×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

いがのくにふるさとはなし

伊 賀 國

いがのゆかりえどのみどころ

伊賀由縁江戸華


駒込の目赤不動堂

東川吉嗣


○澁谷區神宮前の穏田神社 - 昔の伊賀衆の給地の鎮守
○文京區駒込の目赤不動尊 - 赤目瀧の不動尊に纏はる
○豐島區西池袋の江戸川乱歩舊宅 - 舊藤堂藩士の末で、名張生まれの作家

  澁谷區神宮前の穏田神社  澁谷區神宮前五丁目二十六番六號。


     駄  て  右  が  廣  ろ  水  右  と  と  理  建  の  社     十  ぐ  る  表  手  初        地        
     个  ゐ  の  ゐ  場  に  鉢  手  左  し  の  物  脇 └      分  の  交  參  線  め        の        
  こ  谷  る  獅  て  の  は  が  に  手  て  跡  ら  の  と  參  ほ  細  差  道  の  て  平     鎮  澁     
  の  町   ゜ 子   ` 拝  荒  あ  は  に  一  が  し  建   ` 道  ど  い  點  の  原  穏  成     守  谷     
  神   ` そ  の  左  殿  削  る   ┐ は  種  あ  い  物  正  入  で  道  で  廣  宿  田  二        區     
  社  穏  の  腹  の  の  り   ゜ 鏡  登  の  り   ゜ は  字  口  穏  を  陸  い  驛  神  十        の     
  か  三  臺  の  獅  前  の  拝  水  り  風   ` 參  神  體  の  田  南  橋  通  か  社  二        穏     
  ら  番  座  下  子  に  素  殿 └   階  格  痛  道  社  で  大  神  へ  を  り  ら  に  年        田     
  澁  組  に  か  は  は  朴  前  と  段  が  々  入  所  彫  き  社  進  澁  の  澁  參  九        神     
  谷 └   は  ら  珠  細  な  の  太  で  あ  し  口  有  ら  な  の  ん  谷  神  谷  拝  月        社     
  驛  と   ` は  を  か  形  廣  く  脇  る  い  の  の  れ  石  前  だ  方  宮  驛  し  十              
  は  あ   ┐ 小  押  い  の  場  彫  道   ゜ が  石  事  て  柱  に   ゜ 面  前  方  た  八        -      
  近  る  發  獅  さ  細  狛  に  り  が  參   ` の  務  ゐ  に  出  歩  へ  小  面   ゜ 日              
  い   ゜ 起  子  へ  工  犬  出  つ  來  道  古  鳥  所  る   ┐ た  道  渡  學  へ  今   `       伊     
   ゜    人  が  て  の  が  る  け  て  を  色  居  用   ゜ 穏   ゜ 橋  り  校  歩  囘  土        賀     
         ` 覗  ゐ  狛  ゐ  と  た  ゐ  進  蒼  は  賃  參  田     か   ` の  い  は  曜        者     
        千  い  て  犬  る  こ  手  て  む  然  修  貸  道  神     ら  す  あ  た  山  日        給     
               `     ゜        `                                ゜     `             

