×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

いがのくにふるさとはなし

伊 賀 國

伊賀國中知山

東川吉嗣


はじめに

  伊賀國名張の南部山中にある小さな村、中知山について、傳承と史料檢討を行ひます。  
中知山といふ地名に就いて

        の  活  な  在  村  設  承  起  知  は  地  和  る  蓮  の  め        の  字  落              
        推  の  り  り  し  用  で  し  山   ` の  家   ゜ 寺  地  役        地  で  で              
  平     測  基  早  方  た  材  は  た  と  開  高 └   こ  を  名  を  中     名  は   ` 伊     中     
  成     も  盤  い  な  と  確   `  ゜ 言  發  低  の  の  下  に  勤  知     に   ┐  ┐ 賀     知     
  十     行  を  時  ど  さ  保  公  ま  ふ  順  差  と  こ  知  つ  め  山     つ  中  ナ  の     山     
  九     つ  置  期  か  れ  の  式  た  の  序  に  こ  と  山  い  て  を     い  知  カ  南     の     
  年     た  い  か  ら  て  た  に   ` で  を  基  ろ  に  と  て  き  開     て  山  ッ  部     地     
  正      ゜ て  ら   ` ゐ  め  は  中  は  示  づ  で  就  言   ` た  發      `└   チ  の     名     
  月        ゐ  曾  慶  る  に  藤  知  な  し  く   ` い  つ   ┐ 曾  し     考  と  ャ  山     に     
  五        た  和  長  が   ` 堂  山  い   ` 位   ┐ て  た  神  和   `    へ  書  マ  中     就     
  日        の  家  十   ` 慶  高  の  か  そ  置  上  は └   屋  家  永     て  か └   に     い     
   `       で  は  三  曾  長  虎  起  と  の  關  中   ` と  を  に  く     み  れ  と  あ     て     
  名        は  中  年  和  十  の  源  の  中  係  下   ┐ の  上  は  村     た  て  い  る           
  張        な  知  よ  家  三  上  を  問  心   `└   伊  傳  知   ` 内      ゜ ゐ  は  小           
  市        い  山  り  の  年  野  示  題  地  も  は  賀  承  山  中  の        る  れ  さ           
  夏        か  に  も  墓  に  城  す  を  を  し   ` 國  が   ` 知  取         ゜  ` な           
  見        と  生  か  の  開  建  傳  提  中  く  土  曾  あ  青  山  纏        こ  漢  集           
                                                                                   

  村  喜  喜  と  書  の  り  尾  雑  た  の  ヨ     の  こ  誌  こ  と  名     新  の  そ  の  す  モ  公  
  戸  男  男  し  の  下  付  に  な  り  文 └   中  夏  れ  取  れ  の  張     た  う  の  い  る  ト  民  
  長  太  太  て  巻  書  け  は  書   ` 書  と  知  見  に  調  は  表  郡  今  な  ち  内  く  史  ハ  館  
   ` は  の   ` 末  き  て  書  き  濃  は  の  山  村  は  書  内  紙  中  囘  る   ` 容  つ  料  ジ  に  
  長   ` 履  三  に  で  あ  き  込  い   ` 補  村  外  明 ┗   務  書  知   ` 疑  中  は  か  を  メ   ` 
  瀬  曾  歴  等  は  あ  る  殴  み  墨  朱  正  旧  四  治  の  省  き  山   ┓ 問  知  興  の  見 └┘ 中  
  村  和  を  郵   ` る  の  り  を  で  筆  命  檢  个  二  下  へ  の  村  明  點  山  味  傳  せ  館  知  
  戸  の  示  便   ┐ こ  で  に  欄  書  で  令  地  村  十  書  提  あ     治  が  と  深  承  て  長  山  
  長  分  し  局  誌  と   ` 近  外  き  丁  書  帳  戸  一  き  出  る  地  二  浮  い  い  を  貰  を  在  
   ` 家  て  長  料  が  内  い  に  加  寧  を  ノ  長  年  で  し  文  誌  十  か  ふ  も  聞  ひ  訪  住  
  長  の  ゐ  判  編  推  務  備  追  へ  な  添  年  役  一  あ  た  書  取  年  び  地  の  く   ` ね  の  
  瀬  者  る  任  輯  定  省  忘  加  た  字  へ  号  場  月  る   ┓ を  調  十  上  名  が  機  中   ` 米  
  郵  で   ゜ 官  有  出  へ  の  し  り  句  て  及  か  三   ゜ 中  閲  書  月  が  に  多  會  知  中  本  
  便   ` こ  十  志  來  の  紙  た   ` 訂  あ  高  ら  十  そ  知  覧     三  つ  關  い  を  山  知  源  
  局  中  の  等  賛  る  報  片  り  か  正  る  ヲ  の  日  し  山  で  村  日  た  し  が  得  村  山 ┌┐ 
  長  知  曾  曾  襄   ゜ 告  が   ` な  を   ゜ 記   ┐ 付  て  村  き  扣  改   ゜ て   ` た  内  に  コ  
  な  山  和  和  者  文  書  貼  末  り  し  こ  セ  一  け   ` 地  た ┗         は  そ   ゜ で  關  メ  
             └                                        ゜                            

