×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

>

いがのくにふるさとはなし

伊 賀 國

伊賀の忍び

東川吉嗣



  る  ふ  性  れ  科  人  を  を  ン  一  謀  報     會  味  多  か  伊  初     
  の   ` に  を  學  に  齎  し  ド  連  術  技     も  を  い └   賀  對     
  に  英  と  使  技  は  す  て └   の  數  術  忍  多  持   ゜ と  だ  面  生  
  成  國  つ  ふ  術   ` と   ` と  英  で  で  術  く  つ  そ  い  と  の  國  
  功  に  て  一  と  英  同  祖  い  國  あ  あ  は  な  し  の  ふ  い  人  の  
  し  と  魅  諜  そ  國  時  國  ふ  映  る  り   ` る   ` こ  言  ふ  に  伊  
  て  つ  力  報  の  が  に  で  諜  畫   ゜  ` 今   ゜ そ  と  葉  と   ` 賀  
  ゐ  て  的  部  應  い   ` あ  報  で  諜  ス  風     れ  で  が   ` 自  を  
  る  の  な  員  用  か  そ  る  部  は  報  パ  の     ら   ` 返   ┐ 分  離  
   ゜ 好  人  で  に  に  の  英  員   ┐ 活  イ  言     に  忍  へ  伊  は  れ  
  諜  印  物  さ  長  防  映  國  が  ジ  動  の  葉     つ  び  つ  賀  生  て  
  報  象  で  へ  け  諜  畫  に  超  ェ  を  技  で     い  や  て  忍  ま  長  
  活  を  あ   `  ` 技  を  痛  人  |  主  で  言     て  忍  く  術  れ  く  
  動  植  る  い  し  術  觀  快  的  ム  題  あ  へ     考  術  る  の  も  な  
  は  え  か  か  か  に  た  な  な  ス  に  り  ば     へ  に  こ  里  育  る  
  あ  付  と  に  も  長  外  結  活  ・  し   `  `    る  は  と  で  ち  が  
  く  け  い  女  そ  け  國  末  躍  ボ  た  權  諜     機  興  が  す  も   ` 
                  `                                           


           と  識  聯     と  躍  民  と  興  こ  の  る  こ  譽  匿  仕  ま  
           を └   し     い  話  の   ` 味  と  や  こ  と  め  さ  事  で  
           檢  と  て  こ  ふ  を  一  第  は  は  う  と  も  ら  れ  で  も  
           討   `  ` こ  も  生  種  三  つ  よ  な  は  少  れ  る  あ  地  
           し   ┐ 世  で  の  み  の  者  き  く  地  む  な  る  し  る  下  
           て  自  間  は  も  出  願  の  な  知  下  つ  い  こ   ` の  の  
           み  分  で   `  ` し  望  興  い  ら  活  か   ゜ と  成  で  仕  
           る  が  流  伊  事  て  と  味   ゜ れ  動  し  從  も  功   ` 事  
            ゜ 推  布  賀  情  く  重  と  當  た  や  い  つ  な  し  そ  で  
              定  し  の  は  る  な  の  事  こ   `  ゜ て  い  て  の  あ  
              し  て  忍  同   ゜ り  折  者  と  闇  そ   ` し  も  實  り  
              て  ゐ  び  じ  忍   ` れ  の  な  の  の  そ   ` お  態   ` 
              ゐ  る  と  で  び  超  合  秘  の  世  一  の  記  お  は  闇  
              る   ┐ 忍  あ  や  人  ひ  匿  で  界  方  眞  録  っ  極  の  
              實  忍  術  る  忍  的  が  の   ` が  で  實  に  ぴ  力  世  
              態  術  に   ゜ 術  な   ` 意  人  あ   ` を  殘  ら   ` 界  
             └   知  關      ` 活  庶  志  の  る  そ  知  る  に  秘  の  
                                                              

