ  
      ゜                                                          

  縮  ひ   ┐ 國  お  護  け  事     ○     皿  油     ○     を  よ  ほ  と  惡  
  ま  入  た  語  ほ  る  か  を  小  て    └   を  料  て     旨  く  ん  い  い  
  る  る  た  で  ひ  た  ら  す  手  ほ      ゜ 容  理  し     と  言  ま  ふ  結  
  例 └   き  は └   め  護  る  當  ひ      ┐ れ  の  よ     す  は  に   ゜ 果  
  が  が  あ   ` の  の  り  と  て        お  た  時        る  れ  て   ┐ を  
  多   ゜ ひ   ┐ 母   `  ` き  や        て  り  に        戒  た  ご  て  齎  
  い   ┐└   川  音   ┐ あ  に   `       し  す  味        め   ゜ が  ん  す  
   ゜ は  が  合   ┐ 手  る   ` 腕        よ  る  見        で  伊  ま  ご  こ  
     ひ   ┐ ひ  お └   い  手  抜       └    ` を        あ  賀  こ  ば  と  
     る  た └  └   の  は  の  き        と  小  し        る  人  と  つ  を  
    └   た  が  が   ┐  ` 背  の        言  さ  た         ゜ の  に  か   ┐ 
     な  か   ┐ 縮  被  草  や  類        つ  な  り           手  な  り  て  
     ど  ひ  か  ま  ひ  や   `  ゜       て  皿   `          堅  る  し  ご  
      `└   は  つ └   小  腕  外        ゐ   ゜ 刺           い  で  て  が  
     母   ` ひ  た   ゜ 枝  を  で        た   ┐ 身           生  え  た  ま  
     音   ┐└   も   ┐ か  日  の         ゜ 手  の           き └   ら  こ  
     の  這   ` の  て  ら  焼  仕           塩  醤           方  と   ` と  
               ゜                                             └   

  り     ○     ご   ┐    ○      ┐ る  う  が  歳  て  に  と  つ     ○     
  坂  坊  ど     る  よ  水  と     塔  で  が  た  を  る  喩  背 └   野  と     
   ゜ 垣  ざ     で  う  の  ご     が └   た  つ  取  の  え  が  と  菜  う     
     と  か     え  か  下  る     建  な  つ └   り  で  た  高  い  な  が     
     後       └   き  の        つ  ど  て  と  す  し  も  く  ふ  ど  た     
     出        な  ま  は       └   と  來  言  ぎ  な  の   ` こ  が  つ     
     の        ど  ぜ  う         ゜ 言  た  ふ  る  ご   ゜ 莖  と  生        
     間        と  や  に           ふ  な   ゜ こ  い   ┐ が   ゜ 長        
     の        言  ん  沈            ゜ あ   ┐ と  な  ち  堅  野  し        
     石        ふ  と  澱           野   ゜ あ  も  あ  よ  く  菜  す        
     の         ゜  ` 物           菜  行  そ   `└   つ  な  が  ぎ        
     地           下  が           が  か  こ  喩  な  と  る  生  る        
     蔵           の  溜            ┐ ず  の  え  ど  と  の  長   ゜       
     か           は  ま           ひ  後  こ  て  と  う  を  し   ┐       
     ら           う  る           ね  家  も   ┐ 言  が   ┐ 過  塔        
     の           に  こ           て  に   ` と  ふ  た  塔  ぎ  が        
     下           と  と          └   な  と  う   ゜ つ └   る  建        
                     ゜           `                               

  良  け  釣  だ     ○     し     ○     や     ○      ┐ の  側     ○     
  く  て  り  け  釣  ど     で  篩  と     つ  一  ど     住  で   ゜ 家  と     
  釣  釣  針  で  り  ぼ     篩  ひ  ほ     た  番  べ     処  は   ┐ の  の     
  れ  つ  だ  魚  糸  ん     ふ   ゜ し      ゜ 後        の  な  戸  出  く     
  た  た  け  を  に  釣    └    ┐      └   の        口  く └   入  ち     
   ゜  ゜ を  釣  浮  り     と  篩        な  人       └    ` の  り        
  幼  蚯  買  る  き        い  ひ        ど   ゜       と  家  あ  口        
  い  蚓  ひ  や  を        ふ  通        と   ┐       い  の  る   `       
  こ  を   ` り  付         ゜ し        言  昨        ふ  戸  と  あ        
  ろ  餌  錘  か  け          └         ふ  日        こ  の  こ  る        
  は  に  に  た  ず           の         ゜ の        と  近  ろ  い        
   ` ぎ  は   ゜ に           こ           運        か  く  の  は        
  水  ぎ  雌  幼   `          と           動         ゜ を  近  そ        
  に  魚  ね  い  重            ゜          會           言  く  の        
  錘  な  じ  頃  石            ┐          で           ふ  を  す        
  を  ど  を  に  と           と           ど           の  い  ぐ        
  入  が  付   ` 針           ほ           べ           で  ふ  内        
                                                   `             