  川  デ  は     盛  の  地  を  の  の  家  建  一   ┐ に  こ  安     と  狛  防  の  に     た        
  が  ン   ┐    ん  神  と  た  變  翌  康  は  帯  第  よ  の  政      ゜ 犬  團  臺  就      ゜       
  あ └   百  附  に  社  し  て  に  年  が  不  の  六  る  神  四  社     は  の  座  い  社  今  十     
  り  と  姓  屬  な  は  て  た  際   ` 關  明  産  天  と  社  年  務     舊  名  に  て  務  囘  月     
   ` 書  地  の  つ  穏  與  伊  し  天  東  と  土  社   ` の  の  所     小  と  彫  尋  所  は  十     
  こ  か └   繪  た  田  へ  賀  て  正  を  の  神 └   こ  由  穏  で     松  の  ら  ね  で  澁  六     
  の  れ  や  圖  と  一  た  衆  の  十  領  こ  と  と  の  緒  田  貰     宮  こ  れ  た  由  谷  日     
  川  て   ┐ を  さ  帯  と  に  家  九  有  と  し  稱  神  を  村  つ     邸  と  た   ゜ 緒  驛   `    
  は  ゐ  田  觀  れ  の  い  對  康  年  す   ゜ て  し  社  説  一  た     に   ゜  ┐ 拝  書  か  土     
  現  る └   る  て  鎮  ふ  し  の   ` る  天  祀  て  は  明  帯   ┐    あ  參  穏  殿  を  ら  曜     
  在   ゜ で  と  ゐ  守   ゜  ` 伊  か  こ  正  ら  ゐ  明  し  の  參     り  道  三  の  い  歩  日     
  は  神   `  ` る  と  そ  穏  賀  つ  と  十  れ  て  治  て  繪  拝     し  の  番  す  た  き   `    
  道  社   ┐ 神   ゜ し  れ  田  越  て  と  八  て   ` 維  ゐ  圖  の     も  素  組  ぐ  だ  で  再     
  に  の  此  社     て  以  の  え  の  な  年  き  こ  新  る  を  栞     の  朴 └   前  き   ゜ び     
  な  裏  辺  の     祭  來  地  で  本  り   ` た  の  以   ゜ 添 └      と  な  は  の   `    參     
  り  に  ヲ  周     儀   ` を  武  能   ` 徳  が  附  前  そ  へ  に     の  形   ` 狛  狛     拝     
   ` は  ン  り     が  こ  給  功  寺  そ  川  創  近  は  れ  て  は     こ  の  消  犬  犬     し     
                                                   `                               

                                               行  た  充  な  賀  た     と  か  て  西  川  
                                               政  め  て  ど  衆  支     殘  ら  ゐ  側  筋  
                                           ┌┐ 權  の   ` を  は  配  給  つ  の  る  の  を  
                                            平  な  費  あ  年   ` 權  地  て  人  や  道  挾  
                                            成  ど  用  る  貢  穏  の  と  ゐ  間  う  は  ん  
                                            二  も  に  い  な  田  及  は  る  の  だ  現  だ  
                                            十  與  充  は  ど  の  ぶ   ` こ  營   ゜ 在  東  
                                            二  へ  當   ` の  土  土  領  と  み  こ  の  側  
                                            年  ら  し  自  形  地  地  主  が  の  の  山  の  
                                            十  れ  た  分  で  か  で  が  判  姿  こ  手  道  
                                            月  た   ゜ 等  得  ら   ` 配  る  が  と  線  は  
                                            二   ゜ 現  の  て  あ  こ  下   ゜ 今  か  の  現  
                                            十     代  職   ` が  の  の     も  ら  通  在  
                                            一     の  務  生  る  場  者     は  も  路  も  
                                            日     警  を  活  生  合  に     つ   ` と  あ  
                                             `    察  行  費  産   ` 與     き  古  な  り  
                                            記     權  ふ  に  物  伊  へ     り  く  つ   ` 
                                           └┘     `                               

安政四年の繪圖 - 赤地に「第六天」とある  參道  修繕痕が痛々しい鳥居  拝殿  仔獅子が腹の下に  珠を押さへた獅子  素朴な形の狛犬 右  素朴な形の狛犬 左