  忍者は制服を着たか  忍者専用の武器はあつたか  忍者は印を切るか  忍術の專門書はあつたか

              今  り  中  に  る   ┐ が  て  が  て  で  が  も  の  は  く  に  こ  黒              
              も  き  で  は └   忍  で  も  澤  ゐ  す  多  の  忍  當  て  も  と   `             
  映     忍      ` る  仕   ` の  ぶ  き   ` 山  る └   い  で  者  然   `  ` が  濃  映     忍     
  畫     者     昔  こ  事  自  で └   な  そ  あ  や  と   ゜  ` の  で  仕  仕  多  紺  畫     者     
  や     専     も  と  を  分  あ  の  い  ん  る  う  の  こ  敵  服  あ  事  事  い   ` や     は     
  劇     用     變  が  す  も  る  で   ゜ な  東  な  看  れ  味  装  る  の  を   ゜ 濃  劇     制     
  畫     の     る  必  る  庶   ゜ あ  忍  人  京  も  板  で  方  は   ゜ し  す  昔  茶  畫     服     
  で     武     は  要  に  民  庶  り  び  は  の  の  を  は  で   ` し  易  る  か  な  な     を     
  活     器     づ  で  は  に  民   ` は  一  港  で  掛   ` 色  一  か  い  時  ら  ど  ど     着     
  躍     は     が  あ   ` な  の   ┐  ` 人  區  あ  け   ┐ 分  目  し  着  は  ど  の  で     た     
  す     あ     な  る  自  り  中  忍  本  も  邊  る  て  自  け  で   ` 物   ` ん  制  活     か     
  る     つ     い   ゜ 分  き  で  ん  來  見  り   ゜ 諜  分  し  他  映  に  普  な  服  躍           
  忍     た      ゜ こ  も  り  仕  で  の  か  を  外  報  は  て  と  畫  着  段  仕  を  す           
  者     か        の  紳   ` 事  仕  身  け  歩  國  活  諜  ゐ  は  や  替  着  事  着  る           
  は              事  士  紳  を  事  分  る  い  大  動  報  る  異  劇  へ  で  を  て  忍           
   `             情  に  士  す  を  を  こ  て  使  を  部  こ  な  畫  る  は  す  ゐ  者           
  樣              は  な  の  る  す     と  み  館  し  員  と  る  で  の  な  る  る  は           
                  `                                                                


  の  に  て  刺  な  上  釘  て   ┐    は  で  と  り  て  も  小  の  に  危  ど  で  目  げ  び  一  々  
  肌  で  準  し  る  に  が  お  ま      ` で  い  出  投  知  屋  手  も  な  頑  あ  標  ら  た  番  な  
  を  も  備  て   ゜ 撒  立  く  き  映  重  き  ふ  し  げ  れ  で  が   ` く  丈  る  物  れ  物  の  忍  
  刺  容  す  し  後  く  體   ゜ び  畫  い  て  こ  て  つ  な  の  先  う  て  な   ゜ に  た  で  傑  者  
  し  れ  る  ま  ろ  と  的   ┐ し  や  物  ゐ  と   ` け  い  作  に  ま  持  鞘  そ  當  物   ` 作  用  
  て  な  に  ふ  か   ゜ に  ま └   劇  で  る  は  途  る  が  業  傷  く  つ  に  の  れ  は  そ  は  特  
  し  い  は  と  ら  必  四  き  と  畫  あ  の   ` 切   `  ` な  つ  勘  て  で  や  ば   ` れ   ` 製  
  ま  と   ` い  追  ず  方  び  い  で  る  で  無  れ  し  咄  ら  く  所  ゐ  も  う  必  回  を  十  の  
  ふ   ` よ  ふ  ふ  一  に  し  ふ   `  ゜  ` 理  な  か  嗟  ば  こ  を  ら  容  な  ず  轉  敵  文  用  
   ゜ 何  ほ   ゜ て  つ  突 └   も  忍     懐  で  く  も  の   ` と  掴  れ  れ  刃  刺  し  に  字  具  
  手  か  ど  こ  來  の  き  は  の  び     へ  あ   ` 次  時  何  に  ま  な  て  物  さ  て  投  の  や  
  で  の  頑  れ  た  先  出   ` を  が     澤  る  素  々  に  と  な  な  い  お  な  る  も  げ  四  武  
  撒  拍  丈  も  者  が  た  先  ま  逃     山   ゜ 速  と  敵  か  る  い   ゜ か  ら  と  し  つ  方  器  
  く  子  な  身  は  上  物  の  き  げ     容  し  く  懐  に  使   ゜ と  投  な  ば  い  な  け  に  を  
  に  に  容  に   ` 向  で  尖  散  る     れ  か  投  か  向  へ  見   ` げ  い   ` ふ  く  る  刃  使  
  し  自  れ  つ  足  き   ` つ  ら  時     る  も  げ  ら  か  る  せ  自  る  と  よ  原  て   ゜ が  ふ  
  て  分  物  け  に  に  地  た  し  に     に  鋼  る  取  つ  か  物  分  時   ` ほ  理  も  投  伸   ゜ 
                              `                                         `          