  柔  段  の  根  り  形     ○     る  こ  水  い     ○     第  川  言  と  れ  
  ら  の  稲  を  に  に  正  と     と  れ  路  ふ  牛  と     30 ┗   ふ  思  る  
  か  縄  藁  開  な  結  月  ん     近  を  に  こ  や  ん     頁  平  ら  つ  と  
  に  は  で  い  ひ  ん  飾  ぼ     所  を  ゐ  と  豚  こ    └┘ 成  し  て  き  
  し   ` 折  た   ` だ  り        の  餌  る  か  を  つ        二  い  ゐ  の  
  て  藁  挾  形  二  も  の        人  に  蛭   ゜ 殺  ば        十   ゜ た  ド  
   ` 打  み  に  回  の  し        が  し  は   ┐ す           年 ┌┐ が  ボ  
  兩  ち   ` し  折   ゜ め        言  て  人  と  屠            ` 栗   ` ン  
  手  を  結  た  り  稲  縄        つ  鰻  に  ん  殺           築  栖  川  と  
  に  し  は  も  曲  藁  で        て  を  吸  こ  場           地  健  の  い  
  挾  て  え  の  げ  を   `       ゐ  釣  ひ  つ   ゜          書   ┓ 淵  ふ  
  ん   ` る  を  て  打  蜻        た  る  付  ば   ┐          館  ア  を  音  
  だ  稲   ゜  `  ` た  蛉         ゜ と  か └   屠           株  ユ   ┐ か  
  藁  藁  父  中  蜻  ず  の           よ  な  の  骨           式  と  ど  ら  
  を  の  は  央  蛉  に  や           く  い  下  場           會  日  ぶ  の  
  二  腰   ` で  の  左  う           獲  し  の └            社  本 └   名  
  つ  を  普  別  羽  縒  な           れ   ` 下  と            ゜ の  と  か  
                                                                 

  伊  旨  名  崎     ○     あ  ち  た  掛     ●     挾  ら  と  だ  せ  な  に  
  賀  い  前  渡  葛  な     い  も  け  け  長  な     ん  草  ヘ  か  ず  ふ  分  
  名  物   ゜ り  粉  が     だ  ん  ど  軸  い  が     で  の  へ  ら   ` が  け  
  物  な   ┐ の  を  さ    └   か   `  ` 時  い     飾  葉  て   ` 左   ` て  
  の  し  か  菓  固  き     の  も  ひ  長  間  こ     る   ` く  し  手  正   ` 
  一 └   た  子  め        意  知  よ  い  に  と      ゜ ゆ  れ  め  を  月  右  
  つ  と  や  で  た        味  れ  つ  こ   ゜          ず  た  縄  前  飾  手  
   ゜ い  き  あ  伊         ゜ へ  と  と   ┐          り   ゜ の  へ  り  を  
   ┐ ふ └   る  賀           ん  し  ほ  う           は  こ  縄  擦  の  前  
  年  通  と  こ  名           な  た  つ  ち           の  の  は  り  し  へ  
  寄  俗  共  と  物          └   ら  た  に           葉  と  不  出  め  擦  
  り  法  に  を  の           な   ` ら  あ            ` ん  細  す  縄  り  
  へ  則   ` 連  干           ど  え  か  つ           裏  ぼ  工  や  は  出  
  の  を   ┐ 想  菓            ` ら  し  た           白  に  に  う  藁  す  
  み  裏  名  さ  子            ┐ い  に   `          な   ` 見  に  打  や  
  や  切  物  せ   ゜          長  値  し  あ           ど  ふ  え  な  ち  う  
  げ  る  に  る  長           い  打  て  の           を  く  る  ふ  を  に  
                                                      `  `       

