いがのくにふるさとはなし

伊 賀 國

まつりの思ひ出

東川吉嗣


伊賀國の玄關頁へ
供 と で 町 に に   の た じ で べ て が た 町 く 祭 町   つ っ 張 年       向 懐 ` へ 無 な   役 し 學 休 っ ゐ 出 ゜ ま ` だ の   た さ の 代       け か す 行 い つ ご 割 ` 級 み さ た て 名 で 柳 つ え ┐ ゜ ん 春 ゜ 自   祭 の し ぐ つ が て く が 外 の に ん の き 張 は 原 た べ 名   └ 日 自 分   の 物 い 毀 た ` か 幼 あ に 平 な └ で た の ` ` の っ 張   そ さ 分 が   思 ば ゜ れ ゜ 小 ら い つ も 尾 つ の ` ゜ 祭 出 鍛 で さ の   し ん に 小   ひ か 祭 た 祭 遣 は 頃 た ` の て 日 ┐ 自 に 店 冶 ` ん 春   て の と 學   出 り で が で ひ ` は と 名 女 ` は 春 分 は が 町 近 └ 日   ┐ 祭 つ 生     で 賣 ` 買 を 幾 親 思 張 の 早 ` 日 は 曾 並 ` 郷 は さ   積 └ て の     は つ 今 ふ 貰 ら と ふ の 子 く 午 さ 名 爾 び 上 か 名 ん   田 ` ` 頃     な て 思 た ひ 貰 一 ゜ 町 は 家 前 ん 張 の ` 本 ら 張 の   神 ┐ 祭 ゜     い ゐ ひ 物 ` ふ 緒   の ` へ 中 の 小 邊 人 町 の の 祭   社 鍛 と 昭     が た 出 は 兄 た に   子 巫 歸 の 祭 學 り で ` 人 町 └   の 冶 言 和     ` の し ` と か `   に 女 つ 二 └ 校 か 一 本 の あ と   祭 町 へ 二     大 は て ち 一 ` 小   は 役 た 時 と へ ら 杯 町 出 げ ┐   └ の ば `     人 ` 見 ゃ 緒 記 學   子 を ゜ 限 ┐ 通 も だ ` が て 鍛   で え ┐ 三     の 子 る ち に 憶 生   供 し 同 位 え ふ 人 つ 中 多 の 冶   あ べ 名 十    

俳 し の て 繋 ○       送 引 に ○ け り り 枝 ○ 面 て や ○       な 物 優 く 針 ` い 擴       り く 並 ブ ゜ ` ` を 細 だ ゐ ` セ       い に の は を 一 だ 大   自   出 と べ リ   ヒ そ 振 い つ た お ル   親   ゜ は 冩 縮 原 つ 目 縮   分   す パ て キ   ヨ の り 枝 た ゜ 龜 ロ   に     關 眞 小 畫 の 盛 小   で   仕 ン 捲 の   ヒ 時 回 の か 自 ` イ   買     心 な の に 端 付 の   買   掛 と い 拳   ヨ に す 先 ` 分 火 ド   ふ     が ど 繪 な に き 模   ふ   け 音 た 銃   と ツ と に 憶 が 男 の   て     無 を を ぞ 鉛 の 写   た   ゜ が 物 ゜   音 バ ` 絲 え 買 ` お   貰     い 上 複 ら 筆 棒 具   物     し を 火   が メ ツ で て ふ 天 面   ふ     の 手 製 え を ` ゜         て 付 藥   す の バ 吊 ゐ て 狗 ゜   た     で に す な つ 二 ┐         一 け の   る 腹 メ し な 貰 な 幼   物     あ 複 る が け 組 く         つ て 玉   ゜ の の た い ふ ど い         ま 製 道 ら て を └         分 ` を   面 ブ 尾 ` ゜ た の 頃         り し 具 ` ` 組 の         の 引 巻   白 リ が ツ   の 面 は         憶 な ゜ 擴 別 合 字         火 き 紙   い キ 風 バ   は が 金         え が 人 大 の は 形         藥 金 の   仕 を で メ   何 賣 太         て ら 氣 も 端 せ に         を を 上   掛 擦 廻 ゜   の つ 郎         ゐ