  夜  果  眞  岳  て  結  な  忍  で  で              い  し  と  だ  戸  擴  て  て  が  は  に  危  も  
  に  を  言  宗  ゐ  ぶ  ど  者  印  は              た └   に  盗  口  げ  ゐ  き  あ  ク  生  な   ` 
  な  知  を  教  る  指  は  も  を   ` 自     忍     の  と  な  人  に  て  る  た  る  ル  育  く  厚  
  る  る  唱  の   ゜ の   ` の  結  忍  分     者     だ  い  る  が  擴  乾  の   ゜ の  ミ  し  て  い  
  と  人  へ  影  伊  形  今  で  ん  者  が     は     ら  ふ   ゜  ` げ  か  で  菱  で  や  て  扱  革  
   ` が  る  響  賀  は  で  は  で  は  童     印     う  發  こ  う  て  し   ` の   ` ピ   ` へ  の  
  寒  多  こ  を  は   ` も  少  ゐ  巻  の     を      ゜ 想  ん  つ  お   ` 池  実  昔  |  堅  な  手  
  行  い  と  濃  古  大  印  な  た  物  頃     切        が  な  か  け  夜  で  は  か  ナ  い  い  袋  
  と   ゜ に  く  く  日  を  く  も  を  の     る        戯  こ  り  ば  寝  採  四  ら  ッ  殻   ゜ で  
  し  童  よ  受  か  如  結  な  の  口  忍     か        作  と  と   ` る  つ  方  好  ツ  の  菱  も  
  て  の  る  け  ら  来  ん  つ  で  に  者              者  か  足  夜  前  た  に  ん  に  實  は  し  
  門  頃  精  て  眞  の  で  た  あ  く  も              の  ら  を  中  に  菱  尖  で  通  を  池  て  
  付   ` 神  き  言  指  ゐ  が  る  は  の              頭   ` 踏  に   ` の  つ  食  じ  つ  な  ゐ  
  け  冬  統  た  密  の  る   `  ゜ へ  の              に   ┐ み  忍  そ  實  た  用  る  け  ど  な  
  が  の  一  の  教  形   ゜ 自  最   ` 繪              ひ  ま  抜  び  の  を  形  に  う  る  の  い  
  行  寒  の  で  や  に  印  來  近  兩  な              ら  き  く  込  ま  筵  を  さ  ま   ゜ 水  と  
  は  い  効   ` 山  似  を  也  の  手  ど              め  び  こ  ん  ま  に  し  れ  み  實  面   ` 
                                                                                   