  と   ┐ も  全  得  こ  の  つ  向  明  こ  つ  下  中  表  書  の  高  山  改  テ  三   ┐ の     力  ど  
  な  中  中  體  力  と  川  た  を  で  れ  い  書  知  記  か  地  い  村  メ  中  方  中  巻     し  を  
  り  地  知  が  に  さ  も  中  川  あ  は  て  き  山  に  れ └   山  は  シ  地  ハ  知  頭  こ  た  歴  
   ` 山  山  山  缺  ら  山  の  に  り  中  當  で  村  な  た  だ  を  三  ト  山  川  山  の  の  が  任  
  そ └   に  地  く  に  も  土  巻   ` 知  時  あ  が  つ  が  と  背  方  云  ト  ヲ  村  沿   ┓  ` し  
  れ  は  屬  で  も   ┐ 特  地  か  一  山  の  る  内  た   ` し  負  が  フ  記  以     革  中  早   ` 
  が   ` す  あ  の  中  別  と  れ  見  の  公  か  務  と  途  て  ふ  川 └   セ  テ  本  に  知  く  道  
  地  中  る  り  で  の  な  い   `  ` 自  式  ら  省  い  中   ` 土  で  と  シ  巻  村  は  山  没  路  
  域  心  か   ` あ  地  も  ふ  後  尤  然  見   ` へ  ふ  か  元  地  取  あ  ガ  キ  ノ   ` 村  し  改  
  全  の  ら  南  る └   の  だ  ろ  も  地  解  中  提  の  ら  來  な  り  る  中  南  地   ┐ 地  て  修  
  體  集   ` に   ゜ と  で  け  に  ら  誌  で  知  出  で  現  は  の  巻   ゜ 古  ハ  形  名  誌  ゐ  事  
  の  落  こ  背  ま  言  は  の  高  し  か  あ  山  し  あ  在   ┐ で  か  つ  以  大  タ  稱  取  る  業  
  地  部  の  負  た  ふ  な  こ  い  い  ら  る  の  た  る  の  中   ` れ  ま  來  山  ル └   調   ゜ な  
  名  分  場  ふ   ` た  い  と  山  が  の  と  い  報   ゜ 中  地  そ  て  り  中  ヲ  東  と  書     ど  
  と  の  合  高  中  め  の  で  を   ` 地  い  は  告  こ  知  山  の   `  ` 知  負  北  し  村     に  
  し  地  の  い  知  の  で   ` 背  三  名  へ  れ  書  れ  山 └    ┐ 南  中  山  ヲ  西  て  扣     も  
  て  名     山  山  説   ` そ  負  方  説  る  に  の  は  の  と  中  は  知  ト  以  ノ   `┗      盡  
                                    ゜        `                                     