  た  物     ○     饅  と  急  た  は  げ     ○     指  刀     ○     は  や  
  ら  を  本  な     頭  言  屋  憶  お  た  あ  名     を └   料  な     う  つ  
   ` 戻  來  ほ     な  ふ  で  え  か  饅  ん  張     切   ゜ 理  が     が  た  
  ち  し  の  す     ど   ゜ 名  が  き  頭  こ  饅     る   ┐ を  た      ` ら  
  や  て  位        と  東  張  あ  ち   ゜ の  頭     で  な  す  ん     え   ` 
  ん   ` 置        言  京  饅  る  饅   ┐ 玉         ゜ が  る        え  か  
  と  片   `       つ  で  頭   ゜ 頭  名  に       └   た  と        か  た  
  な  付  も        て  は  を   ┐ ち  張  薄           ん  き        も  や  
  ほ  け  し        ゐ  同  買  手  う  饅  い           は  の        し  き  
  し  る  く        る  じ  ふ  み  て  頭  衣           よ  菜        れ  よ  
  と   ゜ は         ゜ や  て  や  る  の  を           う  切        ん  り  
  き   ┐ 本           う  行  げ  わ  こ  着           研  り        な  も  
  い  道  來           な  く  に   ゜ と  け           い  包         ゜ な  
  や  具  の           物  わ  驛 └   を  て           ど  丁       └   が  
 └   を  状           を └   前  と  大  蒸           か   ゜          さ  
  と  使  態           薄  な  の  聞  阪  し           ん   ┐          き  
  言  う  に           皮  ど  贊  い  で  あ           と  菜           の  
                                                `                

  物   ┐ ゐ     ○     の  に  た   ┐ ッ  い   ┐ ず  か  ふ     ○     來  は  
  と  な  な  と  な     粗  較  い  お  リ  か  な  に   ` や  定  な     の  れ  
  い  ん  か  う  ん     雑  べ  づ  ほ  ャ  ん  り   ` 重  う  め  り     健  た  
  ふ  ば  つ  も  ば     な   `└   た  イ  か  や  成  ね  に  ら  や     や   ゜ 
  こ └   た  ろ        こ   ┐ が  い └   つ  い  る  て  し  れ  い     か   ┐ 
  と  と  が  こ        と  な   ` づ  と  た  に  が  力  な  た        な  や  
  か  言   ` し        を  り  數 └   促  わ  し  ま  を  い  通        身  ま  
   ゜ つ  近   ゜       指  や  量  と  音   ゜ た  ま  入   ゜ り        體  ひ  
     て  所  自        す  い  的  似  に └   さ  に  れ  細  に        に  を  
     ゐ  で  分         ゜└   に  て  言  な  か  任  る  か  し        戻  な  
     た  作  の         ┐ は  大  ゐ  ふ  ど  い  せ  と  く  な        す  ほ  
      ゜ る  家        成  仕  ま  る  こ  と   ` た  か  念  い        こ  す  
      ┐ 家  で        り  事  か  が  と  い  あ  結  の  を   ゜       と └   
     南  が  は        合  の  で   ` も  ふ  ん  果  努  入  目        で  の  
     蠻  あ  作        ひ  や  あ   ┐ あ   ゜ じ  を  力  れ  的        あ  は  
    └   り  つ       └   り  る  お  る   ┐ ょ  い  を  る  に        る   ` 
     の   ` て        か  方  の  ほ   ゜ ナ  う  ふ  せ  と  沿         ゜ 本  
                     ゜                    ゜                      