  け  業  の  は  し  雜  作  事  る  手              か  像  を  う  判  目  付  ウ  ン  言  度  鼓  れ  
  出  と  教   ` か  な  業  の   ┐ で              と  し  重   ゜ ら  よ  け  ン   ` を  も  を  た  
  し  い  科   ┓ し  機  が  現  虎  印  昔     忍     思  て  ね  そ  な  り  を  タ  セ   ┐ 唱  叩   ゜ 
  の  ふ  書  六   ` 械  で  場  の  を  の     術     ふ   ` 合  ん  い  も  す  ラ  ン  ノ  へ  い  日  
  印  の  で  韜  忍  操  き  で  巻  結  忍     の      ゜ 超  は  な  だ   ` る  タ  ダ  ウ  る  て  蓮  
  で  は  あ ┗   者  作  な  手 └   ん  者     專        人  せ  と  け  不   ゜  ` マ  マ  し   ` 宗  
  あ   ` る  と  の  な  い  順  と  で  は     門        的  て  こ   ` 動  第  カ  カ  ク   `  ┐ の  
  る  ど   ゜ 言  く  ど  と  書  言  ゐ  巻     書        な  忍  ろ  有  眞  三  ン  ロ  サ  不  南  信  
   ゜ ん  教  ふ  は  で  い  を  は  た  物     は        存  者  に  難  言  者  マ  シ  ン  動  無  者  
  自  な  科   ` へ  は  ふ  見  れ   ゜ を     あ        在  の   ` 味  の  に  ン  ャ  マ  尊  妙  は  
  來  職  書  大  て  あ  の  な  る  巻  口     つ        を  印  役  を  は  は └   ダ  ン  の  法   ` 
  也  場  片  陸  ゐ  り  は  が  書  物  に     た        創  を  行  感  う  日  と   ` ダ  信  蓮  數  
  の  で  手  渡  る  が   ` ら  で  は  く     か        り  切  者  じ  が  蓮  唱  ソ   ` 者  華  人  
  や  で  の  り   ┐ ち  現  で  あ   ` は              あ  る  の  る   ` 宗  へ  ワ  バ  は  経  で  
  う  も  現  の  虎  な  代  な  る  い  へ              げ  姿  修  の  意  の  て  タ  ザ  不 └   団  
  な   ` 場  兵  の  こ  の  い   ゜ は   `             た  を  行  だ  味  御   ` ヤ  ラ  動  を  扇  
  総  駆  作  法  巻  と  複  と  仕  ゆ  兩              の  想  姿  ら  が  題  門   ` ダ  眞  何  太  
             └    ゜                                                                


                       で  書  つ  時  筋  う  使  つ  は  が  技   ┐ る  と  産  も  そ   ┓ と  大  
                       あ  で  た  代  の   ゜ 用  て  づ   ┐ が  口   ゜  ` 物  紹  こ  萬  は  將  
                       ら  は  時  も  人   ┓ 中  も   ゜ 口  實  傳  し  實  で  介  に  川  あ  が  
                       う  な  代  安  の  萬  の   ` 現  傳  用 └   か  用   ` さ  は  集  り  教  
                        ゜ く  で  定  著  川  諜  國  在 └   技  と  も  に  現  れ   ` 海  え  科  
                           ` あ  し  作  集  報  會  で  で  術  し   ` 耐  代  て  忍 ┗   な  書  
                          忍  る  て  だ  海  技  圖  も  あ  で  て  重  え  の  ゐ  び  と  い  片  
                          術   ゜  ` が ┗   術  書   ` り  あ   ` 要  な  科  る  の  い   ゜ 手  
                          を  實  忍   ` は  の  館  東   ` つ  記  な  い  學   ゜ 使  ふ  よ  に  
                          宣  用  び  出   ` 教  へ  京  自  た  述  箇  も  技  い  ふ  忍  く  現  
                          傳  を  の  來  伊  科  行  の  學  時  し  所  の  術  づ  専  術  知  場  
                          す  旨  仕  た  賀  書  つ  大  自  代  な  に  だ  の  れ  用  專  ら  作  
                          る  と  事  の  の  は  て  型  習  に  い  な  と  知  も  の  門  れ  業  
                           ` す  が  は  忍  無  も  書  で  は   ゜ る   ` 識   ` 道  書  た  と  
                          宣  る  無   ` 法  い   ` 店  あ   ` 忍  と  す  で  想  具  が  書  い  
                          傳  教  く  江  の  だ  現  へ  つ  全  び   ` ぐ  讀  像  な  あ  物  ふ  
                          書  科  な  戸  家  ら  在  行  た  て  の     判  む  の  ど  る  で  こ  
                                                                           ゜       