た ` た は ふ る 此 ば 分 物 ○ れ に え と 薄 ` な 白 せ ○ 理 理 す た 金 賣 ゜ 便 ゜ せ て ゜ 処 ` の が 透 た な る 紙 紙 濃 ど い る 何 解 を ぐ が 屬 つ 自 所 こ て ` こ に 手 手 見 視 ゜ つ ゜ が の い で 板 ` と で 習 に ` で て 分 の れ ` 見 れ ` の を え 眼   た 薄 板 間 色 書 に 書 言 き ふ 毀 接 出 ゐ も 中 で ┐ て を 戰 骨 日 る 鏡   か 紙 か に に く 薄 き ふ た た れ 續 來 た 兄 の 女 見 ゐ 通 時 が に と ゜   ` が ら 通 書 と 紙 込 物 ゜ 時 た 部 て ゜ も 人 の え る し 中 見 か い 間   い 破 は し け ` を み か   に ゜ 分 ゐ 安 一 を 人 る 客 て の え ざ ふ に   づ れ が た る 薄 載 板 知   ` 高 が た い 番 見 を だ の 看 鐵 る し 道 あ   れ た れ 棒 が 紙 せ ゜ ら   こ 校 木 ゜ の 安 る 見 ら 一 れ 砲 └ て 具 る   に か て を ` が た 帳 ぬ   の の ね 一 は い な て う 人 ば の ` ` ゜ 物   し ` ` 横 消 板 も 面 が   道 幾 じ 番 木 ` と は └ に 見 彈 ┐ ┐ 賣 を   ろ 粘 書 へ す に の 位 `   具 何 だ 安 で 小 か 駄 と ` え が 自 こ る 透   ` 着 い 移 時 粘 で の 幾   の で つ い ` さ 言 目 言 こ る 殘 分 れ 人 け   ぢ 材 た 動 は り ` 大 ら   仕 相 た の 高 い ふ だ ふ れ └ つ の で は て   き が 物 さ ` つ 木 き で   組 似 の を い の て と て を と て 頭 見 ` 目   に 駄 が せ 板 い の さ も   み の で 買 の を ゐ か ゐ 使 言 ゐ の れ 自 的   毀 目 消 る と て 先 の 消   が 原 ` ふ は

げ 枝 ○ そ 郷 ` ど | な る ○ 争 性 不 軸 置 ○ の は 品 つ キ の 二 ` ` 買 た に け の 土 平 が ジ い い 忍 だ の 均 を い 競 に 自 を て だ 薄 枚 二 何 ふ も 縁 き 時 コ 成 這 の が は 術 つ 法 等 廻 て 争 ア 分 大 ゐ と い を 枚 も た の 起 ょ ` | に 入 揃 ` 何 の た 則 に す ` 競 ホ の の た 知 所 挾 の 見 ゜ ゜ の ゜ 再 ナ な つ わ 薄 か 本 か を 齣 と 片 技 や 事 大 の つ を み ガ え 家 こ 良 エ 會 | つ て な つ 外 ゜ 憶 巧 が ` 隅 遊 な を 人 で た 挾 ` ラ な へ ん い ベ し を て ゐ い ぺ の 福 え く 進 斷 に び あ 棚 が 觀 ゜ ん そ ス い 歸 な 品 ッ た 訪 か た 透 ら 物 袋 て 利 む 續 あ ゜└ に 買 て 次 で の 板 の り 物 の サ ゜ れ ら ゜ 明 な と の ゐ 用 ゜ 的 る 紙 と 上 ふ ゐ の あ 窗 の で ` を 雛 ン   る ` こ 人 忍 一 や な し ゴ な ゴ の 思 げ て る 年 つ の 間 ` 早 買 形 の   機 名 の 間 術 緒 う い た ム 振 ム 上 ふ て ゐ と に た 所 に ば 速 ふ を 吉   會 張 忍 の の だ な ゜ 遊 の 動 の に た ┐ た ` ` の に 窗 ら 使 の 澤 兆   が 市 術 漫 本 つ も   び 彈 が つ 幾 ゜ イ の 大 同 で ` を し ふ は 山 飾   あ 圖 の 畫 と た の   ゜ 性 起 い つ   ン で き じ ` 鶏 明 て て ` ぶ り   つ 書 本 の か か か   何 と こ た か   チ ` い 物 イ の け み 看 小 ら ゜   て 館 に 本 ` 知 `   の ` り 廻 齣   キ 自 高 が ン 羽 た た た 學 下 小   ` の は な ペ ら あ   競 慣 ` 轉 を   や 分 い 賣 チ 根 紙 ら が