  の  く  乾  に     ○     間  う  戸   ┐    ○     と  ャ  ん  と     ○     
  か  な  電  な  自  に     を  つ  は  泥  細  に     い  を └   い  カ  な     
  知  つ  池  つ  轉  こ     拭  す  開  垢  か  こ     ふ  指  と  ふ  ボ  ん     
  ら  た  式  た  車  に     く  ら  け └   い        こ  す  い  て  チ  ば     
  な   ゜ の   ` の  こ     の  と  放  の  泥  に     と  の  つ  ゐ  ャ  ん     
  い  な  ラ  蝋  前        は  に  し  音  の  こ     か  か  て  た   ゜       
   ゜ ぜ  ン  燭  に         ` こ  だ ┌┐ や  ぼ      ゜ 判  ゐ  が  自        
      ┐ プ  を  着        子  ぼ  つ  ニ  う  こ        ら  た   ` 分        
     に  が  使  け        供  こ  た  |  な  り        な   ゜ 近  の        
     こ  普  ふ  る        の  り  の  ク  ほ           い  違  所  家        
     に  及  小   `       仕  で  で └┘ こ            ゜ ふ  の  で        
     こ  し  さ  前        事   `  ` か  り            ┐ 種  人  は        
    └   て  な  が        だ  毎  夕  ら   ゜          南  類  は   ┐       
     と  使  カ  ガ        つ  日  方  か  漢           蠻  の   ┐ カ        
     い  は  ン  ラ        た   ` に   ゜ 語          └   カ  な  ボ        
     ふ  れ  テ  ス         ゜ 板  は  家  の           の  ボ  ん  チ        
     た  な  ラ  戸           の   ` の              瓜  チ  ば  ャ        
            ゜                                          └         

     ○     は  と     ○     重  と     ○     買  さ  で  桂  れ     ○     
  掻  ね      ┐  ゜ 煮  ね     ね  き  ぶ  に     ふ  や  栓  味  て  瓢  に     
  き  こ     寝   ┐ た  ぐ     て  は  お  つ     た  ん  を  の   ` 箪  つ     
  餅        腐  煮  物  さ     言   ┐ ん  す      ゜ と  し  甘  赤  の  き     
  を        る  腐  が  る     ふ  ニ  な  い        こ  て  い  や  形  す     
  作       └   る  傷         ゜ ッ  の          └   あ  水   ` を  い     
  る        と └   ん           ス  顔           と  つ  の  青  し        
  の        い  と  で           イ  立           言  た  飲  や  た        
  に        ふ  い  食           ニ  ち           つ   ゜ み   ` 小        
   `       こ  ふ  べ           ッ  を           て  ご  物  黄  さ        
  餅        と  こ  ら           ス  言           ゐ  く   ゜ の  な        
  を        か  と  れ           イ  ふ           た  幼  小  色  ガ        
  搗         ゜ か  な           顔   ゜          辻  い  さ  を  ラ        
  い            ゜ く          └   強           本  頃  な  着  ス        
  て           あ  な           な  調           商   ` コ  け  瓶        
   `          る  る           ど  す           店   ┐ ル  た  に        
  大           い  こ           と  る           で  あ  ク  肉  容        
                                                                 

  え  が  |  の  |     ○     い  背  ね  い  が     と  握  が  に  て  言  き  
  て  惡  パ   ゜ ブ  自  ノ     た  中  こ └    ` ま  も  つ  あ  ぎ  言  つ  な  
  ゐ  い  ン   ┐ で  轉  |     こ  に  を  こ  こ  た  思  た  る  り  ふ  た  細  
  る └  └   パ  は  車  パ     と  あ  抱  と  れ   ┐ ふ  も  と  の  の   ゜ 長  
   ゜ と   ゜ ン  な  の  ン     が  か  い  か  は  抱   ゜ の  の  こ  か  童  い  
  パ   ` 家  ク  く  タ        あ  ぎ  て  ら   ┐ へ     な  話  と  と  の  塊  
  ン  ス  に └   堅  イ        る  れ  博  く  猫  火     の  を  を  思  頃  に  
  ツ  ポ  あ  の  い  ヤ         ゜ が  打  る  を  鉢     で  聴   ┐ つ  は  し  
  を  ン  つ  恐  ス  の           で  を  か  抱 └       ┐ い  に  て   ` た  
  穿  ジ  た  れ  ポ  中           き  し   ゜ き  を     ね  て  ん  ゐ  そ  も  
  か  を  が  が  ン  に           た  て   ┐ か   ┐    こ  か  に  た  の  の  
  な  抜   ` 無  ジ   `         └    ` 新  か  ね    └   ら  こ  が  姿  を  
  い  い  父  い  を  空           と  腹  町  へ  こ     と  は └    ` を   ┐ 
  こ  た  が  の  入  氣           の  に  の  る └      言   ` と  紀  猫  ね  
  と  の   ┐ で  れ  の           話  火  河  と  と     ふ  大  言  州  に  こ  
  は  を  具   ┐ た  チ           を  だ  原  暖  言     の  き  ふ  で  例 └   
     憶  合  ノ  も  ュ           聞  こ  で  か  ふ     か  く  所  お  え  と  
                                 `                               