  豐かな伊賀  信長の伊賀殲滅

  均  か  天  が  よ  經  の  の     あ  総  知  の  心  れ  の  を  れ  者  諜  地  と  な              
  的  も  下  肥  る  濟  感  知     る  合  識  た  は  る  中  す  る  が  報  下  闘  體              
  に   ` の  え   ゜ 的  覺  識  情   ゜ 判  の  め   ` の  に  る  こ   ` 活  工  ふ  力  芝     豐     
  分  古  情   ` 伊  に  が  の  報     斷  學  に  情  は  は  と  と  そ  動  作  場  や  居     か     
  散  來  勢  伊  賀  豐  磨  集  一     と  習  は  報  當   `  ` は  の  や  と  面   ` や     な     
  し   ` が  勢  は  か  か  成  般     い   ` 地  収  然  敵  目   ` や  地  い  が  超  映     伊     
  て  大  聞   `  ` な  れ  と  に     つ  集  道  集  だ  に  立  あ  う  下  ふ  多  人  畫     賀     
  ゐ  大  こ  京  氣  地  る  學  對     た  め  な   ` が  對  つ  り  な  工  こ  い  的  の           
  た  名  え   ` 候  域  の  習  す     極  た  現  情   ` す  て  得  派  作  と   ゜ な  忍           
  し  が  易  奈  が  で  は   ` る     め  情  場  報  い  る  し  ま  手  の  を  し  技  者           
   ` 育  い  良  穏   `  ` 情  價     て  報  活  操  つ  破  ま  い  な  擔  考  か  を  は           
  他  た  國   ` や  豐  い  報  値     地  の  動  作  の  壞  ふ   ゜ 活  當  へ  し  發   `          
  國  ず  で  大  か  か  つ  の  意     味  分  と  で  時  活   ゜ そ  躍  者  て   ` 揮  主           
  へ   ` あ  阪  で  な  の  流  識     な  析   ` あ  代  動  諜  ん  を  や  み  諜  し  に           
  の  富  る  に   ` 人  時  通   `    作   ` 既  る  も  も  報  な  強   ` る  報  て  超           
  行  が   ゜ 近  土  々  代  な  既     業  利  存   ゜  ` 含  活  こ  い  指  と  活   ` 人           
  き  平  し  く  地  に  も  ど  存     で  用  の  そ  中  ま  動  と  ら  揮   ` 動  敵  的           
            `        `              `                             `                


   ┐ 起  軍  擴  れ  家  が  や  下  け  服  は  伊  一  繰  伊              け  來  者  た  樂  つ  來  
  伊  こ  事  が  た  に  磨  う  關  た  部  服  賀  致  り  賀               ` し  は  の  が  て  が  
  賀  し  能  る  伊  よ  か  な  係  や  の  部  國  團  返  の  織     信     獨   ` 藝  も   ` き  激  
  の  た  力  情  賀  る  れ  國  で  う  支  一  内  結  へ  内  田     長     自  政  能  伊  能  た  し  
  忍  の  な  報  人  二  て  内  は  で  配  族  の  し  し  部  信     の     の  治  人  賀  と   ゜ か  
  び  で  ど  網  は  度  き  で  な  あ  を  と  實  て   ` で  長     伊     情  社  の  の  し  遊  つ  
 └   あ  を   `  ` に  た  の  か  る   ` 擬  力  外  ひ  は  に     賀     報  会  特  地  て  び  た  
  と  ら  賣  一  そ  及  と  抗  つ   ゜ 南  似  者  部  と  日  よ     殲     網  の  權  に  高  の  の  
  い  う  り  度  の  ぶ  言  争  た  そ  部  縁  は  に  た  常  る     滅     を  上  を  お  い  中  で  
  ふ   ゜ 文  は  諜  侵  は  の  や  の  は  戚   ` 向  び  的  伊           作  層  活  い  藝  か   ` 
  言  そ  句  織  報  略  れ  中  う  支  百  の  お  か  外  に  賀           り  部  か  て  術  ら  自  
  葉  の  に  田  技  で  て  で  で  配  地  關  お  つ  敵  小  殲           あ  に  し  で  性  職  由  
  が  中  就  勢  術   ` ゐ   ` あ  も  の  係  む  た  が  さ  滅           げ  繋  て  あ  を  業  な  
  擴  か  職  を   ` 國  る  諜  る   ` 支  を  ね  と  現  な  以           た  が  全  る  賦  化  發  
  が  ら  活  退  天  を   ゜ 報   ゜ 強  配  持   ` い  れ  抗  前            ゜ り  國   ゜ 與  し  想  
  つ   ` 動  け  下  追  織  技  そ  い  を  つ  北  ふ  る  争  は              を  を  能  さ  た  が  
  た     を  た  に  は  田  術  の  上  受  て  部   ゜ や  を   `             つ  往  役  れ  猿  育  
                                             `                                     