を 翌 ○ 並 の ○ ゐ 船 ○ ン で つ の 壁 き つ ○       ┐ を 供 供 つ ○ 生 纏 日 陶 べ 切 し た を 樟 チ ` た 新 に な て 火       ブ 二 ら を ぱ エ も め ` 磁 て り し ゜ 浮 脳 キ 同 ゜ 聞 は が ゐ 事   自   ウ つ は 卒 り ベ お 買 自 器 賣 身 の   か の だ じ 翌 記 ` ら た 場   分   ウ 明 ` 業 蛤 ッ 終 ひ 轉 ゜ つ ` 肉   べ 小 と 萬 年 事 萬 ` ゜ の   で   | け 貝 の も サ ひ し 車 茶 て 猪 と   て 舟 判 年 も を 年 並 灰 萬   は   └ て の 頃 買 ン の て で 碗 ゐ の 皮   す ゜ つ 筆 同 切 筆 べ ま 年   買   と ` 角 ゜ は の 頃 ゐ 買 や た 毛 革   い 盥 た を じ り 工 て み 筆   は   音 併 を エ う 蛤 ゜ た ひ 皿 ゜ 皮 製   す に ゜ 賣 場 抜 場 賣 れ ゜   な   を せ 石 ベ か ゜   ゜ に な   で 品   い 水   つ 所 い が つ の と   い   出 た で ッ ` エ     行 ど   作 ゜   動 を   て で て 火 て 萬 の   物   し 貝 擦 サ と ベ     き ゜   つ 大   く 張   ゐ ` 貼 事 ゐ 年 ふ       て を り ン な ッ     ` 父   た き   の り   た 同 り に た 筆 れ       遊 口 ` の る サ     小 が   靴 な   を `   の じ 付 な ゜ を こ       ん に 小 後 の ン     皿 `   な 臺   見 小   で 貼 け つ 後 布 み       だ あ さ は は な     な 祭   ど に   せ さ   ` り て た ろ で で       ゜ て な ` ` ら     ど の   を 猪   て な   イ 紙 あ と の 拭 賣         て 穴 子 子 や  

                                            る ○ た ゜ ○                                             が 輪 か 歩 食                                             ` 投 ら き べ                                             不 げ か な 物                                             確 や と が ゜                                             か 射 思 ら 食                                             ゜ 的 ふ 物 べ                                               ゜ ゜ を 物                                               あ   食 を                                               つ   べ 買                                               た   る ふ                                               や   習 た                                               う   慣 記                                               な   が 憶                                               氣   無 は                                               が   か 無                                               す   つ い

└ み 燈 燈 買 が   う 育 父 切 の た 座 て ひ ┐ の た 重 神   な か     積 と や さ 籠 ふ 何   ち ち の れ を や が ` と こ 東 ` 箱 社   い つ     田 い └ れ に た 軒   が ` 従 端 ` う 設 中 も の 川 何 を へ 幼 ゜ た 自   神 ふ と て は 憶 か 積 松 今 兄 も 自 に け に ┐ 人 や 処 持 貰 い   の 分   社 聲 言 風 ` え 出 田 永 は 弟 一 分 四 ら 入 そ は └ の ち ひ 頃   で の   の が ふ 情 か が た 神 の 名 に 緒 の 角 れ れ や 松 と 子 ` に `   ` 家   祭 聞 て が わ な と 社 代 張 あ に 重 い て て そ 永 言 や 社 行 松   氏 は   り こ ` あ ら い 記 の は か た 貰 箱 お ゐ く や さ ふ └ 務 つ 永   子 積     え ┐ つ け ゜ 憶 祭 り ら り ふ に こ て れ 松 ん と と 所 た の   と 田     て サ た に 神 す り を 離 ` て 移 わ ` た 永 や ` 訊 へ こ ┐   し 神     ` | ゜ 容 社 る に し れ 同 歸 し が 折 ゜ さ └ 近 か 行 と 祭   て 社     大 ッ 前 れ の が は て て じ つ ` 置 敷 社 ん と く れ く が の   の の     人 サ の た 參 ` ` ゐ ゐ 家 た ユ か に 務 や 言 に た と あ 膳   行 氏     達 | 晩 油 道 何 境 た る で ゜ ズ れ 型 所 └ ひ ゐ ゜ ` る └   事 子     が ッ は に の か 内 も の 一 松 の て 抜 の と ` た ┐ ┐ ゜ を   は で     羽 サ ┐ 火 春 物 に の で 緒 永 皮 ゐ き 中 言 別 人 坊 あ 空 積   知 は     織 | よ が 日 を 店 ゜ ` に は の た し に ふ の が 垣 ん の 田   ら な    

