×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  Edyパラダイスでポイントを貯めよう!

いがのくにふるさとはなし

伊 賀 國

言葉の思ひ出 - き〜こ

東川吉嗣


伊賀國の玄關頁へ
名張言葉 - あ〜か  さ〜た  ち〜ひ  ふ〜ん・上野言葉
名張言葉 - き〜こ

○キのことば - きしょく きづつない ぎゆんた 行儀わるい 行者さん きりこ 金看板持ち
○クのことば - くさ くすべる くすりゆび くちなは くべる くまし くみがしら
○ケのことば - けきよ けづりこ けつと けつまづく けとばし げな けなりい けんけん けんずい けんたい
○コのことば - こうじぶた 弘法さんの土手 こぐちから ごくど こすい こち こつとん ごつとん こつぱ こば こまかい ごめんなして ころつと ごんご ごんごだけ



  な  に  で  石  が     ○    └   今  う  こ     ○     と  つ  り  と  た  家   ┐ は     ○  
  る  刺  良  と  あ  ぎ  ぎ        年  に  と  氣  き     い  て  掃  か  け  で  き   ┐ 氣  き  
   ゜ さ  く  針  り  ぎ  ゆ        も  よ   ゜ 持  づ     ふ  て  除   ` ど   ` し  き  持  し  
     れ  釣  を   ` 魚  ん        落  る   ┐ や  つ      ゜ も  し   ┐  ` ま  ょ  し  の  ょ  
     る  れ  着  ギ   ゜ た        第  場  づ  心  な         ` て  檜  ほ  っ  く  ょ  あ  く  
     と  た  け  ギ  鯰           し  合  つ  の  い        き  な  か  ん  さ  え  く  り     
     痛   ゜ て  と  に           て  に  な  あ           し  い  何  ま  ら  え  惡  や     
     い  鯰   ` 啼  似           し  使  い  り           ょ  み  か  に  の └   い  う     
      ゜ と  蚯  く  た           も  ふ └   や           く  た  知  き  お  と └   を     
     死  同  蚓   ゜ 形           て   ゜ が  う           惡  い  ら  し  風  い  で  指     
     ぬ  じ  を  白  の            `  ┐  ┐ で           か  で  ん  ょ  呂  ふ   ` す     
     と  味  餌  い  魚           き  う  氣   ┐          っ   ` け  く  に   ゜ 好   ゜    
     肌  で  に  木  で           づ  ち └   頭           た  湯  ど  よ  入   ┐ ま  不     
     が  旨  し  棉   `          つ  の  の  が           わ  船   ` か  れ  新  し  愉     
     黄  い  て  糸  鰭           な  子  あ  痛          └   に  あ  っ  て  築  い  快     
     色   ゜  ` に  に           い  は  り  い           な  漬  ん  た  も  し  時  な     
     く  棘  川  重  棘           わ   ` や └            ど  か  ま  わ  ろ  た  は  時     
                              ゜                           └                  

  時  の ┌┐ 然   ┐ 決   ┐ 金   ┐ ら     ○     ら     ○     の     ○     通     ○     
  代  第  昭  し  禁  を  金  文  酒 └   前  金      ` 賽  き     祠  坊  行     常  性  行     
  に  18  和   `└   受  看  字  屋  な  科  看     煎  子  り      ゜ 垣  者     の  的  儀     
  は  7   十  三  の  け  板  の  な  ど  者  板     り  の  こ        の  さ     行  な  わ     
  す  ペ  八  田  こ  て  持  立  ど  と   ゜ 持     あ  や           一  ん     儀  規  る     
  で  |  年  村  と   ` ち  派  に  言   ┐ ち     げ  う           宮        作  範  い     
  に  ジ   ` 鳶  だ  禁 └   な  懸  ふ  あ        た  に           神        法  意        
   ┐ に  株  魚  と  治  の  看  け   ゜ い        も  切           社        の  識        
  金  次  式  著  聽  産   ┐ 板  て   ┐ つ        の  つ           の        出  が        
  看  の  會   ┓ い  者  キ  の  あ  金  は         ゜ た           横        來  乏        
  板  文  社  江  た  に  ン  こ  つ  看  金         ┐ 餅           に        な  し        
 └   章  大  戸  こ  な └   と  た  板  看        切  を           祀        い  い        
  と  あ  東  ば  と  る  は   ゜  `└   板        り  乾           る        こ  さ        
  い  り  出  な  が  こ   ` 幼  黒  と  持        子  燥           役        と  ま        
  ふ   ` 版  し  あ  と  有  い  塗  は  ち       └   し           の        も   ゜       
  言  江  社  其  る  の  罪  頃  り   ` や        か  て           行        さ  勿        
  葉  戸 └┘ 二   ゜    判   ` に     か         ゜ か           者        す  論        
          ┗                                                       ゜  `       

  の  蚊  を     ○     サ ┌┐ 臭  治     ○     れ  旋  大  は  で  金  吉  か   ┐ を  明  が  
  を  を  積  薪  く    └   か  い  ら  皮  く     る  も  勢   ` せ  看  三  と     三  和  あ  
   ┐ 追  ん  な  す     と  さ  か  ず  膚  さ      ゜ し  人  武  う  板  郎  云  そ  分  の  つ  
  か  ふ  で  ど  べ     語 └┘ ら  に  に       └   ま  間  家   ゜ と  な  ひ  れ  類  こ  た  
  く  た   ` を  る     源  ね   ゜ 膿  で           す  を  奉  金  い  ん  ま  で  し  ろ  こ  
  す  め  煙  澤        は └   東  が  き           か  家  公  看  ふ  て  す  は  た  の  と  
  べ  に  を  山        同  を  京  で  た           ら  に  人  板  の  い  と  中  中  通  が  
 └   生  多  つ        じ  治  谷  き   ┐           ` 置  の  甚  は  ふ   ` 等  の  り  判  
  と  葉  く  ん        か  す  中  た  で           そ  い  口  九  有  の  金  の  説  者  る  
  い  な  出  で         ゜ と  の  状  き           の  て  入  郎  名  が  看  部  明  と   ゜ 
  ふ  ど  す   `          い  笠  態  も           方  も  を  な  な  代  板  類  で  い  引  
  た  で  こ  あ           ふ  森  を  の           の  ゐ  し  ん  人  表  甚  は  あ  は  用  
   ゜ 煙  と  る           場  稲  い └            手  ま  て  て  と  的  九  ど  る  れ  文  
     を   ゜ い           合  荷  ふ  や           數  す  ゐ  い  い  な  郎  ん   ゜ た  は  
     立  い  は           の  は   ゜  `          料  し  た  ふ  ふ  も   ` な     男  江  
     て  ぶ  生            ┐  ┐ 膿  疵           が   ` の  連  意  の  お  も     伊  戸  
     る  す  葉           カ  瘡  の  が           取  周  で  中  味  で  坊  の     達  の  
         ゜                                         `        `                

  げ  老   ┐ の  を  落     ○      ┐ 火     ○     こ     ○     と   ┐ と  と     ○     
  さ  廃  う  隅  混  ち  畑  く     く  を  薪  く     と  へ  く     言  お  は   ゜ 手  く     
  せ  物  ま  に  ぜ  葉  の  ま     べ  強  を  べ     か  び  ち     ふ  や   ┐  ┐ の  す     
  る  の  し  作  て  な  肥  し     る  う  燃  る      ゜ の  な      ゜ ゆ  た  丈   ┐ り     
 └   中 └   つ  積  ど  や        と  せ  や           こ  は        び  か  高  藥  ゆ     
  仕  か  の  て  み  を  し        こ  ん  す           と            ` た  指  師  び     
  組  ら  訛  あ  上  腐  に        ろ  と   ゜           ゜          ひ  か ┌┐ 指        
  み   ┐ り  つ  げ  敗  す       └   あ   ┐           ┐          と  ゆ  た ┌┐       
  ゆ  肥  か  た  た  醗  る        は  か  初           口           さ  び  け  く        
  え  や   ゜  ゜ も  酵  た         ┐ ん  め           の           し └   た  す        
  に  し  あ   ┐ の  さ  め        く   ゜ に           着           ゆ  と  か  し        
   ┐└   る  熟   ゜ せ  に        ど └   ど           い           び  言  ゆ  ゆ        
  く  を  い  ま  家  る   `      └   な  つ           た            ` ふ  び  び        
  ま   ┐ は  し  の  た  生         ゜ ど  と           縄           こ   ゜└┘└┘       
  し  汲   `└   裏  め  ご           と  く          └            ゆ  外 └  └         
 └   み  土  の  の  に  み           言  べ           と           び  は  の  の        
  か  上  や     畑  土  や           ふ  て           の          └    ` こ  こ        
   ゜                             ゜  `                                        

     ○     辨  粉     ○      ┐ な  と  飾  ベ     ○     あ  垣  が  と  織  自     ○     
  い  け     當 └   鰹  け     吉  ぞ  言  り  ッ  名  け     る  に  葬  言  を  治  近  く     
  つ  つ     の   ゜ 節  づ     兆  ら  ふ └   サ  張  き      ゜ は  儀  ふ  組  活  所  み     
  も  と     飯   ┐ な  り    └   え   ゜ で  ン  の  よ         ┐ を   ゜ と  動  同  が     
   ゜       の  け  ど  こ     の  た  樣   `└   鍛           一  指  組  言  を  士  し     
  ど        上  づ  を        訛  小  々   ┐ で  冶           の  揮  内  ひ  す  で  ら     
  ん        に  り  鉋        り  物  な  ケ  賣  町           組  し  に   ` る  回        
  な        載  こ  で         ゜ を   ` キ  つ  の          └   て  死  そ  組  覧        
  時        せ └   削           澤  め  ョ  て  蛭           か  万  者  の  の  板        
  も        た  に  つ           山  で └   ゐ  子           ら  端  が  長  代  な        
   ゜       り  醤  た           ぶ  た  と  る  神            ┐ を  出  を  表  ど        
   ┐       し  油  も           ら  い  か  縁  社           三  執  た  頭   ゜ を        
  あ        た  を  の           下  品   ┐ 起  の           の  り  時 ┌┐ 町  回        
  の         ゜ 滴   ゜          げ  物  ケ  物  祭           組  行  は  か  内  は        
  子           ら   ┐          た  の  ッ   ┐ り          └   ふ   ` し  會  し        
  は           し  削           も  形  キ  吉   ┐          ま   ゜ 組  ら  の  た        
  け           て  り           の  を  ョ  兆  エ           で  坊  頭 └┘ 組  り        
                              ゜   └                                  `       

  語  し  を   ┐ そ     ○     た  ロ  幼     ○     は  で  方  つ  こ   ┐    ○     と  つ  
  の  た   ` や  う  傳  げ      ゜ リ  い   ┐ け     足   `  ゜ ま  と  つ  歩  け      ゜ と  
   ┐ ん   ┐ げ  な  聞  な     今  と  頃  け  と     の  正   ┐ づ   ゜ ま  い  つ     必   ` 
  ゲ  や  吉  な └   を        で  抜  に  と  ば     裏  常  つ  い  足  づ  て  ま     ず  そ  
  ン  げ  嗣 └    ゜ 示        も  け  は  ば  し     の  な  ま  た  の  く  ゐ  づ     と  ん  
 └   な  さ  と  斷  す        半  る   ┐ し        み  歩  づ   ` 先 └   る  く     い  な  
  と └   ん  な  定  時        分  の  蹴  大         ゜ き  く  と  で  こ  時        ふ  こ  
  い  な  は  る  の  の        さ  で  り  根           方 └   い  何  と  に         ┐ と  
  ふ  ど   `  ゜  ┐ 言        う  言  飛 └            な  は  ふ  か   ゜ 足        き  を  
  表  と  東  他  や  ひ        思  ふ  ば   ゜          ら   ┐ 經  障   ┐ の        つ  し  
  現  言  京  人 └   方        う  の  す  大            ` 爪  過  害  蹴  先        と  て  
  と  ふ  で  か  に   ゜       て  か └   き           大  が  を  物  り  を       └   た  
  共   ゜ 事  ら  續   ┐       ゐ  と  と  な           地  着  物  を   ` ひ        と  な  
  通  モ  業  聞  け  な        る  思  畑  蕪           に  く  語  蹴  つ  き        同  あ  
  か  ン  に  い  て  に         ゜ う  か  の           着 └   る  る  ま  か        じ └   
   ゜ ゴ  失  た   ` 何           て  ら  こ           く  こ  言  結  づ  け        か  な  
  噂  ル  敗  話     だ           ゐ  ポ  と           の  と  ひ  果  く  て         ゜ ど  
                                    ゜                     └                  

  に  こ     ●     ひ  の  ん  た  ぢ  で     ○     り  分  貰  り  こ  も     ○      ┐ 話  
  就  と  午  け     方  さ └   中  べ  動  片  け     が  で  ふ  が  の   ` う  け     げ  の  
  い  を  後  ん     か  ま  は  へ  た  く  足  ん     つ  は  た  る  感  齎  ら  な     な  こ  
  て  言  の  ず      ゜ を  雉  入  に   ゜ 跳  け     た  何  な └   情  さ  や  り     げ  と  
   ` ふ  仕  い         ` の  れ  置   ┐ び  ん     ら  も  あ  と  を  れ  ま  い     な  を  
  柳   ゜ 事           雉  鳴  る  い  け   ゜       あ  せ   ` い  表  た  し        話   ┐ 
  田   ┐ の           の  く └   た  ん  片        か  ん  け  ふ  に  い  い        は  げ  
  國  間  合           歩  聲  遊  石  け  足        ん  で  な   ゜ 出  時   ゜       嘘  な  
  男  炊  間           む  の  び  を  ん  を       └    ` り   ┐ だ  に  他        や  げ  
  は └   に           さ  こ  を  蹴  を  揚        な  他  い  あ  す  感  人        げ  な  
   ` の  輕           ま  と  し  つ  し  げ        ど  人  わ  ん  こ  じ  の        な  話  
   ┐ 訛  い           に  か  た  て  て  た        と  の └   た  と  る  幸       └  └   
  餅  り  食           見   ゜  ゜  `  ` ま        言  こ  と   ` を  氣  運        と  と  
  と  か  事           立  片   ┐ 輪  そ  ま        ふ  と  か  え   ` 持  が        言  言  
  臼   ゜ を           て  足  け  を  の  で         ゜ を   ` え   ┐ を  自        ふ  ひ  
  と  こ  す           た  跳  ん  描  足  跳           け   ┐ も  け  言  分         ゜  ` 
  擂  れ  る           言  び  け  い  で  ん           な  自  ん  な  ふ  に              
                                                            ゜                

   ┐ ろ  た  く  木     ○     お  本  ら  い     ○     株  男  地  限  の  言  葉  邊  の  鉢  
  す  げ └   ら  の  饅  こ     け  人  の └   誰  け     式  著  も  つ  日  葉  は  部  名 └   
  ず  る  よ  ひ  底  頭  う     ん  は  こ  と  も  ん     會   ┓ 多  て  に  ら   ` で  に  の  
  り  の  り   ` の  や  じ     た  隠  と  言  が  た     社  木  い   `  ` し   ┐ 使  つ  中  
  ぶ  に  も  長  淺  餅  ぶ     い  し  ば  ふ  知  い     創  棉   ゜ ケ  大  い  間  は  い  で  
  た  使  大  さ  い  な  た     や  て  ら   ゜ る        元  以 └   ン  工  と  食  れ  て   ` 
 └   ふ  き  二  長  ど        ん  る  し   ┐ 状        社  前  と  ズ  や  し └   る  述  常  
  は  蓋  い  尺  四  を        か  つ  い  け  態         ` の  書  イ  手   ` の   ┐ べ  の  
  塗 └    ゜ く  角  並       └   も   ゜ ん  の        第  事  い  又  傳   ┐ 呉  ケ   ` 食  
  り  と  酒  ら  の  べ        な  り   ┐ た  こ        一 ┗   て  は  に  中  音  ン  近  事  
  の  い  な  ひ  容  る        ど  か  あ  い  と        〇  昭  ゐ  ケ  給  國  で  ズ  畿  の  
  も  ふ  ど   ゜ れ  時         ゜ 知  の └   を        一  和  る  ン  與  九  寺  イ  地  間  
  の  こ  の   ┐ 物  に           ら  二  は   ┐       ペ  二   ゜ ジ  す  州  家 └   方  に  
  で  と   ┐ す   ゜ 使           ん  人   ` お        |  十 ┌┐ |  る  で  か  と  と  食  
   ` か  麹  ず  幅  ふ           け  の  古  け        ジ  二  柳  謂  酒  は  ら  い  そ  ふ  
  小   ゜ を  り  一   `          ど  仲  く  ん       └┘ 年  田  ふ  食  普  出  ふ  の  食  
  さ     ひ  ぶ  尺  素            ` は  か  た            ` 國  土  に  請  た  言  周  事  
                                 `                                           

  來  て  繋   ┐ 似  け     ○     で  ぐ  か     ○     る  た  こ  通  出 ┌┐    ○     い  
  や  ゐ  が  や  た  る  怠  ご    └   ち   ゜ ひ  こ     と   ゜ の  る  る  ド  坊  弘     が  
  す  て  る  く  言  こ  け  く     な  か   ┐ と  ぐ     の  こ  土  以  小  ザ  垣  法      ` 
  む  も  が  ざ  葉  と  者  ど     ど  ら  あ  つ  ち     こ  こ  手  前  道  カ  と  さ      ┐ 
  べ   `  ` を  に  を  を        と  一  つ  一  か     と  に  を  は  が └┘ 後  ん     こ  
  き  歳   ┐ す   ┐  ┐  ┐       い  つ  ち  つ  ら      ゜ 生   ┐ 前  あ  を  出  の     う  
  日  を  ご  る  や  ご  ご        ふ  ず  こ   `          え  弘  田  る  下  の  土     じ  
  に  取  く └   く  く  く         ゜ つ  つ  片           る  法  川   ゜ だ  間  手     ぶ  
  働  つ  ど  こ  ざ  ど  ど           片  ち  端           草  さ  の  こ  り  の        た  
  く  て └   と  を  を  も           付  手  か           は  ん  土  の   ` 地       └   
  こ  ゐ  は  は  す  す  ん           け  え  ら           す  の  手  小  そ  蔵        は  
  と  て   `  ┐ る  る └            た  着   ゜          べ  土  道  道  こ  さ        素  
  を  も  親  親 └  └   と           は  け   ┐          て  手  で  は  か  ん        木  
   ┐ 言  を  不  が  と  言           う  ん  戸           食 └   あ   ` ら  か        で  
  ご  ふ  亡  孝  あ  言  ふ           が  と  口           べ  と  つ  國  國  ら        大  
  く   ゜ く └   る  ふ   ゜          え   ` か           ら  い  た  道  道  土        き  
  ど  本  し  に  が   ゜ 怠           え  こ  ら           れ  ふ   ゜ が  へ  坂        い  
               `                     └                                     ゜ 

  ン  木  ト     ○     る  り  は     ○     聞  べ   ┐ そ  が  い  の  と     ○     に  の  
 └   製  ン  一  こ      ┐ す  變  自  こ     こ  る  こ  こ  小 └   使  似  他  こ     仕  節  
  と  の └   尺  つ     こ  る  人  分  ち     え  と  そ  そ  さ  人  ひ  た  人  す     へ  季  
  言  貯  と  位  と     ち   ゜ や  の        る   ` こ └   く  よ  分  意  よ  い     る  ば  
  ふ  金  言  の  ん     ら   ┐ さ  家         ゜  ┐ そ  の  感  り  け  味  り         ┐ た  
  て  箱  ふ  木       └   あ  か   `          さ └    ┐ じ  も  は   ゜ も        御  ら  
  ゐ  が  て  製        の  ち  い  家           ら  と  こ  る   ┐ 良   ┐ 巧        供  き  
  た  あ  ゐ  の         ┐ ら └   族           さ   ┐└   の  こ  く  こ  く        徒 └   
  か  り  た  錢        こ └   と  を           ら  さ  に  は  す  は  す  立       └   と  
   ゜  ` か  箱        ち   ┐  ` 指          └   ら  聞   ` い  判  い  ち        か  い  
  記  こ   ゜ が       └   そ  亭  す           の  さ  こ  聽 └   ら └   回         ゜ ふ  
  憶  れ  ま  あ         ゜ ち  主   ゜          方  ら  え  い  人  な  と  る            ゜ 
  は  も  た  り           ら  を   ┐          が └   る  た  の  い   ┐  ゜          語  
  不   ┐  `  `         └   非  こ           爽  を  か  音  方   ゜ さ   ┐          源  
  確  コ  小   ┐          に  難  ち           や  聽  ら  が  が   ┐ つ  さ           は  
  か  ッ  さ  コ           對  し  の           か  き  か   ┐ 人  さ  い  つ           神  
   ゜ ト  な  ッ           す  た  人           に  較   ゜ こ  間  つ └   い           佛  
                                                             └               

   ┐ の   ┐    ○     な     ○      ┐    ○     が  臼  確  ふ  て  の     ○     な  單  
  木  作  小  家  こ     ど  雄  ご     木  石  こ     家  だ  か  て  搗  先  ち  ご     い  な  
  場  業  場  の  ば     と  の  て     端  工  つ     で  と   ゜ ゐ  く  に  ん  つ      ゜ る  
 └   場 └   集        言  牛  う    └   の  ぱ     の  聞  こ  た  石  着  ば  と         ` 
  と  が  と  ま        ふ  を  し     か  作        幼  い  れ  や  臼  い  の  ん        わ  
  も  語  表  つ         ゜  ┐       ら  業        児  た  は  う  が  た  シ           が  
  書  源  記  た           ご        の  場        言  こ  昔  な  あ  杵  |           家  
  け  な  す  所           つ        轉  に        葉  と   ` 氣  り  を  ソ           で  
  る  ら  る   ゜          て        用  出        か  が  ニ  が   ` 脚  |           の  
  か  ば  や  集           う        か  來        も  あ  シ  す   ┐ で  の           幼  
   ゜  ┐ う  落           し         ゜ る        知  る  ン  る  ゴ  踏  や           児  
   ┐ 木  だ   ゜           `          石        れ   ゜ を  が  ッ  ん  う           言  
  坊  庭  が  漢           ご           の        な  單  搗   ` ト  で  な           葉  
  垣 └    ` 字           ん           か        い  な  く  記  ン  持   `          か  
  こ  と  山  で           て           け         ゜ る  た  憶 └   ち  長           も  
  ば  か  仕  は           う           ら            ` め  は  と  上  い           知  
 └      事              し            ゜          わ  の  不  言  げ  木           れ  
                      └                                                      

  の     ○     來  を  た  は     ○     や  迷  る     ○     良  規  金  し     ○     な  
  筒  墓  ご     た  盗  わ  父  す  こ    └   惑  こ  餘  ご     い  模  を  ぶ  細  こ     ど  
   ゜ 石  ん     し  ら   ゜ 兄  つ  ろ     と  を  と  所  め     印  が  貯  り  か  ま     と  
   ┐ の  ご     た  れ └   會  か  つ     言  掛  ば  の  ん     象  小  め   ゜ く  か     言  
  御  前         時  て   ` が  り  と     ふ  け   ゜ 家  な     の  さ  た   ┐ 氣  い     ふ  
  供  に  ご     に  し   ┐ あ   ゜        ゜ た   ┐ を  し     言  く └   あ  を         ゜ 
  具  刺  ん     使  も  こ  る  き           時  御  訪  て     ひ  な  な  の  使           
 ┌┐ し  ご     ふ  た  ろ  の  れ           は  免  ね        方  り  ど  人  ひ           
  ご  て  だ      ゜└   つ  に  い            ` く  た        で  が  と  は   `          
  く  花  け        な  と   ` さ            ┐ だ  時        は  ち  言  こ  支           
  ぐ  活           ど  騙  こ  つ           ご  さ  に        な  な  ふ  ま  出           
 └┘ け            ` さ  ろ  ぱ           め  い  玄        い  の   ゜ か  を           
 └   に           惡  れ  つ  り           ん └   關         ゜ で  生  い  抑           
  と  す           い  て  と   ゜          な   ゜ 口            ` 活  の  へ           
  い  る           結   ` 忘   ┐          し  他  で           あ  意  で  る           
  ふ   `          果  お  れ  け           て  人  發           ま  識   ` 暮           
  こ  竹           を  金  て  ふ           え  に  す           り  の  お  ら           
                                                                             

                                                                          と  
                                                                          か  
                                                                           ゜ 
                                                                             
                                                                             
                                                                             
                                                                             
                                                                             
                                                                             
                                                                             
                                                                             
                                                                             
                                                                             
                                                                             
                                                                             
                                                                             
                                                                             
                                                                             
◎「こうじぶた」について。
  阿波の言葉を紹介してゐる、とらじろうの方言談義で、伊賀の「こうじぶた」に相當するものが、阿波では「もろぶた」と言ふと紹介されてゐる。「もろぶた」の「もろ」は、麹を醗酵させた「もろみ」かもしれない。「もろぶた」と「こうじぶた」は、同じ論理でできた言葉である可能性が強い。(平成十八年八月十一日、追記。)
伊賀國ふるさとはなし書き込み帳 伊賀國の玄關頁へ
名張言葉 - あ〜か  さ〜た  ち〜ひ  ふ〜ん・上野言葉
この網上葉の經過
○平成二十八年八月二十三日、「けんずい」に追記。
○平成二十七年六月二日、電子飛脚の宛先を更新。
○平成二十四年一月三十日、「金看板」に追記。
○平成二十三年四月五日、「くさ」を追記。
○平成二十二年正月二十日、更新。
○平成二十二年正月七日、「げな」について追記。
○平成二十年九月十七日、字句訂正。
○平成十九年十二月十日、電子飛脚の宛先を更新。
○平成十九年五月二日、更新。
○平成十八年八月十一日、「こうじぶた」について追記。
○平成十六年五月六日、更新。
○平成十五年拾月十七日、電子飛脚の宛先を更新。
○平成十五年六月二十三日、更新。
○平成十五年二月三日、更新。
○平成十五年正月二十四日、「伊賀國ふるさとはなし書き込み帳」を設置。
○平成十五年正月二十三日増補。
○平成十五年正月十二日、「名張言葉 - き〜こ」として再構成。
○平成十四年十二月二十二日、「名張言葉 - あ〜こ」として再構成。
○平成十四年十二月十日、追補を記入。
○平成十四年十二月八日、増補。
○平成十四年十二月二日、誤字訂正。
○平成十四年十二月朔日、掲載。
御意見、御感想をお寄せ下さい。電子飛脚は、各ページの著作権者名またはこの★を押してお送り下さい。)(電子飛脚のソフトが立ち上がつたら、宛先から「ひらかな」を消して下さい。)
★ 御 注 意 ★
  この網上葉(ページ)およびここから繋がる『伊賀國』に所屬する網上頁および網上葉(ページ)の著作權は下記に記した者が保有してゐます。これらの内容を閲覧するために、網際(インターネット)上から自分の機械へ電氣信號(データ)を取り込んで展開すること、ならびにその情報(データ)を網際通信(インターネット)を切斷して閲覧するために保存することは出來ますが、それ以外のいかなる複製・複冩・印字・譲渡・貸與行爲をも禁止致します。ご利用の際は事前にお申し込み下さい。
  ○引き紐を着けること(リンク)は御自由です。

著作權者    東川吉嗣(電子飛脚のソフトが立ち上がつたら、宛先から「ひらかな」を消して下さい。)  平成十四年、乃至平成二十八年
CopyRight © 2002 - 2016 Higasikawa Yositugu