いがのくにふるさとはなし

伊 賀 國

歴史と論理を破壞した町名破壞

東川吉嗣



  町   ┐ 宇  下     あ  ン ┌┐  `┌┐ を ┌┐  ` コ     の  な  お  個  も  は  小  名              
 └   上  流  り     つ  マ  ヒ   ┐ キ  南  ナ   ┐ マ     で  ど  そ  性   ` か  學  の              
  と  横  冨   ` 藤  た  ツ  ガ  下  タ  町  カ  下  チ  こ  あ  と  ら  の  歴  す  校  一  昭     歴     
  し  町  志  昔  堂   ゜└┘ シ  八  デ ┌┐ マ  横 └┘ の  ら  い  く  無  史  か  の  部  和     史     
  た └   禰  か  屋     を  マ  町 └┘ ミ  チ  町  を  時  う  ふ  は  い  的  に  低  が  二     と     
   ゜ で  神  ら  敷     榮  チ ┌┐ を  ナ └┘┌┐ 上  の   ゜  `  `  ` な  憶  學  變  十     論     
  北  あ  社  の  の     町 └┘ シ  朝  ミ  に  シ  本  改     ア  こ  物  い  え  年  つ  九     理     
  へ  つ  へ  一  あ    ┌┐ に  モ  日  マ └   モ  町  名     ホ  の  ま  は  て  だ  た  年     を     
  續  た  續  番  る     サ └   ハ  町  チ   ` ヨ ┌┐ は     な  頃  ね  れ  ゐ  つ   ゜ に     破     
  く  が  く  の  桔     カ   ` ッ ┌┐└┘  ┐ コ  ウ   ┐    名  か  町  と  る  た  當   `    壞     
  商   ` 南  繁  梗     エ   ┐ チ  ア  に  南  マ  エ  上     前  ら  名  論   ゜ の  時  名     し     
  店  こ  側  華  が     マ  二  ョ  サ └   出  チ  ホ  横     も   ┐ に  理  い  で   ` 張     た     
  街  れ  の  な  丘     チ  本  ウ  ヒ   `┌┐└┘ ン  町     使  名  す  を  づ   ` 自  の     町     
  は  を  商  十  か    └┘ 松 └┘ マ   ┐ ミ  を  マ ┌┐    ひ  張  る  廢  れ  古  分  舊     名     
   `  ┐ 店  字  ら     に ┌┐ を  チ  北  ナ  中  チ  カ     始  銀  も  し  の  い  は  町     破     
   ┐ 上  街  路  西    └   ニ  東 └┘ 出  ミ  町 └┘ ミ     め  座  の  て  改  町  名  の     壞     
  下  本  は  で  へ     で  ホ  町  に     デ     に  ヨ     た └   で   ` 名  名  張  町           
            `               └     └┘   └                `                         

  に  は  へ  は      ┐ た  り  川  集     た  の  無  と   ┐ と   ┐ 町  町  字  論  南   ┐ が  本  横  
  あ   ` の   ┐    北  新  出  の  落     町  か  い   ┐ 上   ┐ 上 └   と  路  理  の  侍   ┐ 町  町  
  つ  突  改  朝   ┐ 出  し  し  浸  が  名  名   `  ゜ 上  と  下 └   と  の  か  を  側  屋  横  の └   
  た  飛  稱  日  南  と  い  作  食   ` 張  で  ま  ま  本  下  横  の   ┐ 土  ら  破  が  敷  町  通  で  
   ` な  は  町  出  南  町  用  と  舊  川  あ  つ  た  町 └   町  論  上  地  新  壞   ┐└  └   り  あ  
   ┐ 名   `└  └   出  が  が  堆  町  の  る  た   ┐└   の └   理  本  の  町  し  上  な  で  を  つ  
  出  で  ま  に  は └    ┐ 働  積  の  河   ゜ く  中  の  論  に  も  町  高  ま  て └   ど  あ  中  た  
  村  あ  だ  改   ` で  新  き  の  成  川     論  町  間  理  は  働 └   低  で  の  で  の  り  心  が  
  で  る  し  稱   ┐ あ  町   ` 作  り  敷     理 └   に  が   ` か  の  差  の  改  あ  あ   ` と   ` 
  あ   ゜ も  さ  南  る └   そ  用  立  の     の  も  は  あ   ┐ な  間  は  間  名  る  る   ┐ し   ┐ 
  り   ┐  ` れ  町   ゜ で  れ  で  ち  灣     無   `  ` る  横  い  に  無  が  で  と  側  鎮  て  中  
   ` 南   ┐ た └      あ  に   ` で  曲     い   ┐ 論  が  町   ゜ は  い  本  あ  い   ` 守   ` 町  
  北  出  朝   ゜ に     り  應  灣  あ  部     浮  何  理   `└    ┐  ` の  町  る  ふ  あ └   横 └   
  と  と  日   ┐  `     ` じ  曲  る  に     き  の  の   ┐ の  上  い  で  で   ゜ 歴  る  あ  方  と  
  南  北  町  南   ┐    出  て  部  が  開     上  中  關  本  う  横  か   `  ` こ  史  い  る  向  し  
  の  出 └   町  北     村  出  の   ` け     が └   聯  町  ち  町  な   ┐ 上  の  的  は  い  の  た  
  二 └   と └   出     が  來  張  河  た     つ  な  が └   の └   る  本  本  十  な   ` は  道   ゜ 
             └       `                                                             