で 籠 の ち   く ぞ き   分   言 に 鼓 な 舞 神 何 い き た め い 狗 た よ 袴 あ の 參 の   └ う な   が   ふ 獅 に い が 社 か た た り は 動 ` ゜ く で る 列 道 神 自 に く 建   童 今 て 子 併 だ あ の と ゜ の と 坊 作 火 獅 は 提 ゜ ` の 社 分 あ └ て 積 の は た 舞 せ の る 本 不 深 が い 垣 の 男 子 知 灯 し ど 長 や は た と 増 田 頃 子 わ を て 夜 ゜ 殿 都 山 ` ふ の 舞 ` は ら を か れ さ 獅 名 る い し 神 は 供 └ 見 首 ` あ 前 合 で 夏 ゜ 深 ひ お 中 な と し を と 子 張 と ふ や 社 大 御 と て を 吉 る で が の 見 深 山 を 亀 に い も ` 取 整 舞 を の て 修 は 人 輿 母 た 振 嗣 年 焚 あ 舞 の 山 家 す が 二 ゜ し 今 つ 備 を 離 こ ゐ 繕 二 の も に っ り さ ` き つ ひ 獅 が へ る ゐ 人 晝 て あ て ` 見 れ と る を 十 御 あ 言 て な ん 祭 火 た 初 子 ` 行 ゜ て が 間 神 る も 宮 た て ゜ ゜ し 一 輿 る は ` が は り を と め 舞 獅 き そ ` 這 は 社 ┐ ` の が か   今 て 年 だ さ れ だ ら 一 の し の を の 子 舞 の な 入 獅 へ 鹿 優 森 ` ら   年 ` に け う た れ ` 番 後 な こ し 始 舞 ふ 年 か り 子 行 の れ ` 積 `   は こ 一 だ だ ゜ 誰 一 前 で が と な ま を の の な ` 舞 つ 銅 た 春 田 あ   ┐ れ 度 つ が   さ 所 で ` ら ゜ い り 習 が 舞 か 外 が た 像 風 日 神 ち   ぞ を ` た `   ん 懸 ` ┐ 獅 夜 年 と ふ し ひ 激 に 舞 が └ 情 燈 社 こ   う ┐ 大 ゜ 自   が 命 太 こ 子 ` は 聴 て き 初 し 天 ふ `

                                              く の て な                                               優 内 ゐ ど                                               れ 容 る `                                               て は や わ                                               ゐ ` う ざ                                               る よ に わ                                               や そ 見 ざ                                               う の え 金                                               に も る を                                               思 の ゜ 掛                                               ふ よ 獅 け                                               ゜ り 子 て                                                 完 舞 風                                                 成 も 情                                                 度 ` を                                                 が 舞 壊                                                 高 ひ し

附 中知山の祭り
  祖父曾和佐次右衞門がゐた頃は、中知山の祭りには、膳が屆けられたとのこと。
伊賀國ふるさとはなし書き込み帳 伊賀國の玄關頁へ
この網上葉の經過
○平成二十八年八月二十三日、掲載廣告の一部を削除。
○平成二十七年六月二日、電子飛脚の宛先を更新。
○平成十九年十二月十日、電子飛脚の宛先を更新。
○平成十六年八月三日、更新。
○平成十五年拾月十七日、掲載。
御意見、御感想をお寄せ下さい。電子飛脚は、各ページの著作権者名またはこの★(電子飛脚のソフトが立ち上がつたら、宛先から「ひらかな」を消して下さい。)
★ 御 注 意 ★
  この網上葉(ページ)およびここから繋がる『伊賀國』に所屬する網上頁および網上葉(ページ)の著作權は下記に記した者が保有してゐます。これらの内容を閲覧するために、網際(インターネット)上から自分の機械へ電氣信號(データ)を取り込んで展開すること、ならびにその情報(データ)を網際通信(インターネット)を切斷して閲覧するために保存することは出來ますが、それ以外のいかなる複製・複冩・印字・譲渡・貸與行爲をも禁止致します。ご利用の際は事前にお申し込み下さい。
  ○引き紐を着けること(リンク)は御自由です。

著作權者    御意見、御感想をお寄せ下さい。電子飛脚は、各ページの著作権者名またはこの★(電子飛脚のソフトが立ち上がつたら、宛先から「ひらかな」を消して下さい。)   平成十五年、乃至平成二十八年
CopyRight © 2003 - 2016 Higasikawa Yositugu