Edyパラダイスでポイントを貯めよう!
いがのくにふるさとはなし

伊 賀 國

伊賀國曾和家

東川吉嗣


はじめに

  三重縣の西部、伊賀國名張に曾和姓を名乘る小さな一族がある。筆者はその眷属の一端に屬する因縁で曾和家の出自傳承を聽いてゐる。ここでは曾和家に傳はる出自傳承を基に曾和家と伊賀に關する事柄を思ひ付く儘に議論いたします。  

伊賀國曾和家出自傳承に就いて

  伊賀國中知山庄屋の曾和家は、佐那具の北のイヅシ谷から來た。神屋を「上知山」と、青蓮寺を「下知山」といつた。


   ┐ 譚  れ     山  そ  佐     の  の  の  と   ┐ る  の  分  の  と  の              
  曾  が  た     庄  の  次     が  中  集  い  常   ゜ 便  は  村  い  南              
  和  あ  曾  定  屋  祖  右  筆  曾  知  落  は  福  村  の   ` の  ふ  部  伊           
  の  る  和  吉  で  父  衞  者  和  山  の  れ  寺  の  良  往  一  小  山  賀     曾     
  先   ゜ 家  が  あ   ` 門  の  家  で  中  る └   鎮  い  年  つ  さ  間  國     和     
  祖  そ  の  父  る  曾 └┘ 父  で   ` 心  雜   ` 守  所  の  で  な  地  南     家     
  は  の  傳   `  ゜ 和  は ┌┐ あ  代  で  木  そ   ┐ へ  集  あ  集  に  部     出     
   ` 内  承  佐     藤   ` 東  る  々  あ  林  し  八  移  落  り  落  中   `    自     
  佐  容  の  次     左  曾  川   ゜ 庄  つ  の  て  柱  動  の   ` が  知  現     傳     
  那  は  中  右     衛  和  定     屋  た  あ  現  神  し  中  現  あ  山  在     承     
  具  簡  に  衞     門  本  吉     職  と  る  在  社  て  心  在  る ┌┐ の           
  の  單   ` 門     が  家 └┘    を  見  あ   ┐└   ゐ  よ  の   ゜ ナ  三           
  向  に  曾  か     最  の  の     勤  ら  た  曾  と  る  り  集  現  カ  重           
  か  言  和  ら     後  長  父     め  れ  り  和  菩  や  も  落  在  ッ  縣           
  ふ  へ  家  聽     の  男 ┌┐    て  る  が  屋  提  う  自  の  は  チ  名           
  の  ば  出  か     中  で  曾     き   ゜ 往  敷  寺  で  動  一  過  ャ  張           
  甲   ` 自  さ     知   ` 和     た  こ  年  跡     あ  車  部  疎  マ  市           
                                     └                 └┘             

  病  で  吉  び ┌┐ 藤  順  在  災  存  和  下  の  火     深  移  部  ヅ  庄  寺  移  賀  
  没  あ  お  藤  富  五  に  わ  そ  在  家  の  父  災     い  り  の  シ  屋  の  り  近  
  し  る  よ  五  藏  郎   ` か  の  に  自  土   ` に  曾  點  住  イ  谷  と  開  來  く  
   ` が  び  郎  の ┌┐    る  他  つ  身  地  富  遭  和  の  む  ヅ  と  な  拓  て  の  
  佐   ` 曾  の  父  藤     曾  で  い  の  で  藏  ひ  家  一  に  シ  は  つ  に   ` イ  
  次  曾  和  父 └┘ 左     和  消  て  系  あ  の   ` は  つ  至  谷  ど  た  携  神  ヅ  
  右  和  榮 └┘ ↓  衞     本  滅   ` 圖  る  時  明  藤  で  つ  か  こ └   は  屋  シ  
  衞  榮  一  ↓  富  門     家  し  筆  や  夏  代  治  左  あ  た  ら  か  と  り   ` 谷  
  門  一  の  佐  藏  の     の  た  者  過  見  に  に  衛  る  經  伊   ` い   ` 布  と  
  も  は  父  次 ┌┐ 父     當  か  は  去  へ  中  な  門   ゜ 緯  賀  曾  ふ  中  生  い  
  昭  昭 └┘ 右  佐 └┘    主  も  知  を  移  知  つ  の     は  の  和  も  知   ` ふ  
  和  和     衞  次  ↓     の  知  ら  傳  り  山  て  時     な  南  家  の  山  中  所  
  三  二     門  右  藤     名  れ  な  へ  住  を  佐  代     に  部  が  で  に  知  か  
  十  十    ┌┐ 衞  左     は  な  い  る  ん  出  次  に     か  の  伊  あ  居  山  ら  
  年  一     東  門  衞      ` い  が  文  だ  で  右  二      ゜ 國  賀  る  着   ` 國  
  に  年     川  お  門     古   ゜  ` 書   ゜ て  衞  度     興  津  の   ゜ い  青  津  
  病  に     定  よ        い  現  火  の  曾  川  門  の     味  へ  北  イ  て  蓮  へ  
                                                                       

