いがのくにふるさとはなし

伊賀國

遊び歌の思ひ出

東川吉嗣

遊び唄

  筆者が童の頃、昭和二十年代から三十年代の始め、伊賀の名張で、自分らが遊びの時に唱へた唄。かくれんぼなどで、鬼を決める時に、參加者の履いてゐる履き物を一列に並べて、端から順に唱へ唄を唱へて、唱へ終りの履き物の持ち主が鬼になる。その時の唄。

草履隠しチュウレンボウ
縁の下の鼠が
草履を喰はへて
ちゅっちゅくちゅ
チュッチュク饅頭は
誰が喰ふた
だあれも喰はへん
ワシが喰ふた
表の看板三味線屋
裏から回つて三軒目

  「チュウレンボウ」は、以前は草履の並んだのを注連縄に例えて「チュウレンジョウ」と音讀みしたのかと思ふてゐたが、さうではなくて、九連寶燈のことか。麻雀遊びで數字の札が一列に並ぶことを指して「九連寶燈(ジョウリエンバオトン)」といふらしい。
  「チュッチュク饅頭」は不明だが、鼠の聲と關係した名前。
  「三味線」は猫の皮を張るので猫と、鼠は天敵の猫とそれぞれ關聯してゐるか。
  この唄は、攝津の尼崎育ちの同年輩の人も童の頃に唄ふたことがあるとのこと。また、大和生まれの兩親を持つ、大阪育ちの人も童の頃に唄ふたことがあるとのこと。名張は大阪の文化圏なので、その影響か。
  この歌の京都での採録例が「梁島章子先生のお話」「わらべうた 光への旅」と題したページの「京都」の部に「下駄隠し」として紹介されてゐる。平成二十年拾月拾二日、接續確認。)

  また、かくれんぼなどで鬼を決めるときには、いろは歌も唱へた。

いろはにほへと
ちりぬるをわか
よたれそ
つねなら
むうゐのおく
やまけふこえて
あさきゆめみし
ゑひもせす

  これは、いろは歌の意味を無視した、七文字づつを唱へる唱へかたの傳統を引くもので、古い時代の手習ひ唄からのものかと思ふ。しかし、「すせもひゑ・・・」と逆順に唱へることはなかつた。


  遊び歌ではないが、次の樣な歌を唱へたことがある。
  昭和三十年ころ、夏見の坊垣の子供は箕曲小學校へ通ふ者と、名張小學校へ通ふ者とあり、一緒に歩いて行 き、通學路が分かれる沈み橋になつた坊垣橋のところで二手に分かれながらそれぞれ大聲で唱へた。

箕曲の學校
ぼろ學校
机にもたれて
虱とり
先生、一匹
獲りました
獲った人から
歸りなさい

  箕曲小學校へ通ふ子らは、「名張の學校、ぼろ學校」と唱へる。以下は同じ文句。
  坊垣小場は以前には箕曲村に屬し、ここからは、箕曲小學校へも名張小學校へも、同じ位の距離であり、市町村合併、戰後の農地解放のための不在地主作りの分村、名張市への合併などの經緯もあり、通學區の學校である箕曲小學校でなく、名張小學校へ通ふ子も多かつた。


  また、面白がつて、こんな歌を唱へたこともある。

いっちゃんとこの
にいちゃんが
さんちゃんとこで
しっこして
ごめんも
いはずに
歸つてきた

  これは、かしらが「一二三四五」と並んでゐるだけの面白さである。童の頃に何とか「六七八」と續かぬものかと思ふた憶えがある。


  お正月の羽根衝き歌に、

ひとめ  ふため  みやこし  よねご  いつやの  むさし  ななやの  やくし  ここのやで  おとまり

といふのがある。意味はよくは判らないが、「ひと目、ふた目と、見に、お越し、良いおなご。何時やの、むさし。七夜の藥師。此処の家で、お泊まり」ならば、「一度や二度は見においで。この良いおなごは、いつだつたか、むさ苦しいなりでゐた子だ。七夜の藥師講には、ここの家でお泊まり」とでもいふことか。


伊賀國の玄關頁へ
この網上葉の經過
○平成二十年拾月拾二日、引き紐の接續確認。
○平成二十年九月十六日、電子飛脚の宛先訂正。
○平成十五年十一月二十五日、携帯電話版を掲載。
○平成十四年十一月二十四日、掲載。
★ 御 注 意 ★
  この網上葉(ページ)およびここから繋がる『伊賀國』に所屬する網上頁および網上葉(ページ)の著作權は下記に記した者が保有してゐます。
  ○引き紐を着けること(リンク)は御自由です。

著作權者    東川吉嗣(電子飛脚のソフトが立ち上がつたら、宛先から「ひらかな」を消して下さい。)  平成十四年、平成二十年
CopyRight © 2002 - 2008 Higasikawa Yositugu

フィリピン
獨立運動の志士

リサール
切手集

いはゆる
ピンク
カード