  見     ○      ┐ か  方  餅   ┐ 堅  火  く     ○     か  り     ○      ┐ 
  え  無  は     齒  ら  も  を  か  く  鉢  ら  正  は      ゜ も  川  は     ふ  
  る  花  が     堅   ┐ あ  砕  た  乾  で  い  月  が        細  の  い     る  
  や  果  む     め  は  る  い  や  燥  焼  ひ  の  た        い  魚        ち  
  う  が       └   が  ら  た  き  さ  い  の  鏡  め        身  で        ん  
  に  み         ゜ た  し  物 └   せ  て  餅  餅           の  白       └   
  な  の           め  い  を  と  て  食  を  の           も  い        と  
  る  る          └   が   ┐ 同  痛  べ  堅  や           の  ふ        言  
   ゜ と           と   ` は  じ  み  た  く  う            ゜ つ        つ  
  そ   `          し  我  が  發  に   ゜ 乾  な            ┐ く        た  
  の  割           て  が  た  想  く  と  燥  形           は  ら         ゜ 
  や  れ           作  家  め  か  く  に  さ  で           や  と           
  う  て           つ  で └    ゜ し  か  せ   `         └   し           
  な   `          て  は  と  正  た  く  た  一           と  た           
  状  中           ゐ   ` い  月  の  堅  も  寸           い   `          
  態  身           た  最  ふ  の  は  い  の  五           ふ  鮒           
  を  が            ゜ 初  地  鏡   `  ゜  ゜ 分           魚  よ           
                                                                 

  ひ     ○     つ  は  じ   ┐ 醫     こ  は  と  ど   ┐    ○     方  て   ┐ 
  が  大  は     て  同  な  い  者  東  い  し  言  が  あ  何  は     か   ┐ は  
  す  山  じ     ゐ  宿  か  が  に  京 └   か  ふ  い  の  か  し      ゜ 唇  が  
  る  椒  つ     た  の  つ  ら   ┐ で  と  い   ゜ が  子  が  か        が  ん  
  の  魚  く      ゜ 人  た  つ  の  喉  い └    ┐ ら  は  す  い        開  で  
  で  の  ひ        が   ゜ ぽ  ど  に  ふ  な  背  つ  は  ば           い  ゐ  
   ┐ こ            ┐ と  い  が  ポ  言  ど  中  ぽ  し  や           た  る  
  は  と           の  こ └   は  リ  ひ  と  に  い  か  く           や └   
  じ   ゜          ど  ろ  と  し  |  方  も  も  時  い  動           う  と  
  か  は           が  が  言  か  ブ  と  言  み  に └   き           す  言  
  み  じ           は   ` ひ  い  が  同  ふ  ぬ   ┐ な  回          └   つ  
  う  か           し  能  直 └   出  じ   ゜ か  喉  ど  る           か  た  
  を  み           か  登  さ  と  來  語   ┐ が  が  と  や           ら   ゜ 
 └   に           い  の  ね  言  た  源  す  這  は  言  う           く  歯  
  と  似          └   輪  ば  つ  時  か  ば  入  し  ふ  な           る  が  
  い  た           と  島   ` た  に   ゜ し  り  か   ゜ 感           言  み  
  ふ  匂           言  で  通  が   `    つ   ` い  の  じ           ひ  し  
                           `            └       ゜                