  日  に  物  造  郡     か   ┐ か  力  こ  味  に  な  て  方  は  に  と  そ  川  う  と  も  け  中  通  
  を  あ  を  營  箕     ら  中  ら  に  に  を  ま  意  も  を   ` な  し  の  や  な  の  し  る  の  用  
  示  る  觀  に  曲  今  は  古   ┐ 缺  述  持  で  味   ` 取  特  る  て  や  山  場  自  く  の  小  し  
  し  山  る  就  村  囘  不 └   中  く  べ  た  言  を  山  り  別   ゜  ` う  が  合  認  は  は  集  た  
  た  の  こ  い  大   ` 明  と  知  と  ら  な  ひ  持  中  巻  な  中   ┐ な  特  は  を   `  ` 落  と  
  も  神  と  て  字  大  で  は  山  言  れ  い  傳  た  の  く  山  知  中  土  別   ` し  山  山  の  考  
  の  を  が ┗   中  正  あ  何 └   へ  た  川  へ  な  人  川  だ  山  地  地  の  そ  た  こ  の  名  へ  
  で  祀  出  と  知  十  る  時  へ  る  地  で  ら  い  か  は  と  集  山  を  意  の  山  そ  外  に  る  
   ` る  來  い  山  四   ゜ の  と   ゜ 名  あ  れ   ゜ ら   ` 言  落 └    ┐ 味   ┐ の  が  に   ┐ こ  
  こ  祠  た  ふ  と  年     頃  表  ま  の  る  る  少  見  下  へ  が  と  中  を  中  民  自  視  山  と  
  の  の   ゜ 一  記  三     か  記  た  謂   ゜ や  な  て  界  る  南  い  の  持  地  で  分  點 └   が  
  中  由  こ  枚  し  月     は  が   ` は  そ  う  く  も  の  に  に  ふ  地  つ └   あ  の  を  と  出  
  に  來  れ  の  た  づ      ` 變   ┐ れ  の  な  と   ` 人  し  背  地  の  場  を  る  在  置  い  來  
   ` と  は  活   ┓ け     こ  は  中  は  た  特  も  何  達  て  負  名  山  合  取   ゜ 処  く  ふ  る  
  中  祭  中  版  山  で     の  つ  地   ` め  別   ` ら  か  も  ふ  が  の  の  り  そ  で  場  名  が  
  知  典  知  印  神  名     記  た  山  説   ` な  現  特  ら   ` 奥  可  村  み  巻  の  あ  合  を   ` 
  山  の  山  刷  社  賀     述    └   得  こ  意  在  別  見  三  山  能 └    ` く  や  る   ` つ  山  
                                                                                   

 ┌┐ 此  の  か  に  藥  祀  て  樋  あ ┌┐ り ┌┐ も  黒 ┌┐ ぶ  に  に ┌┐┌┐    き     句  の  の  
  い  兩  か  み  中  師 ┌┐ 六 ┌┐ り  を  し  こ └┘ 田  し  ん  あ  し  な  な  馬  う     の  記  地  
  と  書  み └┘ 知  寺  ま  十  い  し └┘ よ  ろ  見 ┌┐ よ  し  り  て  し  し  脊  あ  大  直  述  名  
 └┘┌┐└┘ 云  山  因  つ  六  が  所  く  り └┘ 張  く  あ  よ     馬  ら  ら  山  ん  神  後  は  由  
  も  こ  は  々  に  記 └┘ 社  の  に  今  知  し ┌┐ ろ  ん └┘ 東  脊  ず  ず ┌┐└┘ 宮  に  次  來  
  昔  の  山  と  山 ┌┐    の  か  し  の  山  良  み  だ  ぐ  に  大  山  ぞ  ぞ  う  に  領  括  の  が  
 ┌┐ り  神  在  口  よ  る  國  み  て  中 ┌┐ 木  は └┘ わ  依  寺 ┌┐ ま  ま  ま  伊  舊  弧  通  書  
  む  よ ┌┐ る  風  し  と  津  ふ  伊  知  ち ┌┐ り  の  ん ┌┐ 古  う └┘└┘ ぜ  賀  案  で  り  か  
  か  し  や  は  神  わ  あ  神  し  賀  山  や  り └┘ 惡  ね  よ  文  ま  は     や  杣 ┌┐ 示   ゜ れ  
  し  よ  ま  山 ┌┐ ら  る ┌┐ わ  誌  は  ま  よ  の  僧  ん └┘ 書  ぜ  字  と  ま  山  だ  し  振  て  
 └┘└┘ の  口  や  や  其  く  ら  に  其 └┘ ぼ  人  共 └┘ れ ┌┐ や  奥  あ └┘┌┐ い  た  り  ゐ  
  よ  に  か  神  ま  く  一  に  た  伊  中  三  く ┌┐┌┐ の  ば  と  ま  山  り     い  じ   ゜ 假  る  
  り  依  み ┌┐ ぐ  し  な  つ  る  賀  知  个 └┘ ひ  あ  條  正  う └┘┌┐ 名  名  が  ん     名   ゜ 
  山  る └┘ や  ち  じ  り  か  ひ  守  山  所  を  と  く ┌┐ 安  だ  は  を  不  不  そ  ぐ     は  そ  
  神  も  に  ま  か  い     み └┘ 藤  役  を  切 └┘ そ  じ  元  い  中  く  知  知  ま  う     該  の  
  社  尤  し  ぐ  ぜ  ん  吉 └┘ を  原  所  置 ┌┐ を  う  よ  年  し  知  や  杣  杣  や  り     當  部  
        て  ち  の  き  原  を  し  垂  の     き  殺  ど  う     こ  山  ま        ま  よ     字  分  
                └┘                  └┘      └┘         └┘      └┘             