   ┐ な  中  て  中  れ  神  山  和     あ  藤  ぎ  そ  と  曾     で  曾  曾  を  の  没  
  上  關  知  ゐ  知  ぞ  屋   ` 家     る  原  な  れ  い  和     あ  和  和  繼  弟  し  
  知  係  山  た  山  れ  と  青  の   ┐ 點  家  い  は  ふ  家   ┐ る  良  藤  い   ` た  
  山  に   ` こ  は  谷  中  蓮  傳  中  の  と  の  單  字  で  藤   ゜ 雄  五  で  藤  こ  
 └   あ  青  と  明  を  知  寺  承  知  一  か  か  に  に  人  五     の  郎  ゐ  五  と  
  と  つ  蓮  か  治  隔  山  を  が  山  つ  に   ゜ 往  は  の  郎     父 ┌┐ る  郎  か  
  か  た  寺  ら  ま  て   ` 下  あ └   で  關  あ  時   ` 名 └     └┘ 佐   ゜ の  ら  
   ┐ と  と   ` で  て  中  知  り  と  あ  係  る  の  何  に  と     ↓  次  そ  末   ` 
  下  見  連  國  は  隣  知  山   ` い  る  が  い  流  か  多  か     良  右  の  裔  現  
  知  ら  な  津  國  り  山  と   ┐ 地   ゜ あ  は  行  意  く   `    雄  衞  當  が  在  
  山  れ  る   ` 津  合  と  言  昔  名     る   ` に  味  使   ┐    ↓  門  主  夏  は  
 └   る  一  神  の  ふ  青  つ  は  に     の  藤  沿  が  は  藤     哲  の  關  見   ` 
  と   ゜ 帯  屋  一  位  蓮  た  神  つ     か  堂  ふ  あ  れ  左     也  弟  係  で  佐  
  い  現  は   ` 部  置  寺 └   屋  い      ゜ 家  も  る  る  衞        で  は  曾  次  
  ふ  在   ` 布  と  に  は  と  を  て     興  と  の  の   ┐ 門        あ     和  右  
  呼  で  密  生  さ  あ   ` い  上  も     味  か  に  か  藤 └         り     本  衞  
  稱  は  接   ` れ  り  そ  ふ  知  曾     の   ` 過   ゜└   と         `    家  門  
                  `     ゜                          `                   

                                                     を  た  發  は  下  は  
                                                     意  呼  當  廣  知  用  
                                                     味  稱  事  く  山  ゐ  
                                                     す  な  者  使 └   ら  
                                                     る  の  で  は  と  れ  
                                                     か  か  あ  れ  い  な  
                                                      ゜  ゜ る  て  ふ  い  
                                                     興  ま   ` ゐ  呼  が  
                                                     味  た  曾  た  稱   ` 
                                                     深   ┐ 和  の  は   ┐ 
                                                     い  チ  家  か  往  上  
                                                     こ  ヤ  の   ` 時  知  
                                                     と  マ  み  あ  の  山  
                                                     で └   で  る  中   ` 
                                                     あ  と  使  い  知  中  
                                                     る  は  は  は  山  知  
                                                      ゜ 何  れ  開  で  山  
                                                                     ` 

  この傳承に關して『伊和新聞』平成六年十月朔日號第三面に筆者が投稿した記事とそれに添えた新聞社の取材記事が掲載されてゐる。記事には誤植と事實誤認が見られるので、この網上葉の以下の議論では誤つた内容の訂正も心がけた。