  文京區駒込の目赤不動尊  文京區本駒込一丁目二十番二十號 南谷寺


  が  本  つ  寺  を  立  道  六  詰  こ  を  前  進  る  道  神  の  本  る  尊  駒                    
  取  堂  と  が  挾  つ  の  義  め  と  登  に  す  と  と  田  は  郷   ゜ は  込        南           
  り  が  ご  あ  ん  の  兩  園  て  も  り  は  る  き  い  駿  う  の  自   ` の  平     谷  文     文  
  壊  綺  ち  る  で  は  側  か   ` あ  來   ` と  の  は  河  へ  東  分   ┐ 南  成     寺  京     京  
  さ  麗  ゃ   ゜  ` 吉  に  ら  六  る  た  不   ` 通  れ  臺  進  京  は  目  谷  十        區     區  
  れ  に  ご  一  南  祥  は  東  義   ゜ こ  忍  山  り   ` か  ん  大   ` 赤  寺  七        本     駒  
  た  な  ち  番  側  寺  寺  京  園  今  と  通  手  道  徳  ら  だ  學  も  不  を  年        駒     込  
  り  り  ゃ  最  に  で  が  大  の  回  も  り  線  で  川  續  左  の  う  動  參  七        込     の  
   `  ` し  初  ず  あ  多  學  は  は   ` か  の  あ  将  く  手  前  四 └   拝  月        一     目  
  綺  隣  た  に  れ  る  い  ま  う   ` 團  ら  駒  つ  軍  尾  に  の  五  と  し  十        丁     赤  
  麗  近  感  來  た   ゜  ゜ で  か  不  子  動  込  た  が  根  あ  大  度  し  た  七        目     不  
  に  所  じ  た  位  吉  一  の  ら  忍  坂  坂  驛   ゜ 日  道  る  通  は  て   ゜ 日        二     動  
  建  の  が  と  置  祥  番  間  歩  通  を ┌┐ で  こ  光  で   ゜ り  訪  知  こ   `       十     尊  
  て  木  し  き  に  寺  大  の  い  り  登  ド  あ  の  へ   ` こ  を  れ  ら  こ  日        番        
  直  造  た  は   ` と  き   ` て  を  り  ウ  る  道  參  岩  の  六  て  れ  の  曜        二        
  さ  建  が   ` 南  は  く  こ  み  上  來  ザ   ゜ を  詣  槻  道  義  ゐ  て  不  日        十        
  れ  築   ` も  谷  道  目  の  た  り  た  カ  以  直  す  街  は  園  る  ゐ  動   `       號        
   `                       ゜      └┘                    ゜                         


     あ  の  れ  ゐ  い  に  し  茶  ノ  北  來  が  の     坂   ┐ の  さ  に  ら  動  た  る     化  寺  
     ら  縁  な  な  つ  目  て  屋  輪   ` な   ` 深      ` 動  口  な  あ  な  尊  表  が     が  の  
  南  う  で  い  い  で  白  ゐ   `  ` 青  ら  そ  い  江  不  坂  利  庵  る  い  で  記   ` 境  あ  境  
  谷  と  目  氣   ゜ も  不  な  白  赤  は  ば  の  五  戸  動 └   き  が  駒   ゜ あ  が   ┐ 内  り  内  
  寺  思  白  持  い  行  動  い  が  が  東   ゜ 配  色  の  坂  と  で  あ  込  こ  る  そ  伊  に   ` も  
  か  ふ  不  が  い  け  尊   ゜ 目  駒   ` 黄  色  を  五 └   い  今  つ  病  の  か  の  勢  文  さ   ` 
  ら  の  動  あ  加  る  の  と  白  込  白  色  は  割  色  と  ふ  の  た  院  地  ら  ま  の  京  つ  駐  
  は  み  尊  り  減  と  み  こ  で   ` は  が   ` り  不  い  の  地  ら  の  へ   ` ま  國  區  ぱ  車  
  東   ゜ の   ` な  思   ` ろ   ` 黒  西  中  い  振  動  ふ  も  へ  し  下  遷  伊  で  の  の  り  場  
  京     近  そ  色  ひ  參  で  五  が  で  央  い  つ  と  こ   ` 遷  い  の  る  賀  あ  赤  説  と  が  
  大     く  の  の  な  拝  自  行  目  あ   ` 加  て  て  と   ┐ つ   ゜ 交  前  國  る  目  明  し  出  
  學     へ  う  配  が  し  分  説  黒  る  赤  減  言   ` ら  不  た  そ  番  は  で   ゜ 山  板  た  來  
  の     行  ち  當  ら  て  は  の   ` が  は  で  は  五  し  動  と  れ  の   ` な  赤 └   が  印  た  
  は     く  に  に   ` ゐ  こ  意  青   ` 南  あ  れ  行  い  尊  い  を  邊  今  け  目  と  建  象  り  
  う     こ   ` は  行  な  れ  味  が  黄   ` る  て  説   ゜ の  ふ  藤  り  の  れ  瀧  間  て  が  と  
  へ     と  何  惹  つ  い  ま  を  三  が  黒   ゜ ゐ  に     庵   ゜ 堂  に  動  ば  の  違  て  あ   ` 
  歩     も  か  か  て   ゜ で  な  軒  三  は  本  る  縁     の     家  小  坂  な  不  へ  あ  る  變  
                                                                              ゜    