  眼  ら  ど  丘  れ  開  こ  り  て     し  も   ┐    た   ┐ の  る  た  を  れ  屋  街     は  ゐ  つ  
  に  う  の   ` て  か  の   ` ゐ     た   ` 二     し  南  論  こ   ゜  ゜ た  に  が     如  る └   
  媚  か  歴  そ  ゐ  れ  傳   ┐ る  昭  も  わ  本  ま  て  町  理  と  こ   ┐ 方  近   ┐ 松  何  の  と  
  び   ゜ 史  の  る  た  統  論  思  和  の  ざ  松  た  ゐ  と  が  か  れ  下  を  い  八  崎 └   で  い  
  た   ┐  ` 他   ゜ 住  は  理  想  二  で  わ └    ` る  東  断  ら  は  八   ┐ 町  丁  町  と   ` ふ  
   ` 櫻  論   ` 櫻  宅   ` へ  は  十  あ  ざ  を  近   ゜ 町  ち  か   ` 町  下  を └   か  の   ┐ 論  
  耳   ` 理  澤  个  團  今  の   ` 九  る  あ   ┐ 鉄    └   切   ゜ 商 └   八   ┐ で  ら  疑  東  理  
  に  桔   ` 山  丘  地  も  嫌   ┐ 年   ゜ り  榮  名     の  ら  こ  店  だ  町  上   ` 上  念  町  の  
  媚  梗  が  あ   ` の  續  惡  歴  の     き  町  張     間  れ  こ  街  け └   八  そ  野  さ  の  繋  
  び   ` 籠  る  桔  命  い └   史  町     た └   驛     に  た  で  の  を  と  町  れ  街  へ  西  が  
  た  百  め  團  梗  名  て  で  と  名     り  と  の     論  だ  も  東   ` し └   を  道  誘  に  り  
  名  合  ら  地  が  法  ゐ  あ  の  の     の  改  北     理  け   ┐ の   ┐ て   ` 二  へ  ふ  あ  が  
  で └   れ  名  丘  に  て  る  斷  變     平  め  側     の  で  上  端  東  ゐ  陣  分  と  こ  つ  無  
  あ  な  て  に   ` 顯   ` と  絶  更     凡  た  に     破  な └   に  町  た  屋  し  續  と  て  く  
  り  ど  ゐ  ど  百  著  新  言 └   に     な   ゜ あ     綻  く  と  位 └    ゜ か  て  く  に  南  な  
  な  と  る  れ  合  に  し  へ  で  流     名  こ  つ     を   `  ┐ 置  と  こ  ら   ` 商  な  町  つ  
  が   ` だ  ほ  が  現  く  る  あ  れ     に  れ  た     き     下  す  し  れ  離  陣  店  る  と  て  
                        ゜                           └                      ゜       

