×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

いがのくにふるさとはなし

伊 賀 國

曾爾街道

東川吉嗣


紅葉と柱状節理の美しい景勝地、香落渓を貫く曾爾街道

   伊賀國名張から大和國曾爾へ通ずる曾爾街道は、青蓮寺川の流れが切り裂いた香落渓(カオチダニ)を貫いてゐる。名張の夏見を出ると曾爾の伊賀見まで、沿道には集落が無く、昔は歩く人めあての茶店、今は車の客めあての設備があるのみ。沿道近くの集落は、青蓮寺川右岸の中知山と左岸の青蓮寺のみである。香落渓はその兩岸の岸壁が極美しい柱に似た岩で出來てゐて、春は青葉、秋は紅葉が色を添へて、古來、優れた景觀の地として知られてきた。
  大正時代までは、名張と曾爾を結ぶ道は、青蓮寺から椿井峠(ツバイタウゲ)を越えて曾爾の今井に至つたとのこと。自動車時代きたるの予感に沸く大正時代に、峠越えの要らない二間幅の道路として現在の曾爾街道が建設された。この建設にあたつては、中知山の曾和の分家、曾和喜代太が、力を盡くしたとのこと。
   ここでは、曾爾街道について、關係網上頁の紹介を中心に資料を提供してゆく。

  右の冩眞は平成十七年十月十六日撮影の曾爾街道の始點碑。


資料冩眞

   ○曾爾街道の碑

   ○積田神社 曾爾街道とその近くに關聯した引き紐 曾爾街道に關する資料への引き紐
伊賀國ふるさとはなし書き込み帳    「書き込み帳」を設けてあります。この「いがのくにふるさとはなし」を御覧になつての、ご感想、ご意見、なつかしい話、ふるさとへの思ひ、など、ご自由にお書き下さい。ただし、内容などが不適切と思はれるものは、獨斷で、問答無用で削除することがあります。ご了承下さい。

書き込み帳へ行くには、ここから

伊賀國の玄關頁へ
この網上葉の經過
○平成二十八年八月二十三日、掲載廣告の一部を削除。
○平成二十七年六月二日、電子飛脚の宛先を更新。引き紐の接續確認。
○平成十九年十二月十日、電子飛脚の宛先を更新。
○平成十八年八月十一日、接續確認更新。
○平成十七年十月十九日、資料冩眞を追加。
○平成十七年七月十四日、接續確認更新。
○平成十六年十二月朔日、接續確認更新。
○平成十六年六月十一日、接續確認更新。
○平成十六年三月二十二日、接續確認更新。
○平成十六年三月朔日、曾爾街道の碑の冩眞を掲載。
○平成十六年二月十三日、一部訂正。接續確認更新。
○平成十六年二月六日、掲載。
御意見、御感想をお寄せ下さい。電子飛脚は、各ページの著作権者名またはこの★(電子飛脚のソフトが立ち上がつたら、宛先から「ひらかな」を消して下さい。)
★ 御 注 意 ★
  この網上葉(ページ)およびここから繋がる『伊賀國』に所屬する網上頁および網上葉(ページ)の著作權は下記に記した者が保有してゐます。これらの内容を閲覧するために、網際(インターネット)上から自分の機械へ電氣信號(データ)を取り込んで展開すること、ならびにその情報(データ)を網際通信(インターネット)を切斷して閲覧するために保存することは出來ますが、それ以外のいかなる複製・複冩・印字・譲渡・貸與行爲をも禁止致します。ご利用の際は事前にお申し込み下さい。
  ○引き紐を着けること(リンク)は御自由です。

著作權者    東川吉嗣(電子飛脚のソフトが立ち上がつたら、宛先から「ひらかな」を消して下さい。)  平成十六年、乃至二十八年
CopyRight © 2004 - 2016 Higasikawa Yositugu