                                                                          婦  を  き  
                                                                          の  下   ` 
                                                                          出  り  日  
                                                                          勤   ` 本  
                                                                          姿  日  醫  
                                                                          を  本  科  
                                                                          觀  醫  大  
                                                                          て  大  學  
                                                                          歸  附  と  
                                                                          路  屬  根  
                                                                          に  病  津  
                                                                          つ  院  神  
                                                                          い  の  社  
                                                                          た  美  の  
                                                                           ゜ 人  間  
                                                                             看  の  
                                                                             護  坂  
                                                                                   
南谷寺の山門  不動堂  目赤不動の説明


  天  て  と  を  驛  で  る  り  本  隅  帯  書  事  製  左  郷  つ  館  下  通  山  雨              
  祖  ゐ  不  歩  に  て  と  て  郷  を  が  い  現  薬  側  通   ` な  を  り  切  の              
  神  る  忍  く  近  ゐ  こ   ` 通  解  六  て  場  駒  に  り  登  ど  越  の  通  如  平     目     
  社   ゜ 通   ゜ い  る  ろ  閉  り  放  義  あ  は  込   ` と  り  あ  す  右  し  き  成     赤     
  は  あ  り  天  樣   ゜  ゜ 門  に  せ  園  る  ト  事  東  交  坂  り  と  側  か  濕  四     不     
  左  ち  の  祖  子  月  入  時  近  し   ゜  ゜ タ  務  洋  叉  と   ゜ 左  を  ら  つ  年     動     
  側  こ  交  神   ゜ 曜  場  間  い  樣  公  右  ン  所  文  す  な  や  側  六  不  た  九      -     
  に  ち  差  社  帰  日  料  で  邊  子  園  に  塀  解  庫  る  り  が  に  義  忍  空  月            
  見  の  點  の  り  は  二   ` り   ゜ あ  一  で  體   `  ゜  ` て  都  園  通  氣  十     平     
  ゆ  路  に  祭  は  休  百  入  に  赤  り  區  圍  工  駒  更  上   ` 營  前  り   ゜ 五     成     
   ゜ 地  御  禮  本  み  圓  場  六  煉  て  畫  み  事  込  に  り  少  住  ま  へ  夕  日     四     
  吉  で  神  日  郷   ゜ な  者  義  瓦   ` 這   ` 現  警  暫  詰  し  宅  で  出  刻   `    年     
  祥  御  酒  で  通  も  ど  を  園  塀  六  入   ┐ 場  察  く  め  左   ` 行  で  四  火     參     
  寺  輿  所  本  り  う  と  出  の  が  義  る  鹿  あ  署  進  た  に  駒  く  て  時  曜     拝     
  と  を  を  郷  の   ` 案  し  入  續  園  と  島  り   ` む  所  折  込   ゜  `  ` 日     記     
  い  見  設  通  右  駒  内  て  口  く  の   `└    ゜ 科  と  で  れ  圖  動  不  道   `          
  ふ  る  け  り  側  込   ` ゐ  あ   ゜ 一  一  と  工  研   ` 本  つ  書  坂  忍  灌  霧           
      ゜                                                                         