     言     ○     る     ○     日  ゃ   ┐  ┐ 合   ┐    ○     に  か  ら  
     つ  凧  は     と  食  は      ` い  こ  氣  ふ  桶  桶  は     多  み  し  
     た  を  た     こ  べ  し     溝  で  の  持  こ  が  が  し     い  喰  い  
      ゜ 揚        ろ  物  り     川  し  桶  の  と  は  乾  ゃ     と  ひ   ゜ 
        げ         ゜ の        に  も   ` た  も  し  燥  ぐ     い └    ┐ 
        る           調        浸  て  長  が   ┐ ゃ  し        ふ  と  は  
        事           理        け   ` い  が  は  ぐ  過        が  い  じ  
        を           を        と  水  こ  緩  し └   ぎ         ` ふ  つ  
         ┐          す        こ  が  と  ん  ゃ  と  て        前  こ  く  
        は           る        か  漏  使  で  ぐ  い  た        の  と  ひ  
        た           所       └   つ  は  ゐ └   ふ  が        川  か └   
        を            ゜       な  て  ん  る  と   ゜ が        に   ゜ と  
        あ           流        ど  る  だ └   い  大  緩        も  赤  は  
        げ           し        と  わ  ら  か  ふ  聲  ん        ゐ  目   ` 
        る           臺        い   ゜  ` ら  の  で  だ        た  瀧   ┐ 
       └            の        ふ  二  は  か  も  騒  と         ゜ の  は  
        と           あ         ゜ 三  し   ゜  ` ぎ  き           川  じ  
                                                `                

  が  る  は   ┐    ○     ね  は   ゜ れ     ○     た  る  に  た  單     ○  
  省 └   あ  蠅  煮  は     て   ┐ 漢  る  糞  ば     ば  時  風  幼  な  自  ば  
  略  が  ひ  入  物  ひ      ┐ 尸  語 └    ゜ ば     た  に  船  児  オ  轉  た  
  さ   ┐└┘ ら  な  ら     く └   の  な   ┐       や   ┐ が  言  |  車  ば  
  れ  は └   ず  ど  ず     そ  に   ┐ ど  ば       └   バ  こ  葉  ト  に  た  
  て  ひ  が └   を       └    ┐ バ  言  ば        と  リ  す  か  バ  原     
   ` る   ┐ の  保        の  巴  |  ふ  を        言  バ  れ   ゜ イ  動     
   ┐└   か  こ  存        意 └   バ   ゜ す        つ  リ  る  自   ゜ 機     
  蠅  に  は  と  す        味  を └   幼  る        て └   や  轉  走  を     
 ┌┐ な  ひ  か  る        に  書  と  児 └         遊  音  う  車  る  つ     
  は  る └    ゜ 網        な  く  同  言  と        ん  が  に  の  と  け     
  ひ  や  に   ┐ 戸        る  文  じ  葉  か        だ  す  着  車  き  た     
 └┘ う   ` 川  で         ゜ 字  か  は   ┐        ゜ る  け  輪  の  だ     
 └   に   ┐ 合  圍           を   ゜  ┐ ば           の  る  が  音  け     
   ┐  ` 這  ひ  ん           二  漢  う  ば           で  と  廻  か  の     
  入  母  ひ ┌┐ だ           つ  語  ん  を            ┐  ` る  ら   `    
  ら  音  入  か  棚           連  で  こ  た           ば  走  時  來  簡     
               ゜               └                                 

     現  並  表  む   ┐ た  ち  お     ○     と  に  人  か   ┐    ○     ず  
      ゜ ん  現 └   ど  分  た  な  食  腹     が   ┐ が   ゜ ま  へ  は    └   
        で  し  と  こ  は  の  か  事  の     あ  は  ゐ  童  む  び  み     が  
         ` た  い  か  眼  で  に  を  皮     る  み  た  の  し  の         ┐ 
        伊  も  ふ  が  に   ┐ 物  濟  が      ゜ を   ゜ 頃 └   仲        は  
        賀  の   ` つ  現  腹  が  ま  張        獲  幼  に  を  間        ひ  
        人   ゜ 素  つ  れ  の  這  せ  つ        る  い  は  言  の        ら  
        の   ┐ 朴  張  て  皮  入  て  た        人  時   ┐ ふ  う        ず  
        ゆ  背  な  る  た  が  り  眠  ら        が   ` は   ゜ ち       └   
        と  中  平  と  る  張   ` く   `       ゐ  鳶  み   ┐  `       と  
        り  の  衡   ` む  る  腹  な  眼        る  が └   は  人        な  
        の  皮  感  ど  こ └   が  る  の       └   鳴  を  む  に        る  
        あ  が  覺  こ  と   ゜ 充  こ  皮        と  い  專 └   噛         ゜ 
        る  短  を  か  に  そ  足  と  た        聞  て  門  こ  み           
        感  い  愉  が  な  の  感  を  る        い  ゐ  に  と  つ           
        覺 └   快  た  る  伸  に  言  む        た  る  獲  か  く           
        表  と  に  る   ゜ び  滿  ふ           こ  時  る  ら              
                              ゜                                  