                             で  る  そ  る  で  す  ぬ  を  件  變  機  な  で  五  頃  組  は  の  
                             あ  こ  れ  特  も  る  す  打  で  に  で  が  あ  十  の └    ` で  
                             る  と  ら  殊   ` こ  み  ち   ` よ  あ  ら  る  人  前  が  前  あ  
                              ゜ が  の  工  あ  と  組  破  石  る  る   `  ゜ ほ  田  活  田  ら  
                                あ  活  作  ち  と └   る  動  能   ゜ 敵   ┐ ど  家  躍  が  う  
                                り  躍  隊  こ  な  が  重  山  登  前  方  ぬ  の  に  す  抱   ゜ 
                                得  が  を  ち  つ  齎  要  に  一  田  の  す  特   ` る  へ  能  
                                な  歴  擁  の  た  し  な  籠  國  家  情  む  殊  伊  が  て  登  
                                い  史  し  大  が  た  き  も  の  の  報 └   工  賀   ` ゐ  の  
                                の  の  て  名   ` の  つ  つ  反  場  で  の  作  人  織  た   ┐ 
                                は  表  い  が  加  で  か  た  亂  合  あ  は  隊  を  田   ┐ 荒  
                                 ` 面  た   ` 賀   ` け  能  と  は  り   ` が  中  信  伊  山  
                                當  に  こ  伊  の  歴  を  登  い   `  ` 當  あ  心  長  賀  合  
                                然  記  と  賀  前  史   ┐ 國  ふ  本  戰  然  つ  と  が  の  戰  
                                の  録  だ  人  田  に  伊  総  重  能  闘  の  た  し  死  ぬ  記  
                                こ  さ  ら  に  以  登  賀  一  大  寺  の  こ  わ  た  ん  す └   
                                と  れ  う  よ  外  場  の  揆  事  の  好  と  け   ` だ  み  に  
                                       ゜                                           

伊賀國の玄關頁へ  伊賀國ふるさとはなし・書き込み帳
この網上葉の經過
○平成二十八年八月二十三日、掲載廣告の一部を削除。
○平成二十七年六月二日、電子飛脚の宛先を更新。
○平成二十一年正月四日、誤字訂正。
○平成十九年十二月十日、電子飛脚の宛先を更新。
○平成十八年二月二日、誤字訂正。
○平成十七年六月十日、誤字訂正。
○平成十七年二月七日、掲載。
御意見、御感想をお寄せ下さい。電子飛脚は、各ページの著作権者名またはこの★(電子飛脚のソフトが立ち上がつたら、宛先から「ひらかな」を消して下さい。)
★ 御 注 意 ★
  この網上葉(ページ)およびここから繋がる『伊賀國』に所屬する網上頁および網上葉(ページ)の著作權は下記に記した者が保有してゐます。これらの内容を閲覧するために、網際(インターネット)上から自分の機械へ電氣信號(データ)を取り込んで展開すること、ならびにその情報(データ)を網際通信(インターネット)を切斷して閲覧するために保存することは出來ますが、それ以外のいかなる複製・複冩・印字・譲渡・貸與行爲をも禁止致します。ご利用の際は事前にお申し込み下さい。
  ○引き紐を着けること(リンク)は御自由です。

著作權者    御意見、御感想をお寄せ下さい。電子飛脚は、各ページの著作権者名またはこの★(電子飛脚のソフトが立ち上がつたら、宛先から「ひらかな」を消して下さい。)   平成十七年、乃至平成二十八年
CopyRight © 2005 - 2016 Higasikawa Yositugu

>