  神     成     茄  子  で  は  一  舊  込     よ     歸  の  横  り  堂  の   ┐ き  動  板  動  大  
  社     道     子 └   現   ┐ 富  稱  神     り     宅  商  切  と  藩  境  伊  あ  尊  に  寺  き  
  と  ◎   ゜ ◎ └   は  在  富  士  神  明  舊     ◎   ゜ 店  り  本  の  内  賀  り  像   ┐ あ  い  
  の  吉     本  と  富  の  士  二  明  町  北     不  ほ  街   ` 郷  政  は  の  し  が  伊  り  寺  
  關  祥     郷  し  士  駒  神  鷹  社 └   豊     忍  ぼ  で  左  通  治  元  國  説  で  勢  て  も  
  係  寺     通  て  神  込  社  三  に  は  島     通  二  買  側  り  的  の └   明  た  の   ` 左  
  は  は     り  有  社  病 └   茄  よ   ` 郡     り  時  ひ  を  の  な  藤  と  書  と  國  參  側  
  あ   `    は  名  裏  院   ` 子  る  駒  駒     の  間  も  下  交  匂  堂  な  き  あ  赤  拝  に  
  る  諏     舊  だ  一  の   ┐└    ゜ 込  込     駒  弱  の  る  差  ひ  下  つ  を  る  目  す  見  
  か  訪     岩  っ  帯  地  鷹  と  古  総  村     込   ゜ し   ゜ 點  が  屋  て  貰  が  山   ゜ ゆ  
   ゜ 山     槻  た  が  に └   あ  川  鎮  内     神     て  坂  で  す  敷  ゐ  ひ   `└   入   ゜ 
     吉     街   ゜  ` あ  は  る  柳  守   `    明     歸  下  住  る  と  る  き  不  か  口  右  
     祥     道      ┐ り   ┐  ゜ に  天  舊     町     る  か  友   ゜ の   ゜ て  動  ら  の  側  
     寺     で     富  き  鷹   ┐  ┐ 祖  町     の      ゜ ら  銀  團  こ  し  讀  堂  本  所  に  
      ゜    将     士   ゜ 匠  富  駒  神  名     説     六  は  行  子  と  か  む  内  尊  の  目  
     諏     軍     裏   ┐ 屋  士  込  社   ┐    明     時  谷  前  坂   ゜ も  と  に  の  説  赤  
     訪     御     の  茄  敷 └   は  の  駒     板     前  中  へ  通  藤  寺   ` 置  不  明  不  
                      └                         `                               