  の     ○     だ  の     ○     こ  管     ○     な  付  程  は  人     ○  
  人  頭  ひ     い  を  女  ひ     に  へ  食  ひ     ど  け  度  ん  の  人  は  
  差  の  だ     ぶ   ┐ 性  し     這  這  べ  こ      ゜ る  が   ` 名  の  ん  
  し  働  り     ひ  ひ  が  る     入  入  物  に         ゜ 下  や  に  名     
  指  き  ま     し  し  興        つ  り  を  這         ┐ が  ん  付  に     
  で  が  き     つ  る  奮        た   ` 呑  入        お  る   ` け  付     
  自  ま        て └   し       └   む  み  る        か   ゜ ち  る  け     
  分  と        ゐ  と  て        と  せ  込           い  物  ゃ  丁  て     
  の  も        た  言  高        い  込  ん           さ  の  ん  寧   `    
  頭  で       └   ふ  い        ふ  ん  だ           ん  名 └   語  丁     
  の  な        な   ゜ 聲         ゜ だ  時            ` に  の  は  寧     
  横  い        ど   ┐ で           時  に           お  も  順   ┐ な     
  で  さ        と  あ  言           な   `          く  擬  に  さ  表     
  輪  ま        言  の  ひ           ど  脇           ど  人  丁  ま  現     
  を   ゜       ふ  人  散           に  道           は  化  寧   ` に     
  描  右         ゜ は  ら            ┐ の           ん  し  さ  さ  す     
  い  手            ` す           ひ  氣          └   て  の  ん  る     
                                                         `  ゜    

   ┐ う  を   ┐    ○        ○     前   ┐ ま     ○     り  も  が  る  て  
  あ  り  失  寝  日  ひ     も  ひ    └   ひ  し  物  ひ      ` の   ┐ い  言  
  そ  は  ふ  る  が  ね     の  だ     と  だ  く  事  だ     違  か  ま  は  ふ  
  こ  ひ  て └   た        た  る     書  り  な  が  り     ふ   ゜ と   `  ゜ 
  の  ね  ゐ  こ  ち        り  い     く └   い  思  ま     の  幼  も   ┐  ┐ 
  娘  て  る  と   `       な        か  を  状  ふ  へ     か  い  で  右  ひ  
  も  黄  状  か  歳        い         ゜  ┐ 態  ま        と  頃  な └   だ  
  ち  色  態   ゜ を         ゜          左   ゜ ま        思   ` い  が  り  
  ょ  う  を  野  と                   └    ┐ に        つ  頭 └    ┐ ま  
  つ  な  も  菜  る                    と  ひ  進        て  の  と  ま  へ  
  と  つ  言  な  こ                    混  だ  ま        ゐ  つ  の  と └   
  ひ  て  ふ  ど  と                    同  る  な        た  む  觀  も  の  
  ね  る   ゜ の   ゜                   し  い  い         ゜ じ  念 └   訛  
  て  わ   ┐ 穫   ┐                   て └   こ           が  か  で  り  
  來 └   こ  る  日                     ` 状  と           人  ら   ` か  
  た  と  の  時 └                      ┐ 態   ゜          に  く   ┐  ゜ 
  な  か  き  期  を                    左   ゜ 好           よ  る  左  あ  
      `                                                   └      

  石  は  の   ┐ ん  餌     ○     ゐ  歪  眼  の     ○     夕     ○     あ  
  を  布  蛹  も  づ  を  魚  び     る  み └   眼  左  ひ     方   ┐ ひ    └   
  付  を  や  ん  け  入  を  ん      ゜ や  の  を  右  ん     で  晝  る     な  
  け  當  米  ど  を  れ  獲  づ        不  こ  言  の  が     も  の  の     ど  
  て  て  糠  り  す  て  る  け        揃  と  ふ  目  ら     な  日  ひ     と  
   ` て  を  駕  る  川  た           ひ  か   ゜ の  め     い  な  な     言  
  川  紐  煎  籠 └   の  め           を   ゜  ┐ 向         ` か  か     ふ  
  底  で  つ └   と  中  の           強   ┐ ひ  き        晝 └          ゜ 
  に  縛  た  と  言  へ  仕           調  ン  が  が        間  で           
  沈  る  も  同  つ  沈  掛           す └   み  揃        を   `          
  め   ゜ の  じ  た  め  け           る  の  眼  は        強  夜           
  て  紐  を  で   ゜ る  の           感  音 └   な        調  で           
  お  で  入   ` 仕  こ  ガ           じ  を   ` い        し  も           
  く  縛  れ  餌  掛  と  ラ           を  挾   ┐ あ        た   `          
   ゜ り  て  に  け  を  ス           強  ん  い  り        言  朝           
      `  ` は  は   ┐ 瓶           め  で  が  さ        ひ  で           
     重  尻  蚕     び  に           て   ` み  ま        方  も           
                                                   ゜  `          