 @出自傳承の信頼性について

  曾和家の傳承は、社會的地位を保證するもの。代々、傳承されてきた。


     へ  か  ま  で  右  し  す  と  的  る  和  和  た  で  な  さ  さ  す  い  れ  制     
     た  つ  で  あ  衞  な  る  と  な  に  家  家 └   あ  い  な  れ  る  か  た  を     
     の  た  の  つ  門  け  た  も  經  は  に  の  と  り   ゜ 村  た  の  ん  も  そ  江  
     で  し  言  た  が  れ  め  に  濟   ` と  地  い   `  ┐ の  社  が  よ  の  の  戸  
     あ   ` ひ  が  生  ば  に   ` 力  壓  つ  位  ふ  主  曾  中  會  原  り  は  ま  時  
     る  佐  傳   ` ま  な  は  自  と  倒  て  を  傳  導  和  で   ` 則  も  庄  ま  代  
      ゜ 次  へ  佐  れ  ら   ` 分  い  的  は  保  承  権  家  事  し  で  家  屋  固  は  
        右  を  次  た  な  そ  の  つ  な   ` 證  そ  を  が  實  か  あ  柄  職  定  江  
        衞  傳  右  時  い  の  地  た  政  中  す  の  握  中  無  も  つ  や  を  し  戸  
        門  へ  衞  は  も  拠  位  現  治  知  る  も  つ  知  根  中  た  出  繼   ` 時  
        も  る  門  既  の  り  の  實  力  山  も  の  て  山  の  知   ゜ 自  ぎ  庄  代  
        自  こ  の  に  で  所  正  的  も  で  の  が  開  の  傳  山  山  が   ` 屋  初  
        分  と  父  明  あ  を  當  な  し  庄  で  村  發  開  承  の  間  地  當  の  期  
        の  を  親  治  る  必  性  力  く  屋  あ  内  に  發  は  や  地  位  人  家  の  
        子  忘  は  の   ゜ ず  を  を  は  を  る  で  關  當  あ  う  の  を  の  に  社  
        に  れ  そ  時  佐  傳  主  持  壓  勤   ゜ の  與  事  り  な  固  保  能  生  會  
        傳  な  れ  代  次  承  張  つ  倒  め  曾  曾  し  者  得  小  定  證  力  ま  體  
                                                                       

 Aイヅシ谷とはどこか

  イヅシ谷とはどこか。伊賀と甲賀の境一帯は、良質な陶土の産出地。


  け  谷  た  伊     具  向  な  佐  位  曖  し  と  島  も  住  定  方  伊  だ  佐  た     
  な  も  め  賀     の  は  か  次  置  昧   ` か  个  し  ん  吉  角  賀  と  次  身     
  い  現  に  焼  伊  北  伊  つ  右  は  な   ┐ を  原  も  だ  と  は  北  い  右  邊  甲  
  だ  在  國  の  賀  の  賀  た  衞   ` 話  佐  話  か  具  こ  佐  廣  部  ふ  衞  雜  賀  
  ら  の  境  原  と  方  の  と  門  島  で  那  し  ら  體  と  那  く  の   ゜ 門  記  近  
  う  伊  爭  料  甲  向  南  推  も  个  あ  具  て  觀  的  が  具  取  佐  伊  の  帳  く  
   ゜ 賀  ひ  礦  賀  だ  部  測  具  原  る  の  ゐ  て  な  あ  の  り  那  賀  話  で  の  
     域  が  石  の  と  か  で  體  方  と  向  た  の  場  る  西  う  具  南  で  あ  イ  
     に  昔  の  國  み  ら  き  的  面  こ  か  か  方  所  の  に  る  の  部  は  る  ヅ  
     限  か  産  境  ら  觀  る  な  で  ろ  ふ  も  角  を  で  位  が  向  の   ┐  ┓ シ  
     つ  ら  地  一  れ  て   ゜ 場  は  か └   し  と  知   ` 置   ` か  中  佐  留  谷  
     て  あ  で  帯  る   ` ま  所  な  ら  と  れ  か  つ  佐  す  佐  ふ  知  那  書   ゜ 
     探  り  あ  は   ゜ 漠  た  を  い  み  い  な   ` て  次  る  次  と  山  具 ┗   定  
     し   ` る  信     然   ` 聽  だ  て  ふ  い  ど  ゐ  右  島  右  い  か  の  に  吉  
     て  イ   ゜ 樂     と  そ  い  ら   ` や   ゜ の  た  衞  个  衞  ふ  ら  向  よ  の  
     は  ヅ  こ  焼     佐  の  て  う  そ  う  し  邊  ら  門  原  門  と  見  か  る  殘  
     い  シ  の  や     那  方  ゐ  し  の  な  か  り   ` が  に  は  き  て  ふ  と  し  
                              `                          `   └    `    

                          土  の  神  社   ┐ 特  石  で  ど  石  か  い  る  で     
                          の  一  體  地  眞  徴  川  あ  特 └   ぎ  ふ  が  あ     
                          産  帯  と  は  木  づ  は  ら  別  と  り  の   ` ら   ┐ 
                          地  は  の  白  山  け   ` う  な  か   ` で  地  う  イ  
                          で  現  こ  石  神  ら  そ   ゜ 意   ┐ そ  は  名   ゜ ヅ  
                          あ  在  と  谷  社  れ  の  佐  味  靈  れ  な  と  日  シ  
                          る  の   ゜ と └   て  地  那  を  力  は  く  し  本  谷  
                           ゜ 甲  槇  い  が  ゐ  名  具  持  の   ┐  ` て  全 └   
                             賀  山  ひ  あ  る  そ  の  つ  宿  經   ┐  ` 國  と  
                             域  か   ` り  し  の  北  た  る  濟  イ  單  ど  は  
                             も  ら  白   `  ` も   ` 石  御  的  ヅ  に  こ   ┐ 
                             含  丸  色  こ  そ  の  現  の  神  な  シ   ┐ に  石  
                             め  柱  の  の  の  が  在  出  體  價  谷  石  で  が  
                             良  に  珪  神  集   ┐ の  る  の  値 └   の  も  出  
                             質  か  石  社  落  石  阿  と  石  を  と  谷  石  づ  
                             の  け  が  の  に └   山  こ └   持  言 └   は  る  
                             陶  て  御  舊  は  で  町  ろ  な  つ  ふ  と  出  谷  
                                          `                        └   

 B中知山住み始めの時期

  曾和家の墓地の特異な在り方。中知山の正式發足以前から定住か。


              に  前  な  慶  さ  の  な  だ  寺  の  ん  古  曾  和  の  帯  め  に     
              存  の  の  長  れ  年  あ  け  か  埋  だ  い  和  家  山   ` ら  曾     
              在  こ  で  十  る  代  り  が  ら  葬  物  物  こ  の  に  つ  れ  和  中  
              し  の   ` 三  藤  は  方  寺  離  地  も  の  う  墓  連  ま  て  家  知  
              て  地  中  年  堂   ` を  の  れ  で  あ  中  の  石  な  り  ゐ  累  山  
              ゐ  に  知  よ  高  中  し  裏  た  あ  る  に  證  を  る  曾  る  代  の  
              た  曾  山  り  虎  知  て  山  所  る  と  は  言  一  地  和   ゜ の  菩  
              可  和  の  も  の  山  ゐ  に  に   ┐ の   ` で  所  域  屋  こ  墓  提  
              能  家  村  五  上  が  た  散  あ  さ  こ   ┐ は  に   ` 敷  れ  石  寺  
              性  の  と  十  野  公  ら  在  り  ん  と  天   ` 集  に  跡  は  が   ┐ 
              が  生  し  年  城  式  し  す   ` ま   ゜ 文  そ  め  散  か  常  無  常  
              あ  活  て  前  建  に  い  る  曾  い  中 └   れ  た  在  ら  福  縁  福  
              る  基  の  後  設  發   ゜ と  和 └   知  の  ら  も  し  見  寺  塔  寺  
               ゜ 盤  正  早  の  足   ┐ い  家  は  山  年  の  の  て  て  の  の └   
                 が  式  い  時  し  天  ふ  の   ` の  號  墓  で  ゐ  向  裏  如  の  
                 す  發  年  期  た  文  特  墓  常  小  を  石  あ  た  か  山  く  前  
                 で  足  代   ` と └   別  地  福  場  刻  の  る  曾  ひ  一  集  庭  
                                                      ゜                

 C「上知山、中知山、下知山」の地名

  「上知山、中知山、下知山」は、實際の位置關係を示す地名であり、曾和家の開發順序も意味するか。


                 か  た  位   ┐  ┐  ┐ ま  合  こ   ┐ 屋  で  神  中  る  千  も     
                 も   ┐ 置  上  ち  ど  た  の  ろ  し  は  あ  社  知  と  分  表     
                 知  上  關  知 └   っ   ┐  ┐ が  も   ┐ る  の  山   ` の  記  神  
                 れ  中  係  山  で  ち  ち  つ   ┐ つ  か   ゜ あ  は  神  一  さ  屋  
                 な  下  を   `  `└  └  └   な  や  み  中  る  三  屋  の  れ  は  
                 い └   表  中  方   ┐ は  は  か  ま  つ  知  と  百  と  地  て  時  
                  ゜ は  し  知  向  そ   ┐ 位  つ └   や  山  こ  五  布  圖  ゐ  代  
                    開  て  山  を  っ  あ  置  や  で  ま  か  ろ  十  生  で  た  に  
                    發  ゐ   ` 示  ち  っ  や  ま  あ └   ら  が  メ  は  お  や  よ  
                    の  る  下  す └   ち  場 └   り  で  見  二  |  約  ほ  う  つ  
                    順  と  知  の  と └   所  で   ` あ  れ  百  ト  四  よ  で  て  
                    序  み  山  で  言   ┐ な  あ  自  り  ば  七  ル  百  そ  あ  は  
                    も  て └    ` ふ  こ  ど  る  分   ` ま  十   ` メ  の  る   ┐ 
                    意  よ  は  や  と  っ  を   ゜ の  青  さ  メ  青  |  標   ゜ 上  
                    味  い  實  は  き  ち  示  こ  ゐ  蓮  し  |  蓮  ト  高  二  家  
                    し   ゜ 際  り  の └   す  の  る  寺  く  ト  寺  ル  を  万 └   
                    た  ま  の            ゜ 場  と  は  神  ル  は   ` み  五  と  
                                                                       
 D曾和の意味

  「ソワ」は、山の傾斜地、そばだつたところを意味する。「峙」と書く、「ソワさん」もゐる。山に活き、山に暮したのが曾和氏。「蕎麥」も、山の傾斜地に生へるところから言ふのか。


 ┌┐ 焼  多  め  る  播  で  を     識  い  ワ  と     の  あ  た  と  か   ┐ 味  傾     
  飯  畑  く   ’ よ  種  は  持     し  所 └   表     は  る   ┐ 考  ら  そ  す  い     
  島  を  作  山  う  か   ` つ  ま  て  を  が  記   ┐ 最   ゜ 山  へ  不  は  る  た   ┐ 
  吉  ソ  ら  村  に  ら   ┐ か  た  ゐ  意   ┐ す  ソ  も   ┐ の  ら  安  そ   ゜ 所  ソ  
  晴  バ  れ  で   ’  7  ソ  も   ` る  味  山  る  ワ  平  ソ  民  れ  定  は  氣   ` ハ  
 └┘ ヤ  た  は  短  5   バ  知  食  こ  す  の  例 └   凡  ワ └   る  な └   持  そ └   
  と  マ   ゜ 焼  期  日  は  れ  べ  と  る  傾  も  を  な └    ┐  ゜ 心  と  が  ば  と  
  書  と  高  畑  間  で  山  な  物  が └   斜  あ  名  眞  を  そ  山  の  表  落  だ  か  
  い  い  知  の  で  収  間  い  の  判  こ  地  る  乘  假   ┐ ま  に  あ  現  ち  つ   ┐ 
  て  っ  県  初  取  穫  の   ゜ 蕎  る  と   `  ゜ る  名  曾  び  活  り  す  着  た  ソ  
  ゐ  た  土  年  入  で  高   ┐ 麥   ゜ を  そ  こ  姓  の  和  と  き  さ  る  か  嶮  ワ  
  る  と  佐  度  れ  き  冷  ネ  も     は  ば  の  の  遣 └  └    ` ま  の  な  し └   
  が  い  山  作  が  る  地  ッ   `    つ  だ  人  中  ひ  と  が  山  を  も  い  い  は  
   ` う  村  物  可  と  に  ト  同     き  つ  達  に  方  表  曾  に  示  同  樣  所   ┐ 
  山   ゜ で  と  能  い  適  で  じ     り  た  は  は  で  記  和  暮  す  じ  子 └   山  
  の └   は  し  な  わ  し  百  語     と  嶮   ┐  ┐ あ  す  氏  ら  の  意  を  を  肌  
  傾      ’ て  た  れ   ’ 科  源     意  し  ソ  峙  る  る  で  し  か  味     意  の  
                      └                 └    ゜                         

                                                                 と  斜  
                                                                 言  地  
                                                                 つ   ┐ 
                                                                 た  そ  
                                                                 可  わ  
                                                                 能 └   
                                                                 性  に  
                                                                 も  植  
                                                                 考  え  
                                                                 へ  る  
                                                                 ら  こ  
                                                                 れ  と  
                                                                 る  か  
                                                                  ゜ ら  
                                                                     ┐ 
                                                                    そ  
                                                                    ば  
                                                                   └   
或る「峙」さんの紹介ページ平成二十五年三月十三日、接續確認。

○「そわ」の意味として、『登山・スキー用語辞典』には、「そわ 下野で山腹をいう。」とある。(『登山・スキー用語辞典』、日本山嶺倶樂部編、昭和二十四年、株式會社朋文社、『山』十一月號別冊附録)

 E八柱神社について

  中知山の創業八家族を祀るのが、中知山の鎮守、八柱神社か。あるいは八柱神社から、八家族の創業譚が作られたか。


                          數  起  と  こ  か  移  知  ら  の  の  山  長  を  中     
                          を  の  も  と  ら  す  れ  八  か  八  へ  瀬  建  知     
                          決  良  出  も   ` と  な  家   ` 家  移  の  設  山  中  
                          め  い  來   ` 兄  き  い  族  あ  族  住  飛  す  の  知  
                          た  數  う  兄  弟   `  ゜ と  る  の  さ  び  る  始  山  
                          の  字  る  弟  を  と  ま  い  い  先  せ  地  た  ま  の  
                          か  に  わ  家  別  り  た  ふ  は  祖  た  の  め  り  鎮  
                          も  ひ  け  族  々  わ   ` 創  逆  を  時  中  の  は  守  
                          知  か  で  を  の  け  新  業  に  祀  だ  並  用   ` は  
                          れ  れ   ` 一  家  小  し  譚  鎮  る  と  小  材  藤  八  
                          な  て   ┐ 家  族  さ  い  が  守  の  い  場  確  堂  柱  
                          い  創  八  族  と  な  土  作  の  が  ふ  の  保  高  神  
                           ゜ 業 └   と  し  集  地  ら  八  八   ゜ 八  の  虎  社  
                             時  と  數  て  團  へ  れ  柱  柱  こ  戸  た  が  で  
                             の  い  え  數  で  住  た  神  神  の  を  め  上  あ  
                             家  ふ  る  え  あ  居  か  社  社  創  中  に  野  る  
                             族  縁  こ  る  る  を  も  か  な  業  知   ` 城   ゜ 
                                                                       
  ○平成十九年正月五日、名張市夏見公民館に、中知山在住の米本館長を訪ね、中知山の傳承について話を聞いた。それによると、中知山創業の八家族がどことどこの家であつたか、八柱神社の祭神と八家族の關係など、何ら傳承は無いとのことであつた。(平成十九年正月十一日)
  『伊和新聞』平成六年十月朔日號第三面には新聞社の取材記事が添えてあるが、明らかな誤りの箇所があるので、重大な誤りのみをここで訂正しておく。この誤りに就いては、記事掲載直後に新聞社宛に指摘文を郵送濟み。

  一、   夏見の積田神社前に建つ曾爾街道の始點碑。これは、平成十七年十月十六日に撮影したもの。この碑は、曾和佐次右衞門が建立に着手したもので、曾爾街道の建設に功績があつたのは佐次右衞門ではなくて、分家の曾和喜男太である。この網上葉を掲載した當時は、曾爾街道の道路擴幅工事のために片付けられてゐた。
平成十五年四月六日に、曾爾街道始點の夏見橋たもとにて撮影した「曾爾街道の碑」

  一、現在の夏見の曾和家は佐次右衞門の弟、曾和藤五郎の末で、記事掲載當時の當主は曾和良雄で、病床にあつた。曾和こうは曾和良雄の妻。
  一、明治十三年當時の曾和本家當主は佐次右衞門の父、曾和富藏である。

參考文献

○中知山など關聯地名の一般的な説明 -- 『角川日本地名大事典24三重県』昭和五十八年,角川書店刊行。
○曾爾街道の石碑の碑文の内容 -- 『名張市史』
○甲賀の陶土陶石の状況について -- 藤岡二郎編集『山間支谷の人文地理』昭和四十五年、株式會社地人書房刊行。第三十七乃至六十七ページ。「1章 地形,地質,信楽盆地の気候および信楽地方の窯業原料」
  佐那具の北側に位置する甲賀伊賀地域の陶土採掘場、陶石採掘場の分布がわかる。


伊賀國ふるさとはなし書き込み帳 伊賀國の玄關頁へ  伊賀國中知山
この網上葉の經過
○平成二十七年六月二日、電子飛脚の宛先を更新。
○平成二十五年三月十三日、全體を再編輯し、字句を一部訂正。
○平成二十二年九月四日、「B中知山住み始めの時期」を一部訂正。
○平成二十一年正月四日、「峙(ソワ)さんの實例」の接續確認を更新。
○平成十九年十二月十日、電子飛脚の宛先を更新。
○平成十九年九月二十日、誤字修正。
○平成十九年三月十三日、文字修正。
○平成十九年正月十一日、追記。
○平成十七年十月十九日、曾爾街道の冩眞を更新。
○平成十七年四月八日、文字修正。
○平成十六年十一月十六日、一部を修正し、再編集。
○平成十六年七月二十八日、「峙(ソワ)さんの實例」の接續先を訂正。「平成十六年二月二十八日撮影の曾爾街道の始點碑」を掲載。
○平成十六年五月十日、本文を修正し、「中知山住み始めの時期」を追加。
○平成十六年四月八日「追記-そわの意味」を追加。
○平成十五年拾月二十七日「峙(ソワ)さんの實例」の接續不可を確認。蕎麥についての記述を追加。
○平成十五年拾月十七日、電子飛脚の宛先を更新。
○平成十五年四月十六日、「曾爾街道碑の現状冩眞」を掲載。
○平成十五年四月十五日、「峙(ソワ)さんの實例」の接續確認を更新。
○平成十五年正月二十四日、「伊賀國ふるさとはなし書き込み帳」を設置。
○平成十四年十二月二十一日、「峙(ソワ)さんの實例」の接續確認を掲載。
○平成十四年十月十一日、「峙(ソワ)さんの實例」を紹介。
○平成十四年十月九日、「曾和の意味」に「峙」の件を追加。
○平成十三年八月十五日、誤植訂正。
○平成十三年正月十三日、掲載。
御意見、御感想をお寄せ下さい。電子飛脚は、各ページの著作権者名またはこの★(電子飛脚のソフトが立ち上がつたら、宛先から「ひらかな」を消して下さい。)
★ 御 注 意 ★
  この網上葉(ページ)およびここから繋がる『伊賀國』に所屬する網上頁および網上葉(ページ)の著作權は下記に記した者が保有してゐます。これらの内容を閲覧するために、網際(インターネット)上から自分の機械へ電氣信號(データ)を取り込んで展開すること、ならびにその情報(データ)を網際通信(インターネット)を切斷して閲覧するために保存することは出來ますが、それ以外のいかなる複製・複冩・印字・譲渡・貸與行爲をも禁止致します。ご利用の際は事前にお申し込み下さい。
  ○引き紐を着けること(リンク)は御自由です。

著作權者   東川吉嗣(電子飛脚のソフトが立ち上がつたら、宛先から「ひらかな」を消して下さい。)  平成十三年、乃至平成二十七年
CopyRight © 2001 - 2015 Higasikawa Yositugu