  豐島區西池袋の江戸川亂歩舊宅  豐島區西池袋五丁目一五番十七號。立教大學江戸川亂歩紀念大衆文化研究センター。


  と  で  が  に  ゐ  に     内  た  に  手  を  が  教  の  交  み  び  線     前  京              
  が  は  掛  は  て  接     郵  所  は  に  這   ` 大  左  差   ` る  池     ま  都              
  で   ` か  現   ` し  乱  便  の  石  あ  入  正  學  へ  點  丸  要  袋  立  で  豐  平     立     
  き  金  つ  實  表  て  歩  局  左  の  る  ら  門  が  の   ┐ 井  町  驛  教  行  島  成     教     
  る  曜  て  の  に  ゐ  邸  で  が  梟  路  ず  は  あ  脇  西  や ┌┐ 西  大  つ  區  十     大     
  が  日  ゐ  住  は  る  は  あ  乱  像  地   ` 左  る  道  口  三  カ  口  學  た  西  八     學     
   ` の  る  人  表  が  立  る  歩  が  へ  そ  手   ゜ へ  五  井  ナ  を  へ   ゜ 池  年     舊     
  建  晝   ゜ の  札   ` 教   ゜ 邸  あ  這  の   ゜ 道  這  叉  住  メ  出  は     袋  九     江     
  物  間  大  移  が  煉  池     で  る  入  ま  乱  の  入  路  友  チ  て   `    の  月     戸     
  の  に  學  轉  掛  瓦  袋      `  ゜ る  ま  歩  両  る └   銀  ョ   ` 東     江  四     川     
  中  門  の  先  か  塀  中     右  そ   ゜ 進  舊  側  と  を  行  ウ  そ  日     戸  日     乱     
  へ  内  廣  を  り  で  學     角  の  そ  み  邸  に   ` 越  の └┘ の  本     川   `    歩     
  は  に  報  示   ` 區  校     は  路  の   ` へ  校  そ  え  あ  の  ま  旅     乱  月     邸     
  這  這  課  す  表  切  高     立  地  曲  す  は  舎  の  た  る  通  ま  鐵     歩  曜           
  入  入  で  案  札  ら  等     教  が  が  ぐ   ` が  先  と  大  り  西  の     舊  日           
  れ  る  の  内  の  れ  學     學  抜  り  に  正  あ  に  こ  き  を  へ  山     宅   `          
  な  こ  話  板  横  て  校     院  け  角  右  門  る  立  ろ  な  進  延  手     の  東           
                                                                                

亂歩邸への道しるべ  亂歩邸の外觀 - 洋館が見える。母屋は右の木陰で見えない。  亂歩邸の表札

                                                                          が  い  
                                                                          見  と  
                                                                          え  の  
                                                                          る  こ  
                                                                           ゜ と  
                                                                              ゜ 
                                                                             道  
                                                                             路  
                                                                             か  
                                                                             ら  
                                                                             は  
                                                                             塀  
                                                                             越  
                                                                             し  
                                                                             に  
                                                                             建  
                                                                             物  
                                                                                
亂歩邸の洋館の後ろにある土蔵を改造した書庫の外觀 - 平成十八年十月二十日に屋敷内へ這入り、撮影。
伊賀國の玄關頁へ  伊賀國ふるさとはなし・書き込み帳
この網上葉の經過
○平成二十八年八月二十三日、掲載廣告の一部を削除。
○平成二十七年六月二日、電子飛脚の宛先を更新。
○平成二十二年十月二十一日、「澁谷區神宮前の穏田神社」を掲載。
○平成十九年十二月十日、電子飛脚の宛先を更新。
○平成十八年十月二十六日、「江戸川乱歩舊宅」の冩眞を掲載。
○平成十八年九月五日、「江戸川乱歩舊宅」を掲載。
○平成十八年八月十一日、「目赤不動 - 平成四年參拝記」を掲載。
○平成十七年七月十九日、掲載。
御意見、御感想をお寄せ下さい。電子飛脚は、各ページの著作権者名またはこの★(電子飛脚のソフトが立ち上がつたら、宛先から「ひらかな」を消して下さい。)
★ 御 注 意 ★
  この網上葉(ページ)およびここから繋がる『伊賀國』に所屬する網上頁および網上葉(ページ)の著作權は下記に記した者が保有してゐます。これらの内容を閲覧するために、網際(インターネット)上から自分の機械へ電氣信號(データ)を取り込んで展開すること、ならびにその情報(データ)を網際通信(インターネット)を切斷して閲覧するために保存することは出來ますが、それ以外のいかなる複製・複冩・印字・譲渡・貸與行爲をも禁止致します。ご利用の際は事前にお申し込み下さい。
  ○引き紐を着けること(リンク)は御自由です。

著作權者 東川吉嗣   御意見、御感想をお寄せ下さい。電子飛脚は、各ページの著作権者名またはこの★(電子飛脚のソフトが立ち上がつたら、宛先から「ひらかな」を消して下さい。)   平成十七年、乃至平成二十八年
CopyRight © 2005 - 2016 Higasikawa Yositugu