                                   源  曲     ○     た  か  蒸  今     
                                   で  げ   ┐ ひ    └   く  し  の  鬢  
                                    ┐ る  ひ  ん     と  な  た  チ  つ  
                                   ひ   ゜ ん  ね     言  つ  時  ッ  け  
                                   ね   ┐ ね  し     つ  た  に  ク  油  
                                   り  捻  し        た  の   ` や   ゜ 
                                   し  る  を         ゜ を  透  ポ  髪  
                                  └  ┌┐ お            ┐ 明  マ  の  
                                   か  ひ  こ           び  感  |  形  
                                    ゜ ね  す           ん  の  ド  を  
                                      る └            づ  あ  の  作  
                                     └┘ と           け  る  類  る  
                                     └   い           い  黄   ゜ た  
                                      と  ふ           も  色  薩  め  
                                      同   ゜          に  に  摩  の  
                                      じ  臍           な  柔  薯  油  
                                      語  を           つ  ら  を   ` 
                                                                 

伊賀國ふるさとはなし書き込み帳 伊賀國の玄關頁へ
名張言葉 - あ〜か  き〜こ  さ〜た  ふ〜ん・上野言葉
この網上葉の經過
○平成二十九年一月七日、「ながいこと」を追記。
○平成二十五年十一月十六日、「どぼん釣り」を追記。
○平成二十五年五月十二日、「づつない」に追記。電子飛脚の宛先を變更。
○平成二十四年一月三十日、「ひんがらめ」を追記。
○平成二十三年四月五日、「できもの」を追記。
○平成二十二年三月三日、字句訂正。
○平成二十二年正月二十日、更新。
○平成二十年九月十七日、字句訂正。
○平成十九年五月二日、九月十五日、更新。
○平成十七年五月十八日、増補。
○平成十五年拾一月十二日、増補。
○平成十五年拾月十七日、電子飛脚の宛先を更新。
○平成十五年二月三日、四月十五日、更新。
○平成十五年正月二十四日、「伊賀國ふるさとはなし書き込み帳」を設置。
○平成十五年正月十二日、「名張言葉 - ち〜ひ」として再構成。
○平成十四年十二月二十二日、「名張言葉 - な〜を」として再構成。
○平成十四年十二月十日、追補を記入。
○平成十四年十二月八日、増補。
○平成十四年十二月二日、誤字訂正。
○平成十四年十二月朔日、掲載。
御意見、御感想をお寄せ下さい。電子飛脚は、各ページの著作権者名またはこの★を押してお送り下さい。(電子飛脚のソフトが立ち上がつたら、宛先から「ひらかな」を消して下さい。)
★ 御 注 意 ★
  この網上葉(ページ)およびここから繋がる『伊賀國』に所屬する網上頁および網上葉(ページ)の著作權は下記に記した者が保有してゐます。これらの内容を閲覧するために、網際(インターネット)上から自分の機械へ電氣信號(データ)を取り込んで展開すること、ならびにその情報(データ)を網際通信(インターネット)を切斷して閲覧するために保存することは出來ますが、それ以外のいかなる複製・複冩・印字・譲渡・貸與行爲をも禁止致します。ご利用の際は事前にお申し込み下さい。
  ○引き紐を着けること(リンク)は御自由です。

著作權者    東川吉嗣(電子飛脚のソフトが立ち上がつたら、宛先から「ひらかな」を消して下さい。)  平成十四年、乃至平成二十九年
CopyRight © 2002 - 2017  Higasikawa Yositugu