  あ  に  あ   ┐ あ  あ  を  藤  け  の  言  築  そ  こ  前     追  の  れ  か  的  の  名  全  性  去  ら  
  つ  も  る  陣  る  る   ┐ 堂  て  城  ふ  物  こ  と  の     ふ  成  て  ら  な  營  で  て  の  か   ` 
  た  本   ゜ 屋  か   ゜ お  藩  ゐ  下  の  が  に  は  地  こ  個  功  來  は  自  み  あ  が  果  ら  そ  
  か  丸  戰  は  ら  一  殿  の  る  町  は  あ  は   ` 名  の  人  や  な   ` 信  の  る  他  實  の  の  
  も  と  國   `  ` 國  様  時  の  で  同  つ   ` 容  變  改  主   ` い  未  喪  無   ゜ 人  で  先  地  
  知  か  時  戰  名  一 └   代  が   ┐ じ  た  い  易  更  名  義  現   ゜ 來  失  視  歴  事  あ  人  域  
  れ  二  代  陣  張  城  と   ` 羨  丸  心  か  か  に  で  心  の  世  精  へ  と   ` 史 ┌┐ る  の  に  
  な  の  に  の  に  で  呼  名  ま  の  理  の  に  想  も  理  努  利  々  の  無  を  と  ヒ  論  營  育  
  い  丸  は  假  あ   ` ば  張  し  内  か  如  も  像  働  は  力  益  の  希  力  支  論  ト  理  み  ま  
  が  と   ` 設  る  伊  せ  で  か └   ら  く  本  で  い   ` で   ` と  望  感  え  理  ゴ  を  を  れ  
   ` か  こ  家  の  賀  な  は  つ  と  來   ` 丸  き  て  昭  あ  刹  こ  や  で  る  へ  ト  一  映  て  
  藤  い  こ  屋  は  に  か   ` た  い  て   ┐ と  る  ゐ  和  ら  那  ろ   ` あ  心  の └┘ 切  す  來  
  堂  ふ  に └   陣  は  つ  藤  の  ふ  ゐ  丸  呼   ゜ た  二  う  的   ` 展  ら  根  嫌  の  無  歴  た  
  藩  構  あ  の  屋  上  た  堂  で  町  る  の  ぶ  陣  で  十   ゜ な  自  望  う  は  惡  新  視  史   ` 
  の  築  つ  意  で  野  さ  宮  あ  名   ゜ 内  砦  屋  あ  九     享  分  は   ゜  `  ` し  し  や  遠  
  時  物  た  味  あ  城  う  内  ら  を  餘 └   の  跡  ら  年     樂  個  生  そ  絶  祖  い  た   ` い  
  代  は  砦  で  る  が  で  樣  う  着  所  と  構  を  う  以     を  人  ま  こ  望  先  地   ` 理  過  
               ゜           ゜              `                                        

                                                              い   ┐ 己  理     つ  に  
                                                              地  ヘ  の  的     た  は  
                                                              名  ン  立  に  先  と   ` 
                                                              に  テ  つ  筋  人  想   ┐ 
                                                              戻  コ  地  道  の  像  丸  
                                                              す  な  盤  立  事  で └   
                                                              べ  地  を  つ  業  き  と  
                                                              き  名  正  た  を  る  呼  
                                                             └   は  し  社  正   ゜ ば  
                                                              で   ` く  會  當     れ  
                                                              あ  復  す  を  に     る  
                                                              る  舊  る  つ  評     構  
                                                               ゜ し  必  く  價     築  
                                                                 て  要  る  し     物  
                                                                  ` が  に  て     は  
                                                                 正  あ  は   `    な  
                                                                 し  る   ` 論     か  
                                                                     ゜             

伊賀國の玄關頁へ  伊賀國ふるさとはなし・書き込み帳
この網上葉の經過
○平成二十八年八月二十三日、掲載廣告の一部を削除。
○平成二十七年六月二日、電子飛脚の宛先を更新。
○平成十九年十二月十日、電子飛脚の宛先を更新。
○平成十九年三月十六日、脱字補足。
○平成十八年三月三十一日、掲載。
御意見、御感想をお寄せ下さい。電子飛脚は、各ページの著作権者名またはこの★(電子飛脚のソフトが立ち上がつたら、宛先から「ひらかな」を消して下さい。)
★ 御 注 意 ★
  この網上葉(ページ)およびここから繋がる『伊賀國』に所屬する網上頁および網上葉(ページ)の著作權は下記に記した者が保有してゐます。これらの内容を閲覧するために、網際(インターネット)上から自分の機械へ電氣信號(データ)を取り込んで展開すること、ならびにその情報(データ)を網際通信(インターネット)を切斷して閲覧するために保存することは出來ますが、それ以外のいかなる複製・複冩・印字・譲渡・貸與行爲をも禁止致します。ご利用の際は事前にお申し込み下さい。
  ○引き紐を着けること(リンク)は御自由です。

著作權者    御意見、御感想をお寄せ下さい。電子飛脚は、各ページの著作権者名またはこの★(電子飛脚のソフトが立ち上がつたら、宛先から「ひらかな」を消して下さい。)   平成十八年乃至、平成二十八年
CopyRight © 2006 - 2016 Higasikawa Yositugu