  山  へ  て  山  も  が  口  の  音  と  と   ┐ 溜     三  年  き  始  百  て  知  役  理  書     り ┌┐ 
  三  う   `└   し  轉  頭  慣  讀  い  い  知  ま     百   ` た  ま  九  ゐ  山  所  の  は     在  さ  
  个  る  地  が  く  訛  の  は  み  ふ  ふ └   り  杣  九  つ   ` り  十  る  役  を  た  見  こ  り  ん  
  所  こ  名  後  は  す  呼  し  し  意  場  は  場  山  年  ま  公  だ  年   ゜ 所  三  め  て  の  し  じ  
  を  と  と  に   ┐ る  稱  で  て  味  合   ` を  管  も  り  式  と  で  正 └   箇  に  ゐ  記  事  ん  
  置  で  し   ┐ チ  場  が  あ   ┐ で  の   ┐  ┐ 理  遡  平  の  す  あ  安  の  所  東  な  事  明  し  
 └   あ  て  チ  ザ  合  傳  る  チ  あ   ┐ 縣  知  の  る  成  村  る  り  元  あ  に  大  い  の ┌┐ や  
  き  る  固  ヤ  ン  が  へ   ゜ サ  る  知  知  山  現  こ  前  の  と   ` 年  つ  置  寺  が  元  あ └┘ 
   `  ゜ 定  マ └   多  ら  地  ン   ゜└   事 └   地  と  三  開   ` こ  と  た  い  が   ` に  き  を  
   ┐ こ  化 └   の  い  れ  名 └   そ  で └   と  事  に  百  設  こ  れ  い  所  て   ┐ そ  な  ら  此  
  今  の  さ  と  表  が  る  は  と  の   ` と  表  務  な  八  の  れ  が  へ  が   ` ち  の  つ  か  の  
  の  記  れ  慣  記   ` に   ` い  場   ┐ か  記  所  る  十  年  ま  中  ば  中  そ  や  中  た └┘ 所  
  中  事  た  用  で   ┐ 從  通  ふ  合  つ   ` す   `  ゜ 一   ` で  知   ` 知  の  ま  に   ` な  に  
  知  で  こ  讀  あ  チ  ひ  例  の  は  か   ┐ る  も     年  慶  言  山  平  山  中 └    ` 東  り  祀  
  山  は  と  み  る  サ   ` と  が   ` さ  知  場  し     よ  長  は  集  成  だ  の  と  杣  大    ┌┐ 
  は   ┐ も  さ   ┐ ン  表  し  國  當  ど  行  合  く     り  十  れ  落  前  と   ┐ い  山  寺     ま  
  其  知  考  れ  知 └   記  て  語  然  る  地  の  は     も  三  て  の  六  し  中  ふ  管  文     つ  
                        `     `└  └                                            └┘ 

  き   ┓ の     査  な  と  で  れ  書  あ  た  つ  そ  務  權  あ  て  殘  事  す  も  山  山  知  る  中  
  た  郷  箕     が  ら  い  あ  ば  か  つ  り  も  の  所  力  る  ゐ  り  の  る   `└   と  山  か  知  
   ゜ 土  曲  今  待  な  ふ  る   ` れ  た   ` の  事  を  機   ゜ る  の  元  と  三  な  後 └   ら  山  
  こ  史  地  囘  た  く  定  か  東  た  と  役   ` 務  三  構  伊  の  二  に  い  箇  ど  知   `  ` 役  
  の  箕  域   ` れ  な  説  ら  大  中  見  所  も  所  箇  で  賀  だ  つ  な  ふ  所  が  山   ┐ 殘  所  
  中  曲  づ  平  る  る  を   ` 寺  知  る  の  し  の  所  あ  地  ら  の  つ  意  の  考 └   外  る  の  
  に ┗   く  成  と   ゜ 大  從  の  山  の  特  く  名  に  つ  方  う   ┐ て  味  役  へ  あ  知  二  あ  
  も  を  り  十  こ  東  き  來  役  の  が  徴  は  稱  設  た  の  か  知  ゐ  の  所  ら  る  山  箇  り  
   ` 手  委  八  ろ  大  く  の  所  地  順  を  代  は  置  東  山   ゜ 山  る  名  の  れ  い  と  所  し  
  中  に  員  年  で  寺  書   ┐ は  名  當  際  表  論  す  大  林  知  役  東  稱  内  る  は  内  は  所  
  知  入  會  に  あ  文  き  慶  一  説  で  だ  的  理  る  寺  支  り  所  大  で  の   ゜  ┐ 知   `└   
  山  れ  で  箕  る  書  變  長  種  が  あ  た  な  的  の  が  配  た └   寺  あ   ` い  東  山   ┐ と  
  の  る  作  曲   ゜ の  へ  十  の  正  る  せ  地  な  で  杣  で  い  が  文  る  中  づ  知 └   上  い  
  地  こ  成  公     今  な  三  公  し   ゜ た  名  關  あ  山  は  と  記  書   ゜ 央  れ  山   ` 知  ふ  
  名  と  し  民     後  け  年  的  い  こ  名  を  聯  る  管  強  こ  載  に  こ  に  に  と   ┐ 山  の  
  に  が  た  館     の  れ  開  設  と  こ  稱  冠  を  か  理  大  ろ  さ  は  の  位  し  西  前  と  で  
  就  で     内     調  ば  村  備  す  に  で  し  保  ら  事  な  で  れ   ` 記  置  て  知  知  下  あ  
                      └                      `                                     

  し   ┐ れ  屋  と  山  に  力  を  は        馴  ふ   ┐ 示  中  す  か  は  と  は  と  上  ペ  と  い  
  て  上  る  は  い  の  傳  に  孕   `       染  の  上  す  知  る  し   ` 上   ` 書  知  |  い  て  
  見 └   か   ┐ ふ  説  承  缺  む  右  今     ま  は └   も  山  と   ` あ  知  こ  か  山  ジ  ふ  の  
  ら  で  ら  上  具  は  さ  く  も  の  囘     な   ` の  の  の  い  そ  つ  山  の  れ  が  に   ` 記  
  れ  あ   ` 家  體   ` れ  も  の  通  新     い  國  中  で   ┐ ふ  の  た └   簡  て  あ  は  地  事  
  て  る  そ └   的  現  た  の  で  り  た     説  語  間  あ  中  の  兩  の  が  單  ゐ  り   ` 域  が  
  ゐ  と  の  と  な  在   ` と  あ   ` に     明  の  に  る └   で  者  か  ど  な  る  そ   ┐ の  あ  
  た  の  地  も  も  の  上  言  り  い  知     で  慣   ┐  ゜ は  あ  の   ` こ  記   ゜ の      紹  る  
  時  概  は  書  の  神  知  へ   ` づ  り     あ  例  中  し  地  る  中  書  に  事  中  中  中  介   ゜ 
  期  念   ` か  で  屋  山  る  そ  れ  得     る  に └   か  理  か  間  か  あ  の  知  間  知  の   ┐ 
  が  を  ど  れ  あ  が   `  ゜ れ  も  た      ゜ も  が  し  的  ら  に  れ  る  み  山  の  山  中  わ  
  あ  含  こ  て  る  上  中  一  だ  論  三         ` 位   ` な   ` 中  て  の  で  地  と      で  が  
  つ  ん  か  ゐ   ゜ 知  知  方  け  理  つ        論  置   ┐ 相  こ  知  ゐ  か   ` 名  こ ┌┐  ` 箕  
  た  だ  か  た  し  山  山   ` で  的  の        理  す  外  對  こ  山  な   `  ┐ に  ろ  外  第  曲  
  と  地  ら  と  か  で   ` 曾  は  な  地        的  る └   關  で  が  い  あ  外  就  か  知  二  の  
  見  名  見  言  も  あ  下  和  説  破  名        に  と  と  係  言  位   ゜ る  知  い  ら  山  十  紹  
  ら  と  て  は  神  る  知  家  得  綻  説        も  言     を  ふ  置  し  い  山  て └┘ と  四  介  
                                                                      └        └   

  現  低   ┐ で  神  山  る  で   ┐ し  は  る  で  あ  そ   ┐ 不  あ   ┐ の  が  る  青  を  落  た  れ  
  在  い  上  あ  屋  を  と  き  上  た  神  と  あ  り  の  上  明  れ  下  が  あ  地  蓮  下  そ └   る  
  地  の  つ  り  や  生  見   `  `└   屋  い  つ   ` 中  知  で  ば  知  順  り  域  寺  知  の  と   ゜ 
  が  で  山   ` 布  活  ら  こ  中  と   ` ふ  た  中  心  山  あ  よ  山  當   `  ` 地  山  も  の  一  
  そ   `└   位  生  の  れ  の   ` い  布  言   ` 知  地   ` る  い └   な  そ  或  域  と  の  傳  方  
  の   ┐ で  置  は  基  る  面  下  ふ  生  ひ  中  山  の  中   ゜ の  地  解  こ  い  の  稱   ` 承   ` 
  中  下  あ  的  中  盤   ゜ か └   傳   ` 傳  並  の  標  知  こ  で  名  釋  を  は  一  し  も  は   ┐ 
  ほ  つ  り  に  知  と  つ  ら  の  承  中  へ  集  始  高  山  の  あ  の  で  下  曾  部  た  し   ` 青  
  ど  山   ` も  山  す  ま  も  順  か  知   ` 落  ま  差   ` 缺  る  痕  あ  知  和  に  と  く  青  蓮  
  に └   青  高  へ  る  り  論  で  ら  山  お  か  り  か  下  點  が  跡  ら  山  家   ` 理  は  蓮  寺  
  あ  で  蓮  い  來  曾   ` 理  あ   `  ` よ  ら  が  ら  知  を   ` が  う  と  の  中  解  青  寺  を  
  る  あ  寺  所  る  和  山  性  る  開  青  び  の  國  み  山  含  現  青   ゜ 稱  關  知  す  蓮  と  下  
  山  り  は  で  前  家  を  を  こ  發  蓮   ` 移  津  て └   み  在  蓮  そ  し  與  山  る  寺  い  知  
  で   ` 位  あ  の  に  支  保  と  順  寺   ┐ 轉  の  論  の  な  の  寺  の  た  す  の  よ  地  ふ  山  
  あ  自  置  る  根  と  配  つ  も  序  を  曾  に  跳  理  關  が  と  地  や  と  る  關  り  域  古  と  
  る  分  的  か  據  つ  し  て  理  が  開  和  始  び  的  係  ら  こ  域  う  見  地  與  も  全  い  言  
  か  の  に  ら  地  て   ` ゐ  解   ` 拓  家  ま  地  で  は  も  ろ  に  な  る  域  す   ` 體  集  つ  
                  `                             `  `  `                            

                       れ  か  い  承  與  國  い  が  神  で  文  る  の  ゐ  ら  も  地        ら  
                       る  ど  は  の  す  津  か  る  屋  あ  脈  記  中  る   ` の  名         ` 
                        ゜ う   ` や  る   ` ど  小  な  る  の  述  に  と  今  で  の  右      ┐ 
                          か  そ  う  家  青  う  地  ど   ゜ 中  を   ┐ 見  後  あ  解  に     中  
                          で  れ  な  々  蓮  か  名  に  ま  で  探  中  ら  の  り  釋  述     つ  
                          あ  ら  地  の  寺  で   `  ` た  使  し  知  れ  調  な  は  べ     山  
                          る  に  名  傳  な  あ  も   ┐  ` は  出  山  る  査  が   ` た    └   
                           ゜ 繋  傳  承  ど  る  し  知  中  れ  し  お   ゜ 研  ら  い  や     で  
                          今  が  承  の   `  ゜ く  山  知  て   ` よ  一  究   ` づ  う     あ  
                          後  り   ` 中  こ  そ  は └   山  ゐ  そ  び  つ  の  そ  れ  に     る  
                          の  う  開  に  の  し  地  と  お  る  れ   ` は  方  こ  も   `     ゜ 
                          探  る  拓   ` 地  て  名  い  よ  か  が  知   ` 向  に  決  中        
                          索  傳  傳  曾  方   ` の  ふ  び  を  ど  山  東  を  は  め  知        
                          が  承  承  和  一  中  斷  地   ` 知  の └   大  示  お  手  山        
                          期  が   ` 家  帯  知  片  名  青  る  や  に  寺  唆  の  を  と        
                          待  無  あ  の  に  山  が  に  蓮  こ  う  關  文  し  づ  缺  い        
                          さ  い  る  傳  關   ` 無  繋  寺  と  な  す  書  て  か  く  ふ        
                                                   `                               

中知山の檢地竿に就いて

  地  も  は  家     年  請  屋  決  秋  量  貢  土  生   ┓ と  主  つ  に     六  尺  の              
  の  領  數  の     貢  け  な  め  に  で └   地  産  檢  生  は  た  對     尺  で  檢              
  再  主  少  支  伊  を  負  ど  る   ` 示  つ  の  力  地  産   ` の  し  明  三  あ  地  米     中     
  測  の  な  配  賀  決  ひ  が  の  實  さ  ま  面  に  帳  性  課  で  て  治  寸  つ  竿  本     知     
  量  變  か  が  國  め   `  ` が  際  れ  り  積  換 ┗   を  税   ` 課  以  で  た  は  館     山     
  が  更  つ  續  は  た  領  村  基  の  た   ` と  算  を  測  の  そ  税  前  あ  の   ` 長     の     
  な  や  た  い   ` や  主  内  本  稔   ゜ 年  生  し  作  定  前  の  す  の  つ  に  夏  の     檢     
  さ   ` と  た  江  う  と  の  で  り  年  間  産  て  成  し  提  土  る  租  た   ` 見  話     地     
  れ  新  み  の  戸  で  交  年  あ  方  貢  納  性   ` し  て  と  地  と  税  と  中  な  に     竿     
  た  田  ら  で  時  あ  渉  貢  る  を  の  税  區  上  た   ` し  を  い  は  い  知  ど  よ           
  と  開  れ   ` 代  る  し  納  が  領  高  負  分  中   ゜ 基  て  支  ふ   ` ふ  山  で  る           
  見  發  る  檢  を   ゜ て  付   ` 主  は  擔  に  下  生  本   ` 配  の  農   ゜ で  は  と           
  ら  な  が  地  通      ` を  實  が   ` 額  從  に  産  臺  農  し  が  地     は   `  `          
  れ  ど   ` の  し     そ  一  際  檢  そ  が  ひ  區  性  帳  地  て  基  の      ` 一  舊           
  る  で  そ  仕  て     の  括  は  査  の   `  ` 分  は  で  の  ゐ  本  生     一  間  藩           
   ゜  ` れ  直  藤     年  し   ` し  年  米   ┐ さ  米  あ  廣  る  で  産     間  が  時           
  中  農  で  し  堂     の  て  庄  て  の  の  年  れ  の  る  さ  領  あ  力     が  六  代           
                                          `                                        

  概  で  難  藩  る  雜  田  易  心  地  の  り  掬  地     ば  山  得  し  か  用  こ  い  そ  期  い  知  
  ね  あ  し  と  こ  把  畑  に  が  面  や  も  ふ  を     あ  村  權  た  ら  材  と  ふ  れ  待  の  山  
  四  ら  い  の  と  に  を  想  加  が  う  狭  や  す  江  り  民  を  も  の  の  に  こ  で  さ  で  は  
  角  う  が  横  で  測   ` 像  は  多  な  く  う  る  戸  え  の  維  の  優  調  な  と  も  れ   ` 林  
  で   ゜  ` 並  あ  る  餘  が  つ  い  山  測  に  に  時  な  絶  持  と  遇  達  る  は   ` て  領  業  
   ` 平  實  び  る  と  所  つ  た  の  中  量 └   は  代  い  え  し  推  措  基   ゜  ` 檢  ゐ  主  地  
  面  地  際  も   ゜ い  よ  く  も  で  の  し  と   ` の  こ  間  え  測  置  地  お  そ  地  な  に  で  
  積  の  面  あ  表  ふ  り   ゜ の   ` 田  た  言  重  檢  と  な  た  で  が  と  そ  れ  竿  か  と   ` 
  の  農  で  り  向  の  も  山  で  そ  畑  や  は  箱  地  で  い  と  き   ` し  ら  だ  が  つ  つ  初  
  ご  業  は   ` き  は  長  中  あ  の  は  う  れ  の  心  あ  政  い  る  既  て  く  け  餘  た  て  め  
  ま  專  優  低  の   ` い  の  つ  測   ` で   ` 中  得  る  治  ふ   ゜ 得  の  は  優  所  と   ` か  
  か  業  遇  く  年  十  檢  い  た  量  い  あ  實  を  と   ゜ 努  こ  と  權  村   ` 遇  よ  も  農  ら  
  し  村  さ  す  貢  分  地  び  こ  も  び  る  際  し  し     力  と  は  と  の  上  さ  り  言  業  農  
  も  の  れ  る  率  考  竿  つ  と  大  つ   ゜ の  ゃ  て     が  は  い  し  位  野  れ  も  へ  生  地  
  出  農  て  こ  は  へ  で  な  は  い  な  中  面  も   `    無   ` へ  て  置  城  て  長  る  産  は  
  來  地  ゐ  と   ` ら   ` 形   ` に  形  知  積  じ   ┐    け  中   ` 永  づ  建  ゐ  い  が  力  少  
  ず  は  た  は  他  れ  大  の  容  手  の  山  よ  で  檢     れ  知  既  續  け  設  た  と   ` は  な  
   `                                                                               

                                                  た  そ  中  は  い  其  収  や  の  の  生  
                                                  の  の  の   ` と  の  益  す  が  や  産  
                                                  か  實  小  農  言  面  を  い  無  う  性  
                                                  も   ` さ  地  へ  で  産  と  い  な  も  
                                                  知  豐  な  の  る  も  む  見  の  山  見  
                                                  れ  か  貧  少   ゜  ` ま  ら  で  中  極  
                                                  な  な  し  な  い  課  で  れ   ` で  め  
                                                  い  經  い  い  づ  税  に  る  村  は  が  
                                                   ゜ 濟  村   ` れ  は  長   ゜ 民   ` つ  
                                                     力  と  土  に  村  年  ま  に  周  き  
                                                     を  し  地  し  民  月  た  有  り  易  
                                                     持  て  の  て  有  を   ` 利  に  い  
                                                     つ  の  痩  も  利  要  林  な  比  が  
                                                     村  中  せ   ` に  す  業  判  較   ` 
                                                     で  知  た  表  傾  る  生  定  す  中  
                                                     あ  山   ` 向  き  の  産  が  る  知  
                                                     つ  は  山  き  易  で  は  出  も  山  
                                                         `           `             

伊賀國ふるさとはなし書き込み帳 伊賀國の玄關頁へ  伊賀國曾和家
この網上葉の經過
○平成二十八年八月二十三日、掲載廣告の一部を削除。
○平成二十七年六月二日、電子飛脚の宛先を更新。
○平成十九年十二月十日、電子飛脚の宛先を更新。
○平成十九年正月十二日、掲載。
御意見、御感想をお寄せ下さい。電子飛脚は、各ページの著作権者名またはこの★(電子飛脚のソフトが立ち上がつたら、宛先から「ひらかな」を消して下さい。)
★ 御 注 意 ★
  この網上葉(ページ)およびここから繋がる『伊賀國』に所屬する網上頁および網上葉(ページ)の著作權は下記に記した者が保有してゐます。これらの内容を閲覧するために、網際(インターネット)上から自分の機械へ電氣信號(データ)を取り込んで展開すること、ならびにその情報(データ)を網際通信(インターネット)を切斷して閲覧するために保存することは出來ますが、それ以外のいかなる複製・複冩・印字・譲渡・貸與行爲をも禁止致します。ご利用の際は事前にお申し込み下さい。
  ○引き紐を着けること(リンク)は御自由です。

著作權者   東川吉嗣(電子飛脚のソフトが立ち上がつたら、宛先から「ひらかな」を消して下さい。)  平成十九年、乃至二十八年
CopyRight © 2007 - 2016 Higasikawa Yositugu