いがのくにふるさとはなし

伊賀國

言葉の思ひ出
ふ〜ん・上野言葉

東川吉嗣

伊賀國の玄關頁
あ〜か
き〜こ
さ〜た
ち〜ひ
名張言葉 - ふ〜ん・上野言葉

○フのことば - ふきぶり ふり ふる ぶんまはし
○ホのことば - ほかす ほたへる ほたるのおばちゃん ぼろきん ぼんがい ぼんのくぼ
○マのことば - ませる まち まつのまへ まとば まはり まんこ まんまんさん
○ミのことば - みこをかける みづつき みづや みりん
○ムのことば - むそくにん むねばたけ
○モのことば - もみ もんどり
○ヤのことば - や やいと やくざをする やなぎすい やはこい やん やんぺのはらいたむしわいた
○ヨのことば - ようけ よさり よつたり よつつ よばい よばれる よりあひ
○ミのことば - みづな
○ラのことば - ら
○ロのことば - ろつぽうせき
○ワのことば - わけする わたい わや わるき
○ヱのことば - ゑふ
○ヲのことば - ををけ
名張で使はない上野言葉
○おまん せやない わい


○ふきぶり
雨が強い風を伴ひ、降ること。吹き降り。「えらい吹き降りやけど、用事があるさかい、出掛けやな、しょうないなあ。」などと言ふ。
○ふり  ふる
ふんどしやパンツを穿かないやうす。童のころは、「ふるちんで川へ這入る」などと言ふた。「ふり」は江戸時代には既に使はれてゐた、古い言ひ方らしい。
○ぶんまはし
圓形を描く道具。いはゆる「コンパス」。「振り回す」ことからか。父は石工であつたので、墓石の家紋を描く時などに、竹で造つたぶんまはしで輪を描いてゐた。
●ほかす
物を捨てることを、「ほかす」といふ。自分の手元から離れたところへ置きさること。「そんな汚いもん、拾ふてきて。早よう、ほかし」などと言ふ。手元から離して、係はりを持たないでゐることを「ほつたらかす」いふが、これと關係がある言葉か。
○ほたへる
童などが家の中や、静かにすべき所で、大聲で騒ぎ立てたり、走り廻つたりする。「おひとはんがあるんやから、ほたえたらあかん」などといふ。
○ほたるのおばちゃん
光を出さないほたる。晝間、みかける。源氏螢くらひの大きさ。大きめで、光らないので、「螢の年寄り」との意味か。
○ぼろきん
廃品回収業のことを言ふた。子供心に「ぼろ布」と「金屬」の買ひ入れをするので言ふのかと思ふてゐたが、通稱「ぼろ金」といふ業者がゐて、選擧にも立候補したことがあつたとのこと。
○ぼんがい
坊垣小場。古くは「坊垣内(ボンカイド)」と言ふたらしい。役の行者を祀る「寺」の坊がある「垣内」と言ふことか。平尾山の裾の高臺であるカミヤシキ、その下のマヘダ、更にウシロデの土坂(ドザカ)から、今は消えて仕舞ふた「弘法さんの土手」から御座當さんを經て積田神社への道を境にした川筋のヘヤノカハラを含む一帯が坊垣域。
○ぼんのくぼ
頭の後ろの少し窪んだあたり。うなじの窪みをいふ。「うなじに煩惱が宿る」から「煩惱の窪」か。「二日酔ひには、ぼんのくぼを輕く叩いてやるとええ」などと言ふ。
○ませる
童でありながら、「大人びる」こと。子供同士での話で、性に纏はる話をすると、「ませてる」と言はれた。
○まち
名張の町なかへ行くことを「町へ行く」と言ふた。
○まつのまへ
夏見の箕輪小學校あたりの地名。箕輪小學校は松永屋敷の跡なので、「まつのまへ」の「松」は「松永屋敷」を指し、「松永の前」といふことか。
○まとば
鴻巣の池と夏見の川の間の高臺の畑地を「まとば」といふてゐた。現在、運動公園になつてゐる邊り。むかし、「的場」があつたか。
○まはり
準備のこと。手筈を整へることを「まわりをする」といふ。「明日の遠足のまはりをちゃんとしてから寝る」などと言ふ。何か事をなす場合、そのこと自體よりも、周りにある、やるべき事を先にすることが大切。
○まんこ
こがねむし。道ばたのいたどりの葉や、葛の葉によくゐた小柄の甲蟲。東京へ來たら「おめこ」のことを「おまんこ」と言ふのを聞いて、蟲に敬語を使ふてゐるやうに感じた。
○まんまんさん
神佛を祀る祭壇。「まんまんさんを拝む」などと言ふた。
○みこをかける
しびとの弔ひが濟んでから、神懸かりになる人を通して、しびと本人の意思を聽くこと。巫女(みこ)の手を掛けるといふことか。「だれ誰さんにみこをかけたら、足が冷とてかなわん、ちゅうてたんやげな。棺に入れてやる時に足袋を履かしてやるのを忘れたさかいや、ちゅうてたわ。」などといふ。人は死んでも、その存在は、生き殘つた我々の生活のすぐ隣に在り續けてゐるとの考へのよく判る風習である。
○みづつき
川の水が溢れて家の中へ水が這入ること。「おほみづ」。語源は、「水が衝く」よりも「水漬き」かと思はれる。「青蓮寺ダムができる前は、颱風や、ちゅうと、ようみづがついたわ。」
○みづや
食器戸棚。元來「水まはりの作業場」を指す「水屋」が、調理場の整頓家具を指すやうになつたものか。茶碗やお箸をみづやに仕舞ふておく。
○みりん
小さなガラス玉で、遠くから相手の玉に當てて遊ぶ。「ビー玉」。
○むそくにん
「無足人」と書く。「曾和も無足人やつた」などといふ。藤堂藩の伊賀領における家格制度。「無足」は「無報酬」のことで、藤堂家の伊賀入國以前の地侍や有力者を家臣扱ひで優遇して、戰時には出兵の義務を課した。「無足人講」といふ仲間組織があつたらしい。庄屋や町役は、無足人から選ばれた。幼い頃、「長瀬の羽後は無足人やつたから、おぢいさんは鳥羽伏見の戰ひに行つた」と、聽いた。
○むねばたけ
    我が家での畑の名。家には小さな畑をいくつか耕して、自家用の野菜や芋などを作つてゐた。屋敷内の家の裏にあつた畑は「うらのはたけ」、いま市役所のある邊りにあつた畑は「むねばたけ」、今は埋め立てられた鴻巣の池の端にあつた畑は「池のはた」。このうち、「むねばたけ」は、「高い所の畑」の意味。
○もみ
稲穂から米の實を外したもの。昔は稲穂を手で揉んで作業をしたためか。米を搗いて實から殻を外すと、「もみがら」が出來る。このもみがらを「もみぬか」といふ。米の實を搗いて實の芯の部分と外部とを篩ひ分ける。これを篩ひ分けたのが「すりぬか」。「ぬか」は「抜けた物」のことか。
○もんどり
「もんどりかご」。梅雨時や、夏の大雨の時、川へ流れ込む小川に竹駕籠造りの仕掛けを据えて、魚を獲つた。小川の水が駕籠を通り、駕籠の口から流れ出るやうに石を積んで細工をして、流れを遡る魚が駕籠に這入るやうにする。魚は中へ這入ると出られない。太さが七八寸、長さは三尺位の丸い筒の形で、口は返へしが付き、シリは、竹を編まずに仕掛ける時は、縄で縛り、魚を出すときに結びをほどく。餌は要らない。
○や
言葉の末につけて「なに何である」との言ひ方。「である」が「ぢゃ」、更に「や」となつたもの。「さうである」が「さうぢゃ」、「さうや」、「そや」、「せや」となる。
○やいと
灸。「焼き」に手法を示す「手」を重ねた「焼き手」の音便か。身體の「つぼ」と言はれる、特定の箇所に、蓬の葉を乾燥して手で揉んだもぐさ(揉み草)の小さい塊まりを載せて、線香で火を點ける。熱でつぼを刺激して身體の調子を調へる。「やいとを据える」とか「やいとをする」と言ふ。惡いことをした人に、痛い目に遭はせて懲らしめることを「やいとを据える」と言ふ。「あいつは、口で言ふても判らん奴や。一遍やいとを据えたらんとあかんな。」などと言ふ。祖父母が背中へやいとをしてゐた。
○やくざをする
大人がきちんとした考へも無しに遊び、金や時間を無駄に費やして、親に心配を掛けること。自分の甲斐性で遊んだり、親が既にゐない状況では「親に心配を掛けない」ので、「やくざをする」とは言はない。近い意味に「ごくど」がある。「あいつも若いときはヤクザをしたけど、いまはよう働いてえろうなつた」などといふ。「やくざ」の語源については、古くから札博打の目の出方で「八九三」の讀み方からくるとされてきた。しかし、八を「ヤ」と讀むのは大和言葉で、九三を「ク、サン」と讀むのは漢語で、八九三を「ヤクザ」と讀むのは不自然である。むしろ、「九八三」で「クヤミ」と讀むはうが自然であらう。しかし、「八九三」を「ヤクザ」と讀むのは、おそらくは、すでに忌むべき意味の言葉で「ヤクザ」といふものがあり、それを、博徒が、「一見して高い目になりさうでゐて、最低の目である八九三に當てはめたのであらう。假に「役座」などといふ言葉があつたとして、その特權的な存在でゐて役立たずなどの意味からの援用かも知れない。
○やなぎすい
柳の葉を少し太めにしたやうな形の深緑の魚。縦縞の濃い土色模樣あり。長さ二寸ほど。すこし癖のある味。
○やはこい
やはらかい。「やはらかくなる」ことを「やはこなる」と言ふ。赤子のことを「ややこ」といふのも、「やは」な「こ」であるからか。
○やん
呼び捨てにしない人の名につける。曾和佐次右衞門のことを「曾和のさじやん、名張のさじやん、伊賀のさじやん」などと言ふ。改まつた場では「曾和さん」である。人の名に付ける丁寧語「さま、さん、はん、やん、ちゃん」のうち、大人言葉では一番程度が低いもので、單に呼び捨てではないといふもの。近所の萬屋「辻本商店」のことを「あさやんとこ」といふてゐた。「ちょつと、あさやんとこで、石鹸買ふて來て。」などと言ふ。
○やんぺのはらいたむしわいた
遊びを途中で止める時に言ふた。「病み兵衞の腹痛、蟲湧いた」といふこと。「止める」と「病める」を兼けた言ひ方。
●ようけ
  「かづ」や「かさ」が多いさまを言ふ。「ようけここにあるさかい、好きなだけ、とつたらええわ」などと言ふ。規定量以上の物を示す、「餘計」が、「よ」の音に引かれて、「よおけい」となり、「い」が落ちた言ひかた。
○よさり
夜。「學校の試驗があるっちゅうて、よさり遅うまで勉強してたわ」とか「よさりに爪きつたらあかん」などと言ふ。
○よつたり
四人。「ひとり」は「一つあり」、「ふたり」は「二つあり」、「みたり」は「みつつあり」、「よつたり」は「よつつあり」か。「いつたり」、「むたり」とは、聞いた憶えが無い。「相手は一人やつたんやろが、おまえらよつたりもゐて、何してんや。あほ。」などといふ。
○よつつ
他人を蔑んでいふ。「あいつはこれや」と言ふて、四本指を立てて示すこともあつた。他人を蔑む言葉なので、人前では絶對に使はない。「四箇所(シカショ)」の「四」からか。「四箇所」は大坂で、捕り物や警邏に「天満、道頓堀、天王寺、鳶田」の四箇所から出す手傳ひを使ふた。職權をかさに惡事を働き、「不淨役人」といふて嫌はれた。
○よばい
    夏の夜、川の中の石の蔭などに潛んでゐる魚を、カンテラで照らしてヤスで刺して獲るのを良く見た。これを「よばいを獲る」と言ふた。「夜」の「はい(はや)」と言ふこと。
    男女が夜中に逢ひ引きすることを「よばひ」といふことを、東京へ出てから知つたが、名張でも使ふた言葉かどうかは知らない。この場合の意味は「呼び合ひ」のこと。
○よばれる
呑み喰ひに招待される。「食べにおいで」と「呼ばれる」こと。「今度の四月には積田神社のぞうくやげな。みんなで呼ばれていこか」などと言ふ。「ぞうく」は、二十一年ごとの大普請で、「造工」か。
○よりあひ
物事を話し合ふために、集まること。「寄り合ひ」。「東川さん、けふは寄り合ひやけど、もう出掛けて呉れたやろか」などと言ふ。
○みづな
壬生菜(みぶな)、京菜のこと。壬生菜の訛り。「みづなは揚げと炊いたら美味しい。」
○ら
自分をさす「わたい」に付けて「わたいら」、相手を指す「あんた」に付けて「あんたら」として、表現を和らげる。「わたいら、あんなん、かなわんわ」などと。
○ろつぽうせき
水晶。斷面が六角なので、「六方石」か。
○わけする
喰ひ盡くすべき喰ひ物を喰ひ殘す。喰ひ物を今喰ふ分と後で喰ふ分とを分けるといふことか。「わけしたらあかん。猫みたいやな」と。
○わたい
女の人が自分本人のことを言ふ。「わたし」。「うち」と言ふ人もゐる。
○わや
期待した結果が得られない状態。「そんなこと言ふてもろたら、わややわ」とか、「ほったらかしにしといたら、わやになつたわ」などと言ふ。東京の寄席での大阪辯談義で、「サッパリわやでんね」は、まだ深刻では無く、本當に深刻なのは「わやでんな」と言ふとの話があつたが、伊賀での「わや」の使ひ方には深刻さは無い。
○わるき
乾かした樹を一尺位の長さに切り、適度の太さによきで割つた薪。「割り木」。鋸で樹を切り、よきで割るのが面白く、小學生の頃、冬には良くやつた。くぬぎの木の中からかみきり蟲の幼虫が出て來ると、火鉢の火で燒いて食べた。
○ゑふ
小荷物などを送るときに、宛先や送り元などを書き付けて荷物に附ける札。「繪符」といふことか。東京で「ゑふ」と言ふて買ひに行くと通じないので、「荷札」と言ひ替へたら通じた。
○ををけ
大きさが八寸ほどの桶。座敷の火鉢で使ふ炭を容れてゐた。「苧」を容れる「桶」の意味。
※※ 名張で使はない上野言葉 ※※
○おまん
男女ともに相手のことを言ふ。「お前」。
○せやない
充實感が味はへない時に言ふ。「精」あるいは「勢」が無いと言ふことか、よく判らない。「おまん、いま來たばつかりやのに、もういぬんか。せやないなあ。」などと言ふ。
○わい
男女ともに自分のことを言ふ。名張では女が自分のことを「わたい」と言ふが、「わい」とは言はない。
伊賀國の玄關頁
あ〜か
き〜こ
さ〜た
ち〜ひ
この網上葉の經過
○平成二十年九月十六日、電子飛脚の宛先訂正。
○平成十七年八月三日、増補。
○平成十五年十一月二十五日、携帯電話版を掲載。
○平成十四年十二月朔日、掲載。
★ 御 注 意 ★
  この網上葉(ページ)およびここから繋がる『伊賀國』に所屬する網上頁および網上葉(ページ)の著作權は下記に記した者が保有してゐます。
  ○引き紐を着けること(リンク)は御自由です。

著作權者    東川吉嗣(電子飛脚のソフトが立ち上がつたら、宛先から「ひらかな」を消して下さい。)  平成十四年、乃至平成二十年
CopyRight © 2002 - 2008 Higasikawa Yositugu

フィリピン
獨立運動の志士

リサール
切手集

いはゆる
